パリ旅行 トップ > ヴェルサイユ宮殿 トップ



  スポンサード リンク



ヴェルサイユ宮殿の見どころ・まわり方・パリからの行き方


パリからヴェルサイユ宮殿へ、個人で行きたいと思っている方へ向けて、特徴や見どころ、パリからの交通手段など、必要事項をまとめました。体験談を含めて掲載しています。


やじるし 見どころ・まわり方

ヴェルサイユ宮殿の見どころ・まわり方

ヴェルサイユ宮殿って何?必見の見どころ、見学所要時間の目安、ツアー選びのポイントなど。あなたの疑問を解決!
やじるし パリからの行き方

パリからヴェルサイユ個人での行き方・交通まとめ

パリから個人で移動する際の交通。RER、バス、SNCF、それぞれの長所・短所。最寄り駅から宮殿のマップ。体験談。
やじるし バス171番での行き方

パリからバス171番で行く方法

管理人おすすめ「171番バスで行く方法」メトロ出口からの体験レポ。「このページを見て行けました!」の読者の声多数。

やじるし E-チケットについて

e-チケットについて

ヴェルサイユ宮殿公式サイトからのチケット予約や、その他の入場券についての情報まとめ。




 見どころを動画にまとめました。ご覧ください。

  



ヴェルサイユ宮殿とは?


ヴェルサイユ宮殿は、フランスを代表する観光地のひとつです。パリの南西にあり、電車やバスを使って1時間弱。個人で行くことも可能です。

 

見どころが多く、また敷地面積があまりにも広大なため、効率良くまわるためには、事前に、ある程度の予備知識を得ておくことをおすすめします。

団体ツアーでは、日程の中に「ヴェルサイユ宮殿観光」として、組み込まれていることが多いです。もし、あなたが、ヴェルサイユ宮殿に強い関心があるなら、その日程が半日なのか、一日なのか、ツアーを申し込む前に確認してみてください。


おおまかな目安ですが、半日観光の場合は、メインとなる宮殿のみの見学、一日ある場合は、宮殿+庭園やトリアノン(離宮地帯)となっていることが多いようです。


★例えば、私だったら・・。

半日の日程でヴェルサイユ観光が組み込まれているツアーには、申し込まないと思います。半日(宮殿だけ)では、満足できないからです。そのツアー自体を選ばず、一日のヴェルサイユ観光が含まれるツアー(あまりないと思いますが・・)を探すか、ヴェルサイユには別途個人で行くと思います。


メルキュール ヴェルサイユ シャトー (Mercure Versailles Chateau) 3 つ星
ヴェルサイユ宮殿近くのホテル 。宮殿まで徒歩で行けます。口コミも良いです。



ヴェルサイユ宮殿訪問記・・その1(2008年)もくじ


グラントリアノン思い起こせば、私は小学校高学年の頃から、「いつかフランスのヴェルサイユ宮殿というところに行こう」と心に決めていました。

以下のコンテンツは、私個人が 初めてヴェルサイユ宮殿を訪ねた2008年と、2度目に訪ねた2009年の訪問記です。 2回ともツアーは利用せず、パリから公共機関を使って個人で訪問しました。

現在とは状況が変わっている点もあると思いますが、私と同じく、個人で行ってみようと考えている方に参考にしていただけると思います。


パリからヴェルサイユへの交通手段 庭に出てみよう
入場券の事前準備 プチトランで庭園内を移動する
当日の朝 出発〜到着 グランカナル(大運河)
鏡の回廊を目指す! 風の誘い
王の居殿 グランカナルからプチトリアノンまで歩く
宮殿内の混雑状況 愛の殿堂(プチトリアノン)
戦争の間のレリーフ 音楽のサロン(プチトリアノン)
王妃の居殿 プチトリアノンから宮殿に戻る
宮殿内の数々の部屋(その1) 「ベルサイユのばら」について語る
宮殿内の数々の部屋(その2)
トイレ事情について考える
宮殿内の現代アート展示について パリに帰ろう
  反省と次回の希望(訪問時の注意点など)



ヴェルサイユ宮殿訪問記・・その2(2009年)もくじ


今度はバスで行ってみよう 便利な E - チケット
グラン・トリアノン プチ・トリアノン(マリー・アントワネットの離宮)







秋の1day体験セミナー(2017.09.03)都内会場

1day 西洋美術史 1day体験セミナー 受講受付中

毎年、半期に一度(春と秋)に実施している、1回完結の「西洋美術史・体験セミナー」。

今回の実施は9月3日(日)午後です。今回は、同日に2本の入門セミナーを2部入れ替え制で実施します。

第1部は、「エンジェル&キューピッド」、第2部は「印象派絵画の見方 〜モネの手法:筆触分割のヒミツ〜」がテーマです。

1部と2部は、まったく内容の傾向が異なりますが、どちらも、私たちが普段から接する機会の多いテーマです。西洋美術をより楽しむためのきっかけにしていただければ、嬉しく思います。

1部、2部どちらかでも、両方でもお申込みいただけます。

▶︎秋の体験 1dayセミナーくわしくはココから






メルマガ購読のご案内

プロフ写真このページを見てくださっているあなたに、 メルマガ(Merci-Paris.net 秘密のパリ・メルマガ)の購読をおすすめします。 メルシーパリ.ネットのサイト運営者が発行しているものです。(5日に1回のペースで配信/全18回/ご旅行の3ヶ月前から読み始めるとちょうど良いです。)

「秘密のパリ・メルマガ」では、より実践的な情報活用法や、 自分らしい旅の作り方、不安の解消など、ガイドブックや他の旅行サイトには書かれていないような 内容について語っています。
あなたの旅に、新しい視点をプラスするお手伝いができると思います。 購読は無料、解除も自由です。


こちら▽から登録できます
メルマガ登録フォーム

【Merci-Paris.net】秘密のパリ・メルマガ ご登録フォーム(本文の一部をサンプル公開中)


フリーメールをご利用の場合は、迷惑メールフォルダに入ることがありますので、 ご登録後は、そちらもご確認ください。

★ メルマガ第5回までのタイトル  第1回:ルーヴル美術館には行った方がいいですか?/第2回:一人でパリに行くということ/第3回:スーツケースのレンタルってどうなんですか?/第4回:荷物が減らせないあなたへの究極のアドバイス/第5回:ステキな夜の過ごし方 







おすすめの記事



 

▲このページの上部に戻る



パリ観光 メイン コンテンツ



サイト運営者のイベントや商品など


▶︎「7枚の絵画」毎朝7時・7日間限定の 絵画メルマガ(登録無料)




kaigajunrei
▶︎オンラインの西洋美術史講座「絵画巡礼」
「西洋美術史パーフェクトプログラム」の全収録映像を毎週配信・「今日の絵画」を毎朝配信(他)



プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側



メルマガ
▶︎パリ旅行準備中の人のためのメルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausa 美術サロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報





サイト内検索






 スポンサード リンク