パリ旅行 トップ > ヴェルサイユ宮殿を訪ねて トップ > 宮殿内の混雑状況



  スポンサード リンク



宮殿内の混雑状況


PR : オプショナルツアーを利用するなら・・
ヴェルサイユ宮殿 半日観光ツアー|フランス 観光・オプショナルツアー予約専門サイトAlan1.net icon
パリ発のツアーで、午前・午後、ガイド有無など、複数のパターンがあります。価格も良心的です。



鏡の回廊 ゆっくり鏡の回廊を見て満足したので、とばしてきた部屋を見に戻り、40分くらい後に再び鏡の回廊へ戻ってきたら、こんな状態になっていた。

人でいっぱいである。

美術館などの混雑には慣れているつもりだが、ここまで混んでいる状態は、経験したくても、なかなか経験できない気がする。

この状態で観光客が写り込まないように写真を撮りたいと思ったら、人の頭の高さより上にカメラを向けるしかない。

床から天井近くまでを覆う鏡を写真におさめたいなら、やはり混雑する前、朝イチで行くしかないと思う。

 

通路の様子 鏡の回廊自体は幅も長さもあるので、先を見通すことが困難なくらいの人がいても、それなりにけっこう歩ける。

むしろ、鏡の回廊に行くまでの、部屋がいくつか続くところの方が混んでいた。部屋と部屋をつなぐ部分が、ドアの幅だけしかないからだと思う。

どの部屋にもそれぞれ目的や由来があって、部屋自体は単なる通路ではない。注目すべき美術品や調度品もたくさんある。

団体客が来ると、ガイドさんがそれらの説明を始める。その間、グループの皆さんが立ち止まってしまうので、ますます人が流れなくなる。

その一方、何も見ず、人の流れに身を任せて、ただゆっくり歩いているだけの人も大勢いる。せっかく来たのに、もったいない!と思う。




鏡写真が暗くて見にくいのが、左側に写っているのは「鏡の回廊」に設置されている鏡である。

「鏡の回廊」は、全体の雰囲気としては、目を見張る豪華さなのだが、鏡自体がもの凄くキレイ!と感動できるかと言うと、そういうわけでもないと思う。

現代に生きる私たちは、建築物やインテリアなどで、大きくて、美しい鏡というものを当たり前のように見ているからだろう。

しかしこの時代には、壁を覆う大量の鏡は、信じ難いほどの贅沢品だった。



▲ヴェルサイユ宮殿を訪ねて トップに戻る





おすすめの記事

管理人の おすすめの ☆ 現地ツアー
【20名限定】ヴェルサイユ宮殿の裏側を巡るVIP ツアー(英語ガイド) icon
プライベートガイドの案内で、一般には公開されていない部屋を見学できる 20名限定のツアーです 。

(ルイ16世の図書室、ロイヤルダイニングホール、オペラハウス、娯楽室など)
個人で入れないところを案内してもらえるので、非常に利用価値が高く、特にリピーターの方にはおすすめです! 終日のツアーで、フレンチの昼食付きです。



▲このページの上部に戻る
VELTRA

パリ観光 メイン コンテンツ



西洋美術史講座/イベント


>怖い絵展がもっと怖くなる!セミナー
恐怖セミナー
「美と恐怖のヒミツ」10月29日(日)渋谷



絵画巡礼
▶︎オンラインの西洋美術史講座「絵画巡礼」
「絵画の見方」を知りたいあなたへ! ご自宅で好きなときに 受講できる西洋美術史のオンライン講座



▶︎「7枚の絵画」毎朝7時・7日間限定の 絵画メルマガ(登録無料)



プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側


メルマガ▶︎パリ旅行準備中の人のための無料メルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausa 美術サロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報



サイト内検索