HOME > 絵のはなし トップ 



  スポンサード リンク


絵のはなし


美術館に行って名画と言われる作品を観たけれど、何がどう素晴らしいのかよく分からなかった、という経験をお持ちの方は、世の中に少なからずいらっしゃるのではないかと思います。


自分の感性だけを頼りに絵画を鑑賞することは、実はとても難しいことです。

絵画を、楽しみや癒しのために鑑賞したり、インテリアとして飾ったりするようになったのは、まだほんの最近のことだからです。美術館で目にする多くの絵画は、個人的な感覚で楽しむために描かれてはいません。

時代やジャンルによって性質に違いはありますが、あらゆる絵画にはそれぞれ意味やメッセージが込められています。それらを現代に生きる私たちが理解するには、いくらかの知識が必要です。それは言い換えれば、いくらかの予備知識を得ただけで、絵画鑑賞は一気に面白いものになるということでもあります。

テーマ、様式、時代背景、画家を取り巻く環境、その作品が生まれる前後の流れなど、わずかでも興味を持てそうなところから紐解いていくと、何が良いのか分からないと思っていた作品が、いきなり輝き始めます。

このページでは、パリで鑑賞できる作品を取り上げて、作品の向こう側にあるものを探っていきたいと思います。





ルーヴル美術館 所蔵作品

(邦題50音順)
カナの婚礼 カナの婚礼
パオロ・ヴェロネーゼ
サモトラケのニケ サモトラケのニケ
作者不詳
シュジュの鷲 シュジュの鷲 ジョルジュ・ド・ラトゥ−ル
ジョルジュ・ド・ラトゥールの部屋
ジョルジュ・ド・ラトゥール
ダフニスとクロエ ダフニスとクロエ
フランソワ・ジェラール
ナポレオン一世の戴冠式 ナポレオン一世の戴冠式
ジャック・ルイ・ダヴィッド
ナポレオン3世の居室 ナポレオン三世の居室 ボッティチェリ ボッティチェリのフレスコ画
ボッティチェリ
マリー・ド・メディシスの生涯 マリー・ド・メディシスの生涯
ルーベンス
ミロのヴィーナス

ミロのヴィーナス
アレクサンドロス(?)

メデューズ号の筏 メデューズ号の筏
テオドール・ジェリコー
モナリザ モナリザ
レオナルド・ダ・ヴィンチ
レースを編む女 レースを編む女
フェルメール
   


*関連する記事: ルーヴル美術館のまわり方 / ルーヴル美術館のおすすめ作品28


オルセー美術館所蔵作品 

ひなげし アルジャントゥイユのひなげし
クロード・モネ
田舎のダンス・都会のダンス 田舎のダンス・都会のダンス
オーギュスト・ルノワール
オランピア オランピア
エドゥアール・マネ
日傘の女 日傘の女
クロード・モネ
ヴィーナスの誕生 ヴィーナスの誕生
アレクサンドル・カバネル
ムーラン・ド・ラ・ギャレット ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレット
オーギュスト・ルノワール
カイユボット 床に鉋をかける人々
ギュスターヴ・カイユボット
オルフェウス オルフェウス
ギュスターヴ・モロー


その他の美術館 所蔵作品

テスピウスの娘たち テスピウスの娘たち
ギュスターヴ・モロー
ギュスターヴ・モロー美術館
グリフォン 妖精とグリフォン 他
ギュスターヴ・モロー
ギュスターヴ・モロー美術館
オペラ座天井画 夢の花束
マルク・シャガール
オペラ・ガルニエ
貴婦人と一角獣 貴婦人と一角獣
作者不詳
中世美術館


*関連する記事(国内の美術展の鑑賞レビュー)
「貴婦人と一角獣展を観て〜国立新美術館2013.4.24〜」
ルーヴル美術館展 地中海四千年のものがたり(2013.7.20〜)を観てきました @初日 レヴュー
夏休みの自由研究に美術展鑑賞を利用する方法 「ルーヴル美術館展2013」 の場合




参加受付中の西洋美術史セミナー(2018.06.03 SUN) 

bannar次回:6月3日の西洋美術史パーフェクトプログラムのテーマは、「絵画の謎を解くアトリビュート」です。

「アトリビュート」とは、西洋の絵画における決まりごと(ルール)のひとつ。絵画に描かれている人物を特定するアイテムのことです。

この回では、まず、ギリシア神話の神々や英雄、キリスト教絵画の聖人や天使などを区別するために描かれる「アトリビュート」からスタート。さらに、西洋美術に特有の、見えないものを可視化するための手法も扱います。


受講済みの方にアンケートをお願いすると、全10回シリーズの西洋美術史セミナーの中で「最も印象に残った回」としてよく挙げていただく回でもあります。 絵の中に配された意味を知ることは、おそらくあなたにとっても興味深く、探究心を刺激される体験になるでしょう。

 

★6月3日(日)午後 都内会場にて
このご案内にピン!ときた方は、詳細ページをご覧ください。 >2018年 6月3日 パーフェクトプログラム

どなたでもお申込みいただけます。

>このシリーズの前回(4月8日の回)に参加された方の感想(アメブロ記事)




オンライン講座:絵画巡礼 
kaigajunrei「オンライン講座:絵画巡礼」は、 都内会場で行った西洋美術史講座(パーフェクトプログラム)を 全編録画し、ネット配信用に制作したWEB講座です。

会場実施のセミナーへの参加が難しい方にも、受講していただけます。

セミナーは月1本(全6回と、特典の1本:計7本)、 絵画のメルマガを平日毎朝7時に配信します。
▶︎『絵 画 巡 礼』くわしくはココから




おすすめの記事


  スポンサード リンク




▲このページの上部に戻る


パリ観光 メイン コンテンツ



西洋美術史講座/サービスなど


monariza

▷子ども向け西洋美術史セミナー/渋谷 5.20


▷定例セミナー(大人)どなたでも受講できます
アトリビュート



▶︎「7枚の絵画」無料7日間メール講座

▶「プシュケとアモル」運営者の著作


メルマガ
▶︎パリ旅行準備中の人のためのメルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausa 美術サロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報





サイト内検索