パリ旅行 トップ > オヴェール・シュル・オワーズ トップ


 


オヴェール・シュル・オワーズ「ゴッホの住んだ街」 Auvers-sur-Oise


街の様子画家「ゴッホ」が、亡くなる前の約2カ月を過ごした最期の地が 「オヴェール・シュル・オワーズ」です。 パリの北西、列車で1時間ほどのところにある小さな街で、無人駅を降りると、静かな田舎街の景色が広がっています。

 

駅から出ると、比較的大きな道が左右に伸びています。それなりに人も歩いているし、車の行き来もあります。スーパーやカフェなども見かけます。

しかし、大通りから一本、横道に入るだけで印象が大きく変わります。
家はあるのに人影がありません。時が止まってしまったかのような、しんとした静けさが支配しています。


この街の見どころは、ゴッホに縁のあるいくつかの観光ポイントです。
基本的に徒歩でまわることができます。

約2ヶ月という短い期間に、ゴッホは「オヴェールの教会」や「カラスのいる麦畑」など、70もの作品を描きました。
作品に描かれた実際の場所には、パネルが設置されていて、その景色とパネルに印刷されたゴッホの絵を見比べることができます。



市役所 市役所パネル


「市役所」も、絵に描かれた状態のまま残っていました。
パネルにはナンバーが振ってあり、観光マップと照らし合わせてみることが出来ます。
マップに示された全ての絵の舞台を訪ねてみるのも楽しそうです。


また、「ラヴー亭(Maison de Van Gogh)」では、ゴッホが暮らした4畳ほどの部屋が公開されています。
記念館の1階は、現在レストランになっています。
(注意:11〜2月は閉まっています。観光局サイト ラヴー亭のページ で確認のこと。)

ゴッホの絵画作品にも残っている「ガシェ医師」の家、「オヴェールの教会」、「麦畑」や、ゴッホとテオが眠る墓地などもあります。


実際の絵画で、または画集やテレビ番組などで、見たことのあるゴッホの絵と同じ景色に出会うとき、この地に確かにゴッホがいたんだ、と実感できます。

静かな街ですが、ゴッホが好きな人なら楽しめると思います。日本の美術館で開催される「ゴッホ展」のような催しには必ず出かけるという人には、心からおすすめします。パリから日帰りできる観光名所は、他にもありますが、ゴッホ好きを自認するなら、ここには行った方がいいと思います。

逆に「ゴッホって誰?」というタイプの人には、ゴッホ関連以外の見どころが少ない場所なので、おすすめしません。

オヴェール・シュル・オワーズを訪ねてから、ゴッホ作品を多数展示しているオルセー美術館を訪ねると、行く前とは また違った角度から、ゴッホの作品を鑑賞することができると思います。













おすすめの記事



 スポンサード リンク



▲このページの上部に戻る


パリ観光 メイン コンテンツ



サイト運営者の商品や無料メルマガ


7kaiga
▶︎毎朝7時・7日間配信の 無料メルマガ


kaigajunrei
▶︎西洋美術史ネット配信プログラム
360日にわたって西洋美術史講座の全収録映像を週1回のペースで配信|30日間お試し1,700円


プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側


メルマガ
▶︎パリ旅行準備中の人のためのメルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausaまんがサロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報


サイト内検索