パリ旅行 トップ > オヴェール・シュル・オワーズ トップ > パリからの行き方



 スポンサード リンク



パリからオヴェール・シュル・オワーズへの主な行き方


(1)パリ「サン・ラザール駅」から
 「ポントワーズ/Pontoise」で「オヴェール・シュル・オワーズ/Auvers-sur-Oise」行きに乗換える。

(2)パリ「北駅」から
 ・「ヴァルモンドワ/Valmondois」で「オヴェール・シュル・オワーズ」行きに乗換える。
 ・「ポントワーズ/Pontoise」で「オヴェール・シュル・オワーズ」行きに乗換える。


sncfいずれも所要時間は約1時間(行き方は他にも有ります)。
 

私が訪ねた2008年9月のある土曜日です。4〜9月のシーズン中は土日限定で、乗り換えなしでAuvers-sur-Oiseまで行ける直行列車があったので、それを利用しました。非常に簡単に往復することができました。

仮に、直行列車の利用ではなく、乗り換えを行ったとしても、アクセスはそう難しくはないと思います。



オヴェール・シュル・オワーズの駅オヴェール・シュル・オワーズの駅は無人駅です。
帰りの切符も、パリから出発する時に往復で買っておくのが、後々楽なので、おすすめです。

もちろん、無人駅でも、帰りの切符を買うことはできるのですが、何か疑問やトラブルが起こっても、尋ねる相手がいません。

不慣れな場所で対応してくれる人がいないというのは、想像以上に不安になるもの。必ず必要なことが分かっているのだから、先に買っておきましょう。
(*必ずそうするべきということではなく、あくまで「おすすめ」程度です。)


ファルフェ私が当日買ったのは、日帰り往復切符とさらにオヴェール城(印象派絵画館)の見学料金がセットになった「ファルフェ/Forfait Loisir Transilien」です。

パリ北駅(Gare du Nord)の「Transilien」窓口で購入しました。
「Forfaits Chateau d'Auver-sur-Oise, S'il vous plait.」と伝えて買うことが出来ました。

料金は16.2ユーロ。往復切符とオヴェール城の入場券を別々に購入するより安価です。

ファルフェを購入すると、同じような切符を2枚渡されます。上が、オヴェール城「印象派絵画館」の入場券で、下がパリとオヴェール・シュル・オワーズ間の往復切符です。


オヴェール・シュル・オワーズ 観光案内所

駅に着いたら、まず観光案内所を目指すことをおすすめします。街の案内図をもらいましょう。

Office de Tourisme

住所:Rue de la Sansonne Auvers-sur-Oise  TEL : 01 30 36 10 06

観光案内所周辺のグーグルマップ

URL: www.auvers-sur-oise.com

オープン 9:30ー12:30 14:00ー18:00(11月〜3月は17:00まで)

休み 月曜日、1/1 12/25

 

 

オヴェール・シュル・オワーズでの食事について

クレープリーやカフェがいくつかあるので、困ることはないと思います。
ゴッホが下宿していた「ラヴー亭」もレストランとして営業しています(夏期のみ)。
駅から近いところにはスーパーマーケットもあるので、何か買って公園のベンチなどで食べることも可能です。

個人で行く人で、心配な方は、ペットボトル飲料と個包装のお菓子やパンなどを持って行くと安心だと思います。


現地オプショナルツアーを利用するなら

一例ですが、フランス現地出発のオプショナルツアー予約の専門サイト「VELTRA」に、オヴェール・シュル・オワーズのツアーがあります。 4〜10月の期間限定・水曜日開催です。

午後1時45分にパリ市内を出発し、3時に現地入り、ゴッホ公園(下車観光)、ゴッホの家(入場)、オーヴェールの教会(下車観光)、ゴッホの墓(下車観光)を巡る現地オプショナルツアーです。











おすすめの記事




▲このページの上部に戻る


パリ観光 メイン コンテンツ



西洋美術史講座/イベント


7mai-kaiga
▶︎「7枚の絵画」2017 X'mas 限定版
クリスマスプレゼント企画:無料メルマガ配信
12.15(金)〜 21日(木)


絵画巡礼
▶︎絵画巡礼:オンライン西洋美術史講座
この絵の意味が分かったら?美術館がもっと楽しめるのではないかと思っているあなたへ


プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側



メルマガ
▶︎パリ旅行準備中の人のためのメルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausa 美術サロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報



  スポンサード リンク





サイト内検索