パリ旅行トップ > ルーヴル美術館のまわり方 トップ > カルーゼル・デュ・ルーヴル



  スポンサード リンク


「カルーゼル・デュ・ルーヴル」に行ってみよう

ルーヴル美術館と地下でつながったショッピング街が「カルーゼル・デュ・ルーヴル/Carrousel du Louvre」です。ルーヴル美術館とは独立した別の施設なので、美術館に入場しなくても利用できます。

おみやげ探しにも重宝するし、フードコードがあるので腹ごしらえもできます。
イル・ド・フランス観光案内所や、両替所、郵便局もあります。
日曜日も開いているし、メトロ改札からは、地上に出ることなくアクセスできるので、雨の日も安心・便利、暑さ寒さも凌げる・・と、良いことづくめの カルーゼル・デュ・ルーヴルです!

  * * * * *
サイト  CARROUSEL DU LOUVRE.com
最寄り駅 メトロ1、7号線 Palais Royal - Musée du Louvre
休み   年中無休
営業時間 10:00〜20:00( 店舗によって、また曜日によって多少違いあり)   



カルーゼル・デュ・ルーヴル入口リヴォリ通り99番の入口から入って、エスカレーターをおります。地下街ですが、中で2階に分かれていて、上の部分がフードコート、下まで行くととルーヴル入口につながる通路(両脇はお店)です。

 

写真奥が「restaurands du monde」フードコートの入口。左は、ルーヴル美術館のチケット券売機です。ここでもチケットが買えます。

(参考記事 リヴォリ通り99番入口について


  
カルーゼル・デュ・ルーヴル下の階を見下ろした図。
この時は、年末なので、豪華シャンデリアが下がっています。

奥に逆さピラミッドがあって、その左横にあるルーヴルの入口へとつながっています。両サイドには、お店が並んでいます。

行列は、ルーヴル入場待ちの人々。年末のせいか激混みですが、ここまで長い列になることは普段は少ないと思います。



カルーゼル・デュ・ルーヴルのフードコート

パリではルーヴル巡りに一日を費やす、という方も多いと思います。
となると、どこか美術館周辺でお昼ごはんを食べなくてはなりません。
ルーヴル美術館の各展示室内にも幾つかカフェがありますし、カフェとは別にサンドイッチやドーナツなどを買って、ベンチで食べるスペースもあります。

それらもいいのですが、私がおすすめしたいのは、カルーゼル・デュ・ルーヴルのフードコードです。
イタリアン、アジアン、マクドナルドなど、現在は9店舗が入っています(2016年7月現在)。
*カルーゼル・デュ・ルーヴルHPのレストランのページ → http://www.restaurantsdumonde.fr./

 

価格は、セットメニューで12〜15ユーロ前後のお店が多いです。お店によって、セットに飲み物がついていたり、いなかったりですが、仮にソフトドリンクを別注文したとしても、一人25ユーロくらいあれば、充分だと思います。

セルフ方式で、各店で買ったものを好きな席に持って来て食べ、食事が済んだらトレーを返却する形式で、雰囲気としては、日本の商業施設などにあるフードコードとよく似ています。


お味は?と言うと、お店によってそれぞれだし、好みもあるので一言で評価するのは難しいです。


旅行中に取れる食事の回数は限られています。
どこで何を食べるかは、人によっては重要な問題です。 「せっかくパリに居るのだから、高級感があっておしゃれなレストランで食事がしたい」という人は、外へ出た方がいいです。

ここは、人が多くザワザワとしていて、落ちついた雰囲気とは言い難いし、食器はプラスチック製や紙製が中心です。セルフ方式なのだから、それは当然とも言えます。
しかしその気軽な雰囲気こそが、このカルーゼルデュ・ルーヴルの良いところだと思います。

ここにいるお客さんは基本的に観光客なので、どのお店のスタッフも観光客慣れした様子。こちらも緊張しないでいられます。また、対面のカウンターで目の前にお料理が並んでいるタイプのお店が多いので、言葉が不自由だとしても、指差し注文で乗り越えられるでしょう。


一人旅の人や、パリが初めての人などには特に、利用しやすい場所だと思います。
あるいは、とにかく手軽に食事を済ませたい!という人にもおすすめです。



一般的に無難なのは、イタリアンやアジアンなど、ある程度味の想像がつくもの。逆にリスクが高いのは、レバノン料理、アフリカ料理など、日本人にとってあまり馴染みがないもの。その料理自体は美味しく出来ているのかもしれないけれど、慣れていないせいで食べにくい、という結果になりがちです。もちろん、「初めて食べてみたらスゴく美味しかった!」ということもありますので、あえてチャレンジしてみるのもひとつの楽しみ方ですね。




「この絵の意味するものが分かったら・・」と思ったことはありませんか?
平日の朝、毎日届く絵画メルマガ「今日の絵画」と、西洋美術史講座全10回分の映像配信他。絵画の見方、楽しみ方をお伝えしています。今まで、なんとなく眺めていた絵画が、違ったものとして認識できるようになります。
詳細は▶「絵画巡礼」西洋美術史講座ネット配信版 





ルーヴル美術館内からカルーゼル・デュ・ルーヴルのフードコードへ向かう場合

ナポレオンホールから、逆さピラミッド方向へ出てください。

 

ナポレオンホールを背にして逆さピラミッドの右手の方に進むとエスカレーターがあるので、そこを上がればフードコートです。

エスカレーター フードコート入口
エスカレーターを上がります。 上がったところはこんな感じ。降りる時もここから。



美術館の外に出ても、当日は再入場が可能です。
食事を終えてナポレオンホールへ戻ってきたら、各展示室入口でチケットを見せれば入場できます。



カルーゼル・デュ・ルーヴル で食べたもの レポート

ラザニア「TAZIO」 (イタリアン)

パスタとデザートと飲み物のセット、14.9ユーロ。ラザニア(ボロネーズ)とシトロンのタルトとネステアのピーチ(アイスティ)を選択。
見た目、ファーストフードっぽいけど、ラザニアもタルトも本格派でした。特にタルトは上に乗っているメレンゲとレモンクリームとの相性が抜群!
他には、ピザも美味しそうでした。
フードコードこの時は平日の夕方5時ころ。
ざわざわとしていますが、比較的すいていて、空席も目立ちます。



キッシュロレーヌとサラダのセット「Beaudvin」 (カジュアルフレンチ)

キッシュとサラダとドリンクのセット、10.9ユーロ。
キッシュもフランスでは定番の軽食です。ふんわり軽いのですが、一切れが大きいので、お腹いっぱいになります。足りないかな、と思う人は、レジのところで小さめのハードパンをバラ売りしているので、追加するといいかも。
キッシュロレーヌとサラダのセットちなみに、この時は午前11時半ころ。
まだガラガラです。
キッシュロレーヌとサラダのセットしかし、食べ終わって出る頃(12時すぎ)には、ほぼ満席に。



コーヒーショップのショーケース「 Segafredo Zanetti」 (コーヒーショップ)

コーヒーとパンやケーキ。
本格的な食事以外にも利用できるお店があって助かります。

しかし本格的な食事のあとで、これらの大きなケーキをデザートにしている人々も大勢いらっしゃいます。
パンオショコラとカフェオレパン・オ・ショコラとカフェオレ、3.03ユーロ。
さすがフードコート、安っ。

このパン・オ・ショコラ、もちもちしていて美味しかった!
満足したおやつ休憩。

 

ここからは、実際に食べていないので、お店の様子だけレポート。

カルーゼル・デュ・ルーヴルのフードコート「SOI」
アジア料理のお店。春巻き、野菜炒めなどの中華総菜と、焼き鳥、寿司、刺身などの和食が中心。
メニューには日本女性の名前がついていました。
「Naoko」とか「Keiko」とか。



カルーゼル・デュ・ルーヴルのフードコート「Meltem」地中海料理。

ギリシャとかトルコの料理。あまり良く知らないため、並んでいるお惣菜を見ても、ほとんど味が想像できない。でも、美味しそうだと思いました。
チャレンジしたかったのですが、機会がなく終わってしまいました。次回のお楽しみ。


カルーゼル・デュ・ルーヴルのフードコート「Salam」モロッコ料理。

モロッコ料理といえば、有名なのはクスクス。他に豆をふんだんに使った料理とか、ドライフルーツの入ったスイーツ、とか。お店の壁紙の模様が、いかにもモロッコ料理屋さんの雰囲気。
日本ではあまり馴染みがないですが、フランス人は本当にモロッコ料理が好きみたいで、こういうフードコード系のところには必ずお店があります。



 おまけ

フードコートのごみ箱食べ終わったらトレーは戻します。
ゴミは分別して捨てます。
日本でのルールとほぼ一緒なので、大丈夫。


カルーゼル・デュ・ルーヴルのショップ

カルーゼル・デュ・ルーヴル内のショップ一覧表 ルーヴルの入口につながっている階には、多数のお店が入っています。
おみやげ探しにもおすすめです。

お店は時々入れ替わるので、ここに店名は載せませんが、2011年の1月に通路で撮影したショップ一覧表を載せておきます。

(左の画像をクリックで拡大)


テナントに入っているお店の最新情報、各店の営業時間やメニューなどは公式サイトでチェックしてください。
やじるしhttp://www.restaurantsdumonde.fr./



その他、カルーゼル・デュ・ルーヴル内の写真をいくつか。

 

カルーゼル・デュルーヴル内逆さピラミッド前のアップルストア。
いつも混雑。

カルーゼル・デュ_ルーヴル内のトイレカルーゼル・デュ・ルーヴル内の公衆トイレ入口。
リヴォリ通り入口のエスカレーター下あたりです。

このトイレは有料なのですが、とてもステキなトイレで、入ってびっくりでした。

カルーゼル・デュ_ルーヴル内のATM公衆トイレの近くにATMもあります。

路上のATMを使うよりは、こわくないです。
現地で使えるキャッシュカードを持って行く方、ここはおすすめです。




▲ルーヴル美術館のまわり方 トップに戻る  /  ▲食べ物日記 トップに戻る



まわり方バナー もっと知りたいあなたへ・・《ルーヴル美術館のまわり方》
『ルーヴル美術館』に訪問する前にご覧ください。ルーヴルの全体像、ルーヴルの入口&チケット問題などについて、パリ旅行に行く皆さんが持つ疑問とその答えを網羅しました。一般のガイドブックや、ネット検索では容易に解決しない部分にまで踏み込んだ、セミナー 収録映像です。ダウンロードしてご覧いただけます。

ーー「ルーヴル美術館のまわり方」ーー
(主な内容)◎パリの三大美術館 ◎ルーヴルおすすめのスポット(見ておきたい展示室など) ◎パリミュージアムパスについて ◎チケとの買い方(券売機について、売店のチケットについて) ◎入り口の特徴と選び方の規準 ◎おすすめの入り口 ◎チケットとパスの違い...など
▶︎「ルーヴル美術館のまわり方」詳細・ご案内ページ は コチラから 




メルマガ購読のご案内

profこのページを見てくださっているあなたに、 メルマガ(Merci-Paris.net 秘密のパリ・メルマガ)の購読をおすすめします。 メルシーパリ.ネットのサイト運営者が発行しているものです。(5日に1回のペースで配信/全18回/ご旅行の3ヶ月前から読み始めるとちょうど良いです。)あなたの旅に、新しい視点をプラスするお手伝いができると思います。 購読は無料、解除も自由です。

「秘密のパリ・メルマガ」では、より実践的な情報活用法や、 自分らしい旅の作り方、不安の解消など、ガイドブックや他の旅行サイトには書かれていないような 内容について語っています。

メルマガこのページを読んでくださっているあなたなら、 きっと楽しんでいただけると思います。
こちら▽から登録できます

【Merci-Paris.net】秘密のパリ・メルマガ ご登録フォーム
(読者の声・本文サンプルを公開中)


フリーメールをご利用の場合は、迷惑メールフォルダに入ることがありますので、 ご登録後は、そちらもご確認ください。

★ メルマガ第5回までのタイトル  第1回:ルーヴル美術館には行った方がいいですか?/第2回:一人でパリに行くということ/第3回:スーツケースのレンタルってどうなんですか?/第4回:荷物が減らせないあなたへの究極のアドバイス/第5回:ステキな夜の過ごし方 


★こちらのメルマガもいかがですか「7枚の絵画」7日間連続で7通の絵画メールがとどきます。







おすすめの記事



▲このページの上部に戻る


パリ観光 メイン コンテンツ



サイト運営者のイベントや商品など


★一年ぶりに「募集再開」>詳細はコチラ
perfect2017
(内田ユミの西洋美術史講座:初心者歓迎です)




▶︎「7枚の絵画」毎朝7時・7日間限定の 絵画メルマガ(登録無料)




kaigajunrei
▶︎西洋美術史講座|ネット配信版
「西洋美術史パーフェクトプログラム」の全収録映像を毎週配信・「今日の絵画」を毎朝配信(他多数)


プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側


メルマガ
▶︎パリ旅行準備中の人のためのメルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausa 美術サロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報



  スポンサード リンク





サイト内検索