パリ旅行トップ > パリ旅行 準備と計画  > クレジットカードの選び方




海外旅行には、クレジットカードを持って行った方が良い、という説は本当か?


マップ



海外、特に欧州に行く際には、クレジットカードは必携である、と筆者は考えます。理由は主に2つ。

1つ目。クレジットカードは、身元や収入に関する審査を経て初めて手に入るもの。つまり、クレジットカードを保有しているということは、自分の社会的な身分の証明にもなります。実際に、身分証明書の代わりとして、旅行中にカードの提示を求められるシーンもあります。

 

2つ目。海外旅行は、日本暮らす「日常」とはあらゆる面で違います。普段の生活では、なるべくクレジットカードを使わない(そもそも所有していない)という方もいらっしゃいます。しかし、海外で不慣れな旅行者は、犯罪のターゲットにされることが多々あります。決済の手段が現金だけという状況は、あまりに心許ないと感じます。

旅のスタイル(完全な個人旅行なのか、添乗員さんのいるツアーなのか、など)にもよりますが、一定の現金のほかに、少なくとも1枚、できれば2枚以上のクレジットカードを携帯することをおすすめします。

旅行中は分散して管理すること。ただし、あまり細かく分け過ぎると、管理が煩雑になり、却ってリスクが高まりますのでご注意を。

万一の事態のときに、「実はもう1枚カードがある」という状況になっていれば好ましいです。



 

以下には、欧州への海外旅行準備の際に、知っておきたいクレジットカードに関する情報をお伝えしていきます。






カードを作るタイミング


クレジットカードを作るには、最短でも1週間、余裕を見るなら2週間程度は必要です。海外旅行に行くことが決まったら、どのカードを作るか検討に入ると良いでしょう。

出発が差し迫っている場合は、事前の審査が不要なプリペイド式のカードなら、発行までの期間が多少短縮されます。

*なかには、 エポスカード のように、最短で当日に発行されるカードもあります



VISA、Mastercard、JCB、アメックス どれを選べば良い?

加盟店(利用出来るお店)が、世界でもっとも多いのは VISA、次が Master cardです。今からカードを作るのなら、VISA か masterのどちらかにすることをおすすめします。

JCB(Japan Credit Bureau)は、日本のプランドです。日本国内でのイベントや特典などは充実していて魅力的。また、海外であっても、日本人旅行者が非常に多く、日本語も通じるような海外(グアムとか、近隣アジア圏)では、問題ありません。

ただし、ヨーロッパの地方では、利用できないケースが見受けられます。ヨーロッパ旅行で使うことを主な目的として作るなら、避けた方が無難かもしれません。

とはいえ、絶対使えないということではなく、筆者自身も パリやロスでJCBカードを利用した経験があるので(だいぶ前のことですが...)、すでに JCBカードを保有しているのであれば、持っていく価値は充分にあります(利用できるかどうかは地域やお店による)。

 

アメックスは、各種サポートの手厚さがとても魅力です。ですが、国内外ともに、利用できないケースがあります。すでにVISA、Mastercardを持っている人が、その次の1枚に選択するのは良いと思います。




カードの「キャッシング機能」は必要?


クレジットカードを作る際には、上記に紹介したプリペイド式以外のものでしたら、大抵のカードで「キャッシング」できるかどう、選択出来ます。

「キャッシング」とは、決まった枠(上限金額)のなかで、お金を引き出すことです。簡単に言うと、借金できる機能ですね。

借金と聞くと、どうしても良いイメージではないため、「キャッシングは不要!」と瞬時に判断してしまう人もいると思います。でもちょっと待って。

海外に行って、なんらかの理由で、手持ちの現金がゼロになってしまったとき。頼る知人もなく、同行者もいないとき、どうしたらいいでしょう? カードにキャッシング機能があれば、ATMから現金を引き出すことができます。キャッシングで急場をしのいだという話は、実際に何度も耳にしています。

キャッシングで引き出したお金は、帰国後、各カード会社の方法に沿って返済すれば大丈夫。怖いことでも、いけないことでもありません。現地で一文ナシになる方が、よっぽど怖いです。



ATMは、パリであれば、ルーヴル地下(カルーゼル・デュ・ルーヴル内)が、超絶おすすめです。
そこでなくてもいいのですが、大事なのは、現地についたら平常時に、滞在先の付近などでATMを見つけておくことです。何かコトが起こったときには、あたまが真っ白になり、判断力や行動力が低下してしまうこともあるからです。




海外旅行付帯保険について


最近は、多くのクレジットカードにで、旅行の保険があらかじめついています(自動付帯)。ですが、「海外旅行保険・保険自動付帯」と一口にいっても、保証内容には大きな差があります。

もし、あなたが「旅行のときに保険のことは考えない」という方であれば、スルーしてよい点です。逆に、旅行の際には、必ずきちんと保険会社を通して、別途申込むというタイプも、やはり自動付帯はあまり気にしなくてもよいかもしれません。

考慮する必要があるのは、 わざわざ保険会社には申込まない人で、いざという時にはカード付帯の保険を使おうと考えているの方々です。



・そのカードを利用して、旅行の手配(支払)をしていないと保険の対象にならない( なるカードもあります)

・保険がついてはいるが、補償額が著しく低い

など、万一の事態になったときに、実際にはあてにしていた額を保険で賄えないケースも考えられます。

 

理想としては、保険を使うような場面に遭遇することなく旅行を終えること望ましいですが、「カード付帯保険によって ”安心” を買いたい人」は、カード申込み前に、保証内容と利用条件を確認しておきましょう。カード会社のホームページには、必ず該当の説明ページがあります。

 

 

 

 

プリペイド式の利点は?


「すでに1〜2枚のカードを持っているが、念のためにもう1枚」とか、上述のように「出発までに時間がない」という方におすすめなのが、プリペイド式のカードです。


あらかじめチャージしておいた金額の範囲で、決済します。カードを作りたくない方の理由のひとつは、「不正利用」があると思います。プリペイドの場合、上限が一般のクレジットカードより低くなりますので(自分がチャージした分だけ)、その意味からも、「念のための1枚に追加」に向いているように思います。



トラベルマネーカード (海外専用プリペイドカード)

世界中で使えるキャッシュカード「MoneyT Global」



パリ旅行者におすすめのクレジットカード


ここからは、実際に私がこれまでに所有したことのあるカードと、所有を検討したことのあるカードの中から、パリ旅行をきっかけにカードを持とうか検討している方にオススメのものをご紹介していきます。

 


選択のポイントとして挙げられる点には以下のようなものがあります。


・海外旅行保険がついている

・海外旅行時に日本語で利用できるサポートディスクがある
・利用額に応じてポイントやマイルが貯まる
・年会費の有無

 

 

現在出回っているほとんどのカードに、旅行の保険もついています(内容はどうであれ)。ポイントも貯まるのも、いたって普通です。問題はその中身。ポイントが貯まっても交換までに手間がかかったり、交換したいアイテムが少ないこともあります。

作ったカードとは、しばらくはつきあっていくことになるので、普段の生活にもどったときにも使い勝手の良い一枚であれば、さらに良いと思います。




エポスカード


エポスカード

マルイのカードです。このページの上記でも記したように、最大の利点は、数少ない「最短当日発行」が可能なクレジットカードであるということ。年会費、入会金はかかりません。

現地での日本語サポートデスクが利用できるのも、超おすすめポイント。パリの場合は、第1区(ピラミッド通り)にオフィスがあります。ピラミッド通りというのは、日本人向けのスポットが集結するエリア(オペラとルーヴルの間あたり)。オプショナルツアーの集合場所などで、利用したことがある方も多いと思います。万一のとき、このあたりに行けば何とかなると思えるなら、とても心強いではずです。

海外旅行保険はついていますが、保険必須派の方は、別途申込む必要がありそうです。具体的な内容までは転載しませんので、こちらから エポスカード海外旅行保険のページ 確認してくださいね。保険を別に申込むことにすれば、総合的にみて、かなり良いカードだと思います。


ネットからのカード申込みで、最大5000ポイントがプレゼントになります。



楽天カード



楽天カード株式会社 クレジットカード

楽天カードは、海外旅行者向けというより、クレジットカードを作ることに心理的障壁が大きい方におすすめです。
カードの種類も、年会費なしのものから、年会費10000円以上のものまで、複数から選べます。

楽天カード

ポイントいつでも5倍【楽天ゴールドカード】
楽天プレミアムカード



楽天カードの最もおすすめできる点は、たまったポイントを使いやすいこと。楽天のショッピングサイトで利用できます。ご存知の方も多いと思いますが、日用品〜趣味のものまで、楽天で買えないものはありません。

例えば、一定の選択肢の中から、貯まったポイントに応じて景品を選ぶというタイプのポイント利用に比べると、自分に必要性があって買物をしたいときにポイントを代金に充当出来るのは、非常に利便性が高いです。あらかじめ決められた景品の中から選ぶ行為とは、本質的に違います。

公共料金など、毎月の支払いに楽天カードでの決済の設定をしておけば、あっという間にポイントは貯まります。貯まりやすく、使いやすいのが最大のメリット。

 

海外旅行保険ももちろんついています。カードの種類によって変わってくるので、こちらも該当ページで確認してください。
▷楽天:海外ご利用ガイド




三井住友VISAカード



三井住友VISAカード
ポイントなどの特典に惑わされることなく、カードそのもののブランド力・信頼感を重視する方には、こちらがおすすめです。「1枚だけ作るなら」とか、「最初の1枚にするなら」という理由で選ばれることも多いようです。

カードの種類はいくつかあります

・デビュープラスカード(18〜25歳限定)
・クラッシック(26歳以上)
・アミティエ(26歳以上の女性)
・プレミアム:プライムゴールド(30歳未満)
・プレミアム:ゴールド(30歳以上)

どれも初年度の年会費は無料。2年目以降は、利用状況に応じて、無料、または割引が適用されます。もっとも年会費の高いゴールドは、10,000円ですが、最大で4000円までの年会費割引があります。(最新の情報は、申込み前に公式HPでご確認ください)


このページにたどり着いたあなたにおすすめなのは、クラッシックです。2年目以降の年会費は、条件付きで無料、または1500円(プラス税)と、有料でも比較的お安いです。

事前に旅費をカード決済していることが、保険の対象になるカードと、決済しているかどうかで最高補償額が変わるカードがあります。この点は、他のカードと同様ですが、旅行の際に別途保険をかけるのかどうかを判断のうえ、選択の要素にしてください。年会費の高いものほど、保険などの付帯も手厚くなります。

発行までは、最短で3営業日。出発が迫っている方も、間に合うかもしれません。

三井住友VISAゴールドカード キャッシュバックキャンペーン




JALカード、ANAカード



JALカード
頻繁に空の旅をする方で、フライトはJAL(あるいはANA)と決めている方であれば、航空会社のカードを持つのがおすすめです。マイルをためれば、航空券購入代金への充当のほか、シートのアップグレードにも利用できます。

マイルというと、とても特別な感じがしますが、他のカードでいうところのポイントのような感じ。航空券だけでなく、他に利用することもできます。

 

航空券購入だけでなく、街なかでのショッピングなどでもマイルは貯まっていきますので、各種料金支払いをひとつに集約すると良いでしょう。

普通カードで、初年度年会費無料です。
カードの種類と、年会費、サービスなど一覧(公式ページ)

 



新規入会で初搭乗時に入会搭乗ボーナスマイルをプレゼント!オンライン限定。
入会キャンペーン実施中!


★イオンカード

(←)左は、ショッピングモールイオンのカードで、なおかつJALのポイントが貯まるカードです。普段、日常の買物で、イオンを使う方は、このタイプを選ぶと、マイルも貯めやすいですね。








▲パリ旅行の準備をしよう トップへ






メルマガ購読のご案内

プロフ写真このページを見てくださっているあなたに、 メルマガ(Merci-Paris.net 秘密のパリ・メルマガ)の購読をおすすめします。 メルシーパリ.ネットのサイト運営者が発行しているものです。(5日に1回のペースで配信/全18回/ご旅行の3ヶ月前から読み始めるとちょうど良いです。)

「秘密のパリ・メルマガ」では、より実践的な情報活用法や、 自分らしい旅の作り方、不安の解消など、ガイドブックや他の旅行サイトには書かれていない内容について語っています。

このようなジャンルに全く関心のない人に、 無理に購読をおすすめしようとは思いません。
しかし、このページを読んでくださっているあなたなら、 きっと楽しんでいただけると思いますし、あなたの旅に、新しい視点をプラスするお手伝いができると思います。 購読は無料、解除も自由です。

こちら▽から登録できます
メルマガ登録フォーム

【Merci-Paris.net】秘密のパリ・メルマガ ご登録フォーム(本文の一部をサンプル公開中)


フリーメールをご利用の場合は、迷惑メールフォルダに入ることがありますので、 ご登録後は、そちらもご確認ください。

★ メルマガ第5回までのタイトル  第1回:ルーヴル美術館には行った方がいいですか?/第2回:一人でパリに行くということ/第3回:スーツケースのレンタルってどうなんですか?/第4回:荷物が減らせないあなたへの究極のアドバイス/第5回:ステキな夜の過ごし方 




おすすめの記事



▲このページの上部に戻る


パリ観光 メイン コンテンツ






VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA




西洋美術史の提供サービス

パリの美術館巡りをもっと楽しく!






▷パリ旅行準備中の人のためのメルマガ

メルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausa 美術サロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル




フランスパリ観光情報



 スポンサード リンク





サイト内検索