パリ旅行トップ > オヴェール・シュル・オワーズ トップ  > オヴェールの教会





オヴェールの教会(訪問記)


オヴェールの教会オルセー美術館に展示されているゴッホの作品で「オヴェールの教会」という絵画がある。

13世紀に建てられたという古い石造りの教会は、ぐねぐねと曲がった太い線で描かれている。

背景の空は濃く暗めの青色で、それに対して地面は、明る過ぎるくらいの黄色をしている。

人物が通り、地面に教会の影が見えることから、昼間の光景であることがうかがえる。しかし、教会の窓は空と同じ暗い色で、夜の闇を映し出しているようにも見える。

不安定でアンバランスなのに、それでいて、全体としては力強い感じもする。

絵の前に立つと、私は、何か立ち去り難い磁力のようなものを感じる。ゴッホからのメッセージらしきものが、どこかに隠れているのではないか……? そんな気がして、しばらく見続けてしまう。

同じように引き付けられる人は多いらしく、展示室内では、大勢の人が入れ替わり立ち代わり、この絵の前をふさいでいる。



オヴェールの教会

この絵に書かれている「オヴェールの教会」は、現在も当時の姿のまま残っているという。

 

そう聞くと、私はこの教会を見たくなった。

教会がどんな姿をしてるのか、実際に確かめたいと思った。


そして年を改め、オヴェールの教会見学を一番の目的として、オヴェール・シュル・オワーズに向かった。






オヴェールの教会に行ってみた

オヴェール・シュル・オワーズは小さな街である。

街の案内図で見ると、先に見学した「印象派絵画館」からはだいぶ距離があるかのように思えたが、街の風景を眺めながら歩いて行くと、程なくそれらしき教会が見えて来た。



教会の裏手側教会の裏手側から来たのだが、

それでもすぐに「あの教会だ!」と分かった。

 

教会の絵のパネル 正面にまわってみる。

ここでも、ゴッホ作品のパネルが、観光客への案内として設置してある。


 
オヴェールの教会絵の構図そのままの教会を見ることができた。
 



オヴェールの教会ゴッホもこの場所に立っていたんだ、と思った。
確実にゴッホはここに居て、この位置から教会を見上げ、そしてあの絵を描いたのだ。

そう思うとなんとも言えない不思議な気持ちになった。
ゴッホは私にとって、どこか非現実的で、架空の人物のような印象があった。

しかし、現在もゴッホの絵と同じ姿で残る教会は、ゴッホが確かに生きていたことの証となって、私の目の前に存在していた。

ゴッホが、急に身近になったように感じられた。


教会は もの静かに、しかし堂々と建っていた。
空は明るく澄んで、ゆるやかな風が吹いている。
ゴッホの色使い、あの暗い空色とは程遠い。

窓は実際に黒っぽかった。普通のガラスではなく、内側から遮光されているか、もしかしたらステンドグラスのようなものになっているのかもしれないと想像した。

人通りは少なく、この周辺一帯が静かな空気に包まれていた。
時折、私のようなゴッホファンと思しき観光客が現れて、写真を撮っている。


この穏やかな田舎街の教会を見て、ゴッホはあの絵を描いた。
ゴッホが描いたような、強い色彩や、曲がった太い線は、私には感じられない。
あの絵に現れた激しさは、この風景のどこからやって来たのだろう。
どうしてこの風景を見て、あの表現になるのだろう。そう考えずにはいられなかった。

あの絵は一見、風景画のようだが、単なる風景画ではない。
目にした風景そのものも描きたかったことのひとつかもしれないが、でも単に風景を描いたわけではなく、見た風景を通して自らの心象を描いた作品なのだと思う。ゴッホが象徴主義の先駆けと言われる所以が、実感として、少し理解できた。


オヴェールの教会ゴッホの心が痛々しいほどに反映されているからこそ、それを見る人々は強く引きつけられ、この絵を描いたゴッホ自身について、もっと知りたいと思うのではないだろうか。


オルセー美術館のゴッホの展示室は、いつも大勢の人で混雑している。
ゴッホの絵には、人を引き付ける要素がたくさん潜んでいるからだと分かった。










おすすめの記事




メルマガ購読のご案内

プロフ写真このページを見てくださっているあなたに、 メルマガ(Merci-Paris.net 秘密のパリ・メルマガ)の購読をおすすめします。 メルシーパリ.ネットのサイト運営者が発行しているものです。(5日に1回のペースで配信/全18回/ご旅行の3ヶ月前から読み始めるとちょうど良いです。)

「秘密のパリ・メルマガ」では、より実践的な情報活用法や、 自分らしい旅の作り方、不安の解消など、ガイドブックや他の旅行サイトには書かれていないような 内容について語っています。

このようなジャンルに全く関心のない人に、 無理に購読をおすすめしようとは思いません。
しかし、このページを読んでくださっているあなたなら、 きっと楽しんでいただけると思いますし、あなたの旅に、新しい視点をプラスするお手伝いができると思います。 購読は無料、解除も自由です。

こちら▽から登録できます
メルマガ登録フォーム

【Merci-Paris.net】秘密のパリ・メルマガ ご登録フォーム(本文の一部をサンプル公開中)


フリーメールをご利用の場合は、迷惑メールフォルダに入ることがありますので、 ご登録後は、そちらもご確認ください。

★ メルマガ第5回までのタイトル  第1回:ルーヴル美術館には行った方がいいですか?/第2回:一人でパリに行くということ/第3回:スーツケースのレンタルってどうなんですか?/第4回:荷物が減らせないあなたへの究極のアドバイス/第5回:ステキな夜の過ごし方 



▲このページの上部に戻る


パリ観光 メイン コンテンツ



サイト運営者のイベントや商品など


★一年ぶりに実施>詳細はコチラ
perfect2017
★内田ユミの西洋美術史講座:初心者歓迎です
《4月30日までの申込みで追加特典あり》




▶︎「7枚の絵画」毎朝7時・7日間限定の 絵画メルマガ(登録無料)




kaigajunrei
▶︎西洋美術史講座|ネット配信版
「西洋美術史パーフェクトプログラム」の全収録映像を毎週配信・「今日の絵画」を毎朝配信(他多数)


プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側


メルマガ
▶︎パリ旅行準備中の人のためのメルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausa 美術サロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報



  スポンサード リンク





サイト内検索