パリ旅行トップ > パリ旅行 準備と計画  > CDG空港からパリ市内までトップ > バス



  スポンサード リンク



シャルル・ド・ゴール空港からパリ市内まで「バス」で行くには

「バス」は、パリが初めての人にも比較的利用しやすく、おすすめの方法です。

シャルル・ド・ゴール空港から利用できる旅行者向けのバスは、「LE BUS DIRECT」(旧エールフランスバス)と「ロワシーバス」の2種類です。どちらも予約不要で、誰でもその場で利用できます。

心配な点をあげるとすれば、渋滞に巻き込まれる可能性があることです。 一般的に平日の夕方は混雑すると言われています。他、行事や鉄道のスト等に影響されることもよくあります。

渋滞があるのはタクシーも同様ですが、特に「LE BUS DIRECT」は、経由しながら終点へ向かうので、タクシーやロワーバスよりもさらに時間がかかる可能性があります。

行きはともかく、帰りに渋滞に巻き込まれると、フライトに影響します。時間に充分な余裕をもって計画を立てましょう。






目的地(ホテル)の位置から、バスの路線を選ぼう!

「LE BUS DIRECT」と「ロワシーバス」の違いは、イメージとして、観光バスと路線バスのような違いです。LE BUS DIRECTの方が、落ち着いた雰囲気で、料金も高い(約1.5倍)です。

快適さを優先するならLE BUS DIRECT、単純に料金の安さを優先するならロワシーになるでしょう。
しかし、もっとも実利的な選択は、目的地(ホテル)に、より近くまで行ける路線のバスを選べることです。バスを降りてからの移動までを含めて考えないと、料金の比較もあまり意味がありません。





LE BUS DIRECT(旧 エールフランスバス Cars Air France)

乗り場には係員がいて、車体の底の部分にスーツケース等は収納してもらえます。乗り心地も良く快適です。車内に流れる観光案内のビデオを見つつ、車窓を楽しむ余裕もあります。

パリ市内までは、4つの路線あります。しかしながら、うち2つ(1番と3番)は、「オルリー空港」(CDGではなく、)との往復です。したがって、日本からパリへ入る多くの方が利用するのは、2番か4番である可能性が高いです。



旧エールフランスバスとの違い

2番の終点が、凱旋門だったのが、凱旋門経由の終着エッフェル塔に延長



<路線の発着地点>
★Ligne1:オルリー空港ーエトワール凱旋門

★Ligne2:CDG空港ーエッフェル塔(ポルトマイヨ 〜 エトワール凱旋門 経由)
★Ligne3:CDG空港ーオルリー空港
★Ligne4:CDG空港ーモンパルナス駅(リヨン駅経由)


バス路線図バスの選び方
まず、あなたが滞在するホテルのおおよそ位置と、最寄り駅(メトロ何号か、RER何線か)を確認します。

LE BUS DIRECT(2と4)の終点・および経由地の5ヶ所(ポルト・マイヨー、エトワール凱旋門、エッフェル塔、リヨン駅、モンパルナス)、ロワシーバス 1ヶ所(オペラ)の中から、自分の宿泊先に最も近いところ(あるいは、距離的には多少離れても 移動の便が良いところ)に停車するバスを探しましょう。

左の図は、LE BUS DIRECT路線図です。これに、ロワシーバスの停車場所のオペラも含めて、あなたが泊まるホテルへ最も行きやすいのはどこか、確認してください。

 

 

もうひとこと
バスで市内に入ろうと考えている人で、「これからホテルを予約する人」は、停留所の近く(徒歩で行けるホテル)を選ぶといいですね。


LE BUS DIRECTの公式ページ
▷路線図(拡大図)はこちら
▷各路線の時刻表はこちら

▷各路線の料金の案内はこちら


各乗降所の場所(リンク先は住所で、周辺のグーグルマップが開きます)
(1)LE BUS DIRECT(Line2 経由地)ポルト・マイヨー( 70 boulevard gouvion saint cyr 75017 Paris
(2)LE BUS DIRECT(Line2 経由地)凱旋門(1 Avenue Carnot 75017 Paris

(3)LE BUS DIRECT(Line2 終点)エッフェル塔(19 Avenue de Suffren, 75007 Paris

(4)LE BUS DIRECT(Line4 経由地)リヨン駅(20bis Bd Diderot 75012 Paris

(5)LE BUS DIRECT(Line4 終点)モンパルナス(1 Rue du Commandant Mouchotte 75014 paris

(6)ロワシーバス(終点)オペラ座前(11 Rue Scribe 75009 Paris




鉄道への接続
乗降所付近の鉄道への接続情報です。便宜上、最も近いメトロ・RERの路線のみを記します。

(1)ポルト・マイヨー:メトロ1号「ポルトマイヨー」、RER・C線「ヌイイ・ポルトマイヨー」

(2)凱旋門:メトロ1、2、6号「シャルル・ド・ゴール・エトワール」、RER・A線(駅名同)

(3)エッフェル塔:メトロ6号「ビルアケム」、RER・C線(シャンドマルス-トゥールエッフェル)

(4)リヨン駅: メトロ1、14号「ガール・ド・リヨン」、RER・A線、D線(駅名同)

(5)モンパルナス: メトロ4、6、12、13号「モンパルナス・ビアンヴニュ」

(6)オペラ座前:メトロ3、7、8号線「オペラ」

*参考「パリのメトロ乗り方ガイド」各線全駅名 
  



バスの切符の買い方

・空港の自動券売機で買う
・乗車の際にバスの運転手から買う
・事前にネットで買う

WEB上で乗車券を購入したい人は、▷公式ページの「ACHETER EN LIGNE」から進めます。

購入ページはフランス語または英語。



切符を往復で買うと運賃が割安になります。帰りもLE BUS DIRECTを利用することが確定しているなら、往復で買っておきましょう。
帰りの予定が決まっていない人は、帰りの乗車時にバスの運転手さんから買うことができます。 その場合は、現金(少額のユーロ紙幣)を残しておくことを忘れずに。

Ligne2と4の大人片道は17ユーロ、往復で30ユーロ(2018年5月現在)
ときどき変わるので、最新情報は、▷このページ(料金表)でご確認を〜




ロワシーバス Roissy bus

パリ市交通公団RATPが運行しているバスで、路線は「オペラ行き」の一路線です。途中で停まることなく、終点まで行きます。エールフランスバスより、料金は少し安い分、こちらは荷物の上げ下ろしなども自分で行います。バス車内に荷物を置くところがあります。

(とはいえ、それなりに快適です)


バス停留所は、オペラ座(オペラ・ガルニエ)を正面から見て向かって左側の、Rue Scribe(スクリブ通り) とRue Auber(オベール通り)の角を入ったアメリカンエキスプレスの前です。
11 Rue Scribe 75009 Paris, グーグルマップ



切符の買い方

パリ交通公団(RATP)の全窓口、メトロ駅の自動券売機、バスの運転手から直接購入。
オンラインで予約も出来ます(フランス語または英語)
帰りの分も事前に購入できます。

料金  13.2ユーロ

所要時間  約60〜75分


乗り場
ターミナル1:到着階、8号出口
ターミナル2-F:5号出口、連絡通路
(変更になっている可能性も高いです。現地で確認のこと)


本数

シャルル・ド・ゴール空港からパリ市内まで パリ市内からシャルル・ド・ゴール空港まで
6:00〜20:45 15分に1本
20:45〜00:30 20分に1本
5:15〜20:00 15分に1本
20:00〜22:00 20分に1本
22:00〜00:30 30分に1本

RATPのパンフレットを参考に、上記の本数を書きましたが、「15分に1本なんて全然来なかった!」という体験談は珍しくありません。きちんと来ることもありますが、日本の日常のような、きっちり正確な分刻みの運行は、念頭から外しておいた方がいいかもしれません。

利用する人は、以下のリンク先もチェックしてください。
RATPロワシーバス日本語ページ

 



 


▲CDG空港からパリ市内まで トップ





参加受付中の 西洋美術史セミナー(2018.07.29 日) 

ギリシア神話、キリスト教と絵画に関する基礎的な事柄と、これまでにセミナーを受講された皆さまから、よくいただいたご質問に

答える内容に絞って構成します。

 

神話も宗教も区別がつかないという方、絵は見るけど、中身は気にしたことがないという方、など「何も知らない」「予備知識ゼロ」の状態で来ていただいて、大丈夫です。

 

スルリと分かりやすく、なお且つ、興味深く神話と宗教と、絵画の関係を結びつけます。

 

過去に「エンジェル&キューピッド」や「ルーヴルのまわり方」などの入門セミナーをご覧になり、さらなるご興味を持ってくださった方もぜひお越しください!

もっともっと先まで、ご案内します。

 

 

あなたの次の美術館巡りがいっそう楽しみになりますように♡

 

================
スペシャルセミナー:内容
ギリシア神話とキリスト教と絵画の関係
================

ギリシア神話・キリスト教のそれぞれ成り立ちは?

神様の名前や主な役割

「旧約聖書」と「新約聖書」の違いと特徴
西洋の絵を観ることと、どんな関係があるか?

ヴィーナスと聖母マリアの関係(に象徴される、ギリシア神話とキリスト教の意外な関連)

絵画の中で主題を見分けるポイント(アトリビュート)

どこに注目すれば、何が分かるのか?

解説や、入門書が読みづらい訳、読めるようになるヒント、選び方

などなど。


7月29日(日)午後 渋谷ヒカリエカンファレンス

くわしくはこちらのページから






無料メルマガ購読のご案内

プロフ写真このページを見てくださっているあなたに、 メルマガ(Merci-Paris.net 秘密のパリ・メルマガ)の購読をおすすめします。 メルシーパリ.ネットのサイト運営者が発行しているものです。(5日に1回のペースで配信/全18回/ご旅行の3ヶ月前から読み始めるとちょうど良いです。)

「秘密のパリ・メルマガ」では、より実践的な情報活用法や、 自分らしい旅の作り方、不安の解消など、ガイドブックや他の旅行サイトには書かれていない内容についてお伝えしています。
あなたの旅に、新しい視点をプラスします。 購読は無料、解除も自由です。

 


こちら▽から登録できます
メルマガ登録フォーム

【Merci-Paris.net】秘密のパリ・メルマガ ご登録フォーム(本文の一部をサンプル公開中)


フリーメールをご利用の場合は、迷惑メールフォルダに入ることがありますので、 ご登録後は、そちらもご確認ください。

★ メルマガ第5回までのタイトル  第1回:ルーヴル美術館には行った方がいいですか?/第2回:一人でパリに行くということ/第3回:スーツケースのレンタルってどうなんですか?/第4回:荷物が減らせないあなたへの究極のアドバイス/第5回:ステキな夜の過ごし方 






おすすめの記事




【注意】このコンテンツは、LE BUS DIRECTRATPパリ交通公団、および、Aéroports de Paris(パリ空港)各社サイトの該当ページの情報を参考にしていますが、変更になっていることもありえます。 料金、時刻表、所要時間、発着所等は参考情報としてご利用下さい。このサイト内のページを見たことで発生した いかなる不都合にも、当サイトでは一切の責任を負いません。


▲このページの上部に戻る

パリ観光 メイン コンテンツ






VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA




西洋美術史の提供サービス

パリの美術館巡りをもっと楽しく!






▷パリ旅行準備中の人のためのメルマガ

メルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausa 美術サロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル




フランスパリ観光情報



 スポンサード リンク




▶︎︎海外WiFiレンタルなら、イモトのWiFi





▶︎ルックJTBならではの特典満載!ヨーロッパツアーはこちらで検索






サイト内検索