パリ旅行 トップ > ヴェルサイユ宮殿 トップ  > パリからの行き方 まとめ

  スポンサード リンク




パリからヴェルサイユ宮殿までの 個人での行き方 まとめ

(最終更新日 2017.9.10)

ヴェルサイユ宮殿周辺駅マップ ツアーを利用せずに、個人でパリからヴェルサイユ宮殿へ行くための情報をまとめます。
*【左の略図拡大表示】クリックで拡大

パリからの所要時間は、片道でおおよそ1時間程度。宿泊先ホテルから、利用する交通手段の出発点までの所要時間によって、多少前後します。

比較的、個人でも行きやすい場所にありますが、このページを見て難しそうだと感じる方は、無理をせず、現地オプショナルツアーの利用も検討してください。 (例:ヴェルサイユ宮殿観光ツアー icon



観光客が利用する主な4つのルート 

ヴェルサイユは、パリの西南約20kmに位置します。一般的に、旅行者が利用する主な交通手段は、以下の4つです。

【注 意】
下記にリンクしたグーグルマップ上に経路の矢印を表示していますが、この矢印が最短ルートというわけではありません。また、それぞれ『A』地点が宮殿の入口です。

(1) パリ「St-Lazare(サン・ラザール)駅」からフランス国鉄(SNCF)利用
Versailles Rive Droite (ヴェルサイユ・リヴ・ドロワ)駅下車 宮殿まで約1.2km
ヴェルサイユ・リヴ・ドロワ駅から宮殿正面までのマップ

(2) パリ「Montparnasse(モンパルナス)駅」からフランス国鉄(SNCF)利用
Versailles Chantiers(ヴェルサイユ・シャンティエ)駅下車 宮殿まで約1km
ヴェルサイユ・シャンティエ駅から宮殿正面までのマップ

(3) RER(高速郊外鉄道) C5線
《分岐に注意》 RERのC線は、途中でC5とC7に分岐します。ヴェルサイユへ行くのは「C5」です。
Versailles - Château - Rive-Gauche(ヴェルサイユ − シャトー リヴ・ゴーシュ)駅下車 
宮殿まで約600m
ヴェルサイユ・シャトー リヴ・ゴーシュ駅から宮殿正面までのマップ

(4) バス メトロ9号線の終点駅 Pont de Sèvres(ポンドセーヴル)駅前のバス停から
171番のバスで 20〜40分 宮殿前下車



【パリの主要各駅とヴェルサイユ宮殿の位置関係】

パリとヴェルサイユの位置関係


上記(1)〜(4)の手段について、それぞれのメリット・デメリットを検証します。



(1)(2)フランス国鉄(SNCF)利用のメリット・デメリット

メリット

出発のサン・ラザール駅、またはモンパルナス駅は、ともに大きなターミナル駅。地方に向かう列車が多数発着しています。地元の人も観光客も多く、いつも賑やか。売店やカフェなどもたくさんあって、安心できる雰囲気です。出発前の旅情も味わえます。車内は、概ねきれいで快適。窓からの風景を楽しめます。

デメリット

(1)(2)ともに、それぞれ下車駅から宮殿まで距離があること。
私はかつて、上記(1)のルートを選択して、ヴェルサイユ・リヴ・ドロワ駅から宮殿まで歩いたことがあります。ガイドブックには所用時間約15分とありましたが、私の場合はほぼ20分かかりました。知らない土地で歩く20分は、かなり遠く感じます。目的地がなかなか見えてこないので、途中で道があっているのか不安になりました。

現地の見学でたくさん歩くことを考慮すると、体力と方向感覚に自信のない方にはおすすめしません。ただし、パリでの宿泊先が「サン・ラザール駅」か「モンパルナス駅」に出やすい場所なら、検討の余地があります。


<パリのメトロマップ>
出発点となるパリの2つの駅のおおまかな位置です。路線図で探すときの参考にしてください。

メトロマップ1



*関連する記事
ヴェルサイユ宮殿を訪ねて「交通手段はどうする?」 
ヴェルサイユ宮殿を訪ねて「当日の朝 出発〜到着」



(3) RER C線利用のメリット・デメリット

メリット

(1)(2)のSNCFでは、乗車できる駅がサン・ラザール駅かモンパルナス駅と決まっているのに対し、(3)のRERはC線のどこからでも乗れるので、宿泊先からより近い駅を選択できる可能性が高いです。
しかも下車駅から宮殿までの距離が約600mと上記ルートの半分程度。徒歩での道順も簡単です。

デメリット

RERは、一般的に治安が良くないと言われています。ヴェルサイユへ行く路線は、比較的人も多いし、特に問題ないという意見がある一方、「観光客のRER利用は危険」という根強い意見もあります。車内の清潔感や明るさなどの点でも、SNCFのような快適さに欠けます。
快適さが劣るだけならまだしも、「治安が良くない」と言われる路線をあえて使うことに不安を覚える人は、避けた方が無難です。

ただし、危険なのはRERに限りません。SNCFにしておけば絶対に安全ということではありません。
どの手段を使うにしても、防犯には充分注意してください!!
*参考(外部サイト) → パリのメトロ乗り方ガイド「RERについて」

RER・C線の【分岐】に注意
RERのC線は、途中でC5とC7に分岐しています。ヴェルサイユへ行くのは「C5」です。
終点が「Versailles-Rive Gauche/ヴェルサイユ・リヴ・ゴーシュ」駅行きであることを確認してください。


<パリのメトロ・RERマップ>
メトロ・RERマップ



(4)バス 171番利用のメリット・デメリット

メリット

宮殿の前まで行けること。宮殿の入り口が見えるところでバスを降りるので、疲れないし、迷う心配がありません。 乗車までの手順も、電車に比べると簡単です。メトロの駅を出て案内表示に沿っていけば171番の乗り場にたどり着けるので、そこに来たバスに乗ればOK。電車のようにホームを確認したり、切符を買うのに苦労したりすることがありません。
仮に私が、誰か友人などにすすめるなら、この方法「バス171番」が一押しです。

デメリット

交通事情によって多少所要時間が変わること。通常は30分程度。それでも、何時間もかかることはあまりないはず。本数も多いので、時間はそこまで気にしなくてもいいかと思います。
むしろ問題は、バスの発着地点。
バス停のある「ポン・ド・セーヴル駅」は、メトロ9号線の最初の駅です。路線図を見ると、パリの左下の端であることが分かります。パリで最もヴェルサイユ寄りの位置なので、当然といえば当然です。

効率的ではあるのですが、宿泊地として日本人観光客に人気の高いオペラ地区やマレ地区などからは、けっこう離れています。メトロで移動すれば良いのですが、パリの端なので、乗り換えが発生する確率が高いです。場所によっては乗り換え1回では済まないかも。宿泊先からポン・ド・セーヴル駅までのアクセスが良くないなら、他のルートで行ったほうが、結果的に楽かもしれません。



*関連する記事: ヴェルサイユ宮殿を再び訪ねて「今度はバスで行ってみよう」(バス利用の体験記)

*姉妹サイト:「パリのメトロ乗り方ガイド」メトロ9号線の沿線情報と全駅名


<パリのメトロマップ>

メトロマップ3

 




管理人のおすすめは・・

ヴェルサイユ宮殿からのバス私のおすすめ順で一位は、171番バス。
次はRER(ただし一般的にはあまり評判が良くない)。
パリでの宿泊先が、サン・ラザール駅かモンパルナス駅から徒歩圏内のところならSNCFも検討の対象にする、といったところです。

交通手段を選ぶにあたっては、パリでの宿泊先から乗車地点までの距離が重要です。

パリ市内はメトロのおかげでどこへでも行けますが、最終目的地はあくまでもヴェルサイユ宮殿ですから、パリを出るところまでは、少しでも楽に運びたいところ。

逆に考えれば、「パリ滞在中にヴェルサイユへ行こう」と思っているのであれば、パリでの宿泊先を手配する際に、自分が利用したい出発駅近くのホテルを選べば良いということが言えます。
例えば、バスで行きたいなら、ポン・ド・セーヴル駅に出やすいように、メトロ9号線の駅に近いホテルにする。SNCFで行きたいなら、モンパルナス駅に近いホテルにする、などです。

さらに言えば、いっそのこと、ヴェルサイユ市のホテルに宿泊するという方法もあります。
朝一番のひとけの少ない宮殿を味わいたい人にはおすすめです。



最後にもうひとこと

ストなどで、路線がストップしてしまうことも珍しくありません。
現地で途方にくれないためにも、2つ以上のルートを想定しておくことをおすすめします。

*関連するコンテンツ
ヴェルサイユ宮殿を訪ねて「反省と次回の希望」(ヴェルサイユ宮殿に初めて行った後のまとめ記事)

ヴェルサイユ宮殿の見どころ・まわり方(主な見どころの解説、所用時間などのまとめ記事)



 見どころを動画にまとめました。ご覧ください。

  




管理人の おすすめの ☆ 現地ツアー
【20名限定】ヴェルサイユ宮殿の裏側を巡るVIP ツアー(英語ガイド) icon
プライベートガイドの案内で、一般には公開されていない部屋を見学できる 20名限定のツアーです 。

(ルイ16世の図書室、ロイヤルダイニングホール、オペラハウス、娯楽室など) 個人では入れないところを案内してもらえるので、非常に利用価値が高く、特にリピーターの方にはおすすめです!【 終日/フレンチの昼食付き】

その他の現地ツアー 一覧(人気順) → ヴェルサイユ宮殿観光ツアー icon




メルマガ購読のご案内

プロフこのページを見てくださっているあなたに、 メルマガ(Merci-Paris.net 秘密のパリ・メルマガ)の購読をおすすめします。 メルシーパリ.ネットのサイト運営者が発行しているものです。(5日に1回のペースで配信/全18回/ご旅行の3ヶ月前から読み始めるとちょうど良いです。)

「秘密のパリ・メルマガ」では、より実践的な情報活用法や、 自分らしい旅の作り方、不安の解消など、ガイドブックや他の旅行サイトには書かれていないような 内容についてお伝えします。 あなたの旅に、新しい視点をプラスします。 購読は無料、解除も自由です。

こちら▽から登録できます
メルマガ登録フォーム

【Merci-Paris.net】秘密のパリ・メルマガ ご登録フォーム(読者の声、本文サンプル公開中)


★ メルマガ第5回までのタイトル  第1回:ルーヴル美術館には行った方がいいですか?/第2回:一人でパリに行くということ/第3回:スーツケースのレンタルってどうなんですか?/第4回:荷物が減らせないあなたへの究極のアドバイス/第5回:ステキな夜の過ごし方 


★こちらのメルマガもおすすめ⇒「7枚の絵画」7日間連続で絵画解説メールをお届け




▲ヴェルサイユ宮殿を訪ねて トップに戻る


「怖い絵展」がもっと怖くなる!西洋美術史セミナー《美と恐怖のヒミツ》

美と恐怖セミナーこの秋(10/7〜)東京上野の森美術館で開催される「怖い絵展」にあわせた、西洋美術史セミナーを実施いたします。

「美術展には興味はあるけど、絵の見方はよく分からない」という皆さまに向けてお届けするセミナーです。

 

おそらく、かなり多くの動員数が見込まれるであろう、話題の美術展。見ただけで怖さが分かる絵もありますが、一見しただけでは、よく分からないものもありそうです。

 

絵画を楽しむコツ、絵画に描かれている主題などを通して、美術館巡りがもっと充実するセミナーです。

2017年10月29日(日)2時〜 会場:渋谷ヒカリエ 講師:内田ユミ

★受講者募集中 >詳しくはこちらから《美と恐怖のヒミツ セミナー》





オンライン講座:絵画巡礼 
kaigajunrei「絵画巡礼」は、ご自宅でお好きなときに、西洋美術史について学べるオンライン講座です。

★絵画の見方が変わります!
今までなんとなく眺めていた絵画の意味が分かると、美術館は、もっと楽しい場所に変わります。

「西洋美術史」を知るには、「どこから手をつけていいか分からない」と思う方が多いようです。さらに、「芸術的センスがなければ、理解できないもの」という 誤 解 も広く見受けられます。

「西洋美術史パーフェクトプログラム」は、初心者の方にも、理解していただきやすいよう、「感覚」(センス)という曖昧なものに頼るのではなく、「主題(何が)→技法(どう)描かれているか」を主軸として、理論として、体系立てて展開していきます。

西洋美術史における、一通りの概念を知ることで、そこから先は、ご自身でより興味のある部分を深めていけるような、足掛かり(ファースト・ステップ)となる内容です。 ▶︎『絵 画 巡 礼』くわしくはココから




おすすめの記事



  スポンサード リンク



▲このページの上部に戻る

パリ観光 メイン コンテンツ



西洋美術史講座/イベント


>怖い絵展がもっと怖くなる!セミナー
恐怖セミナー
「美と恐怖のヒミツ」10月29日(日)渋谷


絵画巡礼
▶︎オンラインの西洋美術史講座「絵画巡礼」
「絵画の見方」を知りたいあなたへ! ご自宅で好きなときに 受講できる西洋美術史のオンライン講座。




▶︎「7枚の絵画」毎朝7時・7日間限定の 絵画メルマガ(登録無料)



プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側



メルマガ
▶︎パリ旅行準備中の人のためのメルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausa 美術サロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報




  スポンサード リンク





サイト内検索




▶︎海外WiFiレンタルなら、イモトのWiFi