HOME > 絵のはなし トップ  > レースを編む女



  スポンサードリンク



フェルメール(Johannes Vermeer)について「レースを編む女」

ヨハネス・フェルメール (Johannes Vermeer, 1632 - 1675)は、 17世紀オランダの画家です。

フェルメールの作品は、どれも静かな空気に満ちていて、それでいて不思議な存在感があり、人を強く惹き付ける力を持っています。日本でも大変人気のある画家で、「フェルメール展」と銘打ってどこか日本の美術館で特別展が催されると、大変な混雑ぶりが話題になります。

日本に限らず、世界中に熱狂的なファンがいる画家としても知られます。「フェルメール行脚」 と称し、世界の美術館に散らばるフェルメール作品を鑑賞することを目的に、旅を続ける人たちもいるくらいです。


現存するフェルメールの作品は、疑問作も含め30点あまりといわれています。それらはすべて油彩画で、版画、下絵、素描などは残っていません。

生前、フェルメールは画家として一定の評価を得ていましたが、その後いったん急速に美術史から姿を消します。そして没後約200年経ってから再び脚光を浴びることになります。 ある種ミステリアスなこの背景が、世界中の人々の「作品を見たい」という気持ちに拍車をかけているように思います。

ルーヴル美術館にあるフェルメール作品は、「レースを編む女」と「天文学者」の2点です。

しかし、不思議なことに、ルーヴルに展示されているこの2作品の周辺で、日本の企画展で見られるような大混雑は、ありません。「モナリザ」のように特別な部屋に展示されているわけではなく、他の多くの作品同様に、ひっそりと普通に掛けられています。意識して探そうとしないと、見落とすかもしれません。

見つけたら、独占状態で間近で見学できる可能性が高いです。
ゆっくり見てきてくださいね!


フェルメール「レースを編む女」La Dentellière


レースを編む女ヨハネス・フェルメール
「レースを編む女/La Dentellière」
(1669‐1670年頃)


<リシュリュー翼・3階>
17世紀・オランダ派

フェルメール晩年の作品(亡くなる5年ほど前)。レース編みは、オランダ・デルフトでは伝統的な女性の仕事であることから、「レース編みをする女性」は、勤勉をあらわすテーマと考えられます。


レースを編む女フェルメール作品は全般的に、「小さめ」であることが多いのですが、中でもこの「レースを編む女」は、23.9×20.5cm と、最も小さい作品です。

クッションから台の上へ、流れ出したように見える赤い糸と白い糸が印象的です。 特に赤は、画面の中でひときわ目立っていて、まるで流れる血のようです。

台の手前の方にある本は、聖書だと言われています。

晩年の作品である「レースを編む女」は、全盛期の作品とくらべ、やや質が下がるという評価があります。しかしそれでも、フェルメール最大の特徴である、室内に差し込む淡い自然光の表現は活きています。
小さな空間に人物と最小限のモチーフを配して、何気ない日常を切り取る術も、フェルメールの真骨頂です。

女性が編む手元のレースに焦点があっていて、そこを中心に画面はうっすらと光で覆われて行きます。観ている私たちも、この女性と同じく、知らず知らず指先のレースに集中してしまいます。




フェルメールこの撮影時、「レースを編む女」と並んでいるはずの「天文学者/L'Astrologue」は、どこかの美術館に貸出し中でした。残念・・。

でも、このようなことはよくあります。
ちょっとがっかりしますが、「また、ここにおいで!」というお誘いだと思うことにしています。


フェルメール「天文学者」の作品名のところに貼られていたお知らせです。


ちなみに、 2009年2月28日~6月14日の日程で、国立西洋美術館で「ルーヴル美術館展」が実施された際は「レースを編む女」が上野に来ていました。

期間中、「レースを編む女」のスペースには、このような貸出中の表示が出ていたはずです。「わざわざヨーロッパまで行ったのに、目当ての作品は日本に出かけている」、これも珍しくないパターンです。


*関連する記事:ルーヴル美術館のおすすめ作品 28


▲絵のはなし トップに戻る




おすすめの記事



▲このページの上部に戻る


パリ観光 メイン コンテンツ



サイト運営者のイベントや商品など


★一年ぶりに実施 >詳細はコチラ
perfect2017
★内田ユミの西洋美術史講座:初心者歓迎です




▶︎「7枚の絵画」毎朝7時・7日間限定の 絵画メルマガ(登録無料)




kaigajunrei
▶︎西洋美術史講座|ネット配信版
「西洋美術史パーフェクトプログラム」の全収録映像を毎週配信・「今日の絵画」を毎朝配信(他)


プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側


メルマガ▶︎パリ旅行準備中の人のための無料メルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausa 美術サロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報


   スポンサードリンク





サイト内検索