パリ旅行トップ > パリの見どころ トップ > サント・シャペル教会



サント・シャペル教会

「サント・シャペル教会」は、セーヌ川の中州、シテ島にあります。
完成は1248年。建設を命じた国王ルイ9世は敬虔なキリスト教徒で、のちに「聖王ルイ」と呼ばれた国王です。王がこの教会の建築を命じたのは、当時手に入れたキリストの聖遺物を納めるためでした。

 

この教会を有名にしているのは、パリ最古のステンドグラスです。2階の礼拝堂は、壁全体がステンドグラスで覆われています。その面積は、延べ600㎡に及びます。描かれているのは、旧約聖書、新約聖書の場面です。


ステンドグラスは一般的に、よく晴れた日の昼頃が最も美しいと言われています。
天気、時間帯、季節、などの条件によって内部の光は変わりますが、朝には朝の、夕方には夕方の、いつ行ってもその時なりの美しいステンドグラスを観ることができます。

例えば美術館などの場合、人によって面白いと思う対象に違いがあり、おすすめを提案するのが難しいのですが、サント・シャペル教会の美しさを感じる気持ちは、幅広い層の人に共通すると思います。

パリに行ったら、ぜひ訪れて欲しい場所のひとつです。







サント・シャペル教会・見学レポ

chapelle2教会の周りには、入場待ちの観光客の列ができています。ここはいつでも行列。晴れている日には、この行列は特に長くなるような気がします。
でも、並んでも見る価値あり!だと思います。

セキュリティチェックを受けて中に入ります。
サントシャペル教会入口セキュリティーチェックを通ったら入口へ。教会の内部は、2階に分かれています。一階部分は、王家の使用人のための礼拝堂だったところで、現在はお土産ショップです。

建物内の端にあるせまい階段をぐるぐる登って、2階へ行きます。

 


2階礼拝堂内部の様子。
光で満ちています。床から天井に続く柱以外の、壁となる部分が全てステンドグラス。
その光の表情は、差し込む太陽の光によって刻一刻と変化していきます。



壁際にイスが並べられていて、各国から訪れた観光客は、このイスに腰掛けて思い思いの時を過ごしています。座る席を時々移ったりしながら、ステンドグラスを眺めます。

撮影したかったのは、溢れんばかりの美しい「光」なのですが、これらの写真では充分に伝わっていません。
本当はもっときれいです。
デジカメの設定を、ああでもない、こうでもないと色々変えて試してみたのですが、暗いところから、明るい光を撮影するのは思いのほか難しく、私の技術ではこれが限界。
美しさに感動した気持ちだけでも、伝わると良いのだけど・・。


ステンドグラスは、建物の高い部分にあります。かなり距離があるので、細かい部分を観ようと思ったら、双眼鏡が必要です。
この写真は、デジカメのズーム機能を最大限に使って撮影しました。 こんな風に、とてもはっきりした強い色を見せることもあるので、後ろ側に電飾が仕掛けられているのでは?などと思ってしまいますが、もちろんそんなことはありません。 ステンドグラスは太陽の光によって完成する芸術品です。
ずーっと、高い位置にステンドグラスを見上げていたのだけど、ふと足下に視線を落とすと、床のタイルにもとても美しい模様が描かれていました。
この写真、ちょっと暗いけど分かるかな・・。ステンドグラスの枠のデザインと呼応しているかのようです。
これは教会の外側の壁。
ステンドグラスの裏側を見上げる形で撮影しました。 真っ黒の板のように見えるのがステンドグラスです。
これが内側では、あんなに美しい光を見せてくれているなんて、信じられない!


▲パリの見どころ トップに戻る




参加受付中の 西洋美術史セミナー(2018.07.16 月・祝日) 

バラ窓この回は、シリーズ「パーフェクトプログラム」のなかでは、観光ガイド的な要素を多く含む回でもあります。

フランスがお好きな方や、これから旅行に行かれる方にとっては、知ってからお出かけになると、現地で過ごす時間が(10倍とまでは言いませんが...) 3~5倍くらいは確実に、楽しくなると思います!

とはいえ、本質的には、西洋美術史講座です。初期キリスト教美術の象意的表現というテーマについて、中世美術(絵画以外)を使ってお話しします。

主な内容は、各地のノートルダム大聖堂やモン サン ミッシェルをはじめとする修道院や大聖堂の基礎知識 ステンドグラスの見方の基本 キマイラや聖人像など 聖堂に付随する彫刻の意味 パリで見られる中世美術として著名な「貴婦人と一角獣」について などなど

キリスト教美術の概略について知りたい方 図像の象徴的な役割について知りたい方 パリ旅行を控えた方やパリ好きな方などにもオススメです。

なお、決して難しい内容ではないのですが、万人向けは目指しておりません。ちょうどよいタイミング!と感じる方や、ご興味のある方をお待ちしています!

>2018年 7月16日 (月/祝日)パーフェクトプログラム



>このシリーズの前回(6月3日の回)に参加された方の感想(アメブロ記事)




おすすめの記事



  スポンサードリンク



▲このページの上部に戻る
VELTRA

パリ観光 メイン コンテンツ






VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA




西洋美術史の提供サービス

パリの美術館巡りをもっと楽しく!






▷パリ旅行準備中の人のためのメルマガ

メルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausa 美術サロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル




フランスパリ観光情報


   スポンサードリンク





サイト内検索

PARIS:現在時刻