HOME > 絵のはなし トップ > ボッティチェリのフレスコ画



  スポンサードリンク



ボッティチェリのフレスコ画


ボッティチェリの作品

ボッティチェリの作品

「三美神を伴うヴィーナスから贈り物を授かる若い婦人」「学芸たちの集いに導かれる青年」




「ボッティチェリ」は、イタリアルネサンスを代表する画家の一人です。

絵画にあまり興味がないという方でも、ボッティチェリの代表作「ヴィーナスの誕生」や「ラ・プリマベーラ/春」は、どこかで目にしたことがあるのではないでしょうか。

【参考】ボッティチェリの代表作。 この2作品はいずれもフィレンツェにあります。
ヴィーナスの誕生
春
「ヴィーナスの誕生/Nascita di Venere」1485年頃
「春/La Primavera」1482年頃


ボッティチェリは、生涯のほとんどをフィレンツェで過ごしました。
そのため、作品の多くはウフィッツィ美術館(フィレンツェ)に所蔵されていて、パリで見ることができるボッティチェリの作品は、そう多くはありません。
ルーヴル美術館で所蔵されているボッティチェリの作品は次の3点です。

 (1)「三美神を伴うヴィーナスから贈り物を授かる若い婦人」
 (2)「学芸たちの集いに導かれる青年」
 (3)「聖母子と少年聖ヨハネ」


このページで紹介しているのは、上記の(1)と(2)の作品です。
これら2点はいずれもフレスコ画です。


1873年、フィレンツエ郊外、メディチ家の遠縁にあたるトルナブオーニ家の所有していたレンミ荘という大邸宅で、フレスコが3点発見されました。そのうちの2点「三美神を伴うヴィーナスから贈り物を授かる若い婦人」と「 学芸たちの集いに導かれる青年」がルーヴルの所蔵となりました。
この2点も所々剥がれかかっていますが、残るひとつはさらに以上に損傷が激しくその場に残されました。

パリでボッティチェリを見ることが出来るというだけでも大変嬉しいことです。しかも、この2点はもともと壁画ですから、驚きでもあります。普通は、壁画や天井画は現地に行かなければ見られないものですから。



この作品は、「サモトラケのニケ」が展示されている階段踊り場の脇に入った展示室にあります。ニケの周りに集まった大勢の人がこの展示室に流れてくるのですが、ニケを写真におさめた満足感からか、この壁画はスルーしてしまう人が多いようです。

でもスルーしてはダメですよ!
ニケのところまで行ったなら、ボッティチェリも要チェックです!



若い婦人に贈り物を捧げるヴィーナスと三美神「若い婦人に贈り物を捧げるヴィーナスと三美神」

作品保護のために、かなり照明が暗くなっていますが、お好きな方なら「あ、ボッティチェリだ!」とすぐに分かるくらい、いかにもボッティチェリっぽいフレスコ画です。


若い婦人に贈り物を捧げるヴィーナスと三美神三美神に付き添われたヴィーナスが、花嫁が差し出す布の中に贈り物を置こうとしています。

ボッティチェリの特徴は、ふんわりとやわらかいタッチと、女性の視線にあると思います。
彼女達は皆、そこにあるものではなく、どこか遠くを透かして見ているような目をしています。

 

学芸たちの集いに導かれる青年「学芸たちの集いに導かれる青年」 下の方はだいぶ剥がれています。
邦題の「学芸たち」の部分は、文字通り「自由七学芸/sept Arts libéraux」と表されることもあります。文法、修辞学、弁証法、算術、幾何学、天文、音楽、の7つの学問を差します。これは学問を体系的に捉えたもので、紀元を遡ると古代ギリシアまで到達します。最初の3つが、言語に関わる学問、後半の4つが、数学に関わる学問です。(音楽も理系科目なのですね。)
それぞれの学問が人物として象徴的に表現され、若者を取り囲んでいる場面です。





*関連する記事 ルーヴル美術館のおすすめ作品


▲絵のはなし トップに戻る



おすすめの記事



▲このページの上部に戻る


パリ観光 メイン コンテンツ



サイト運営者のイベントや商品など


▶︎「7枚の絵画」毎朝7時・7日間限定の 絵画メルマガ(登録無料)




kaigajunrei
▶︎オンラインの西洋美術史講座「絵画巡礼」
「西洋美術史パーフェクトプログラム」の全収録映像を毎週配信・「今日の絵画」を毎朝配信(他)



プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側



メルマガ
▶︎パリ旅行準備中の人のためのメルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausa 美術サロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報


   スポンサードリンク





サイト内検索

PARIS:現在時刻