HOME > パリひとり旅日記 トップ > パリのスズメ 



  スポンサード リンク



パリのスズメ


パリのスズメパリのスズメは、日本のスズメより、人を怖がらないような気がする。

カフェのテラス席にいると、スズメがすぐ近くまでやってくる。

そして「パンをくださいな ♪」と鳴くのである。

人が近づくと逃げる。
早朝にチュンチュン鳴いているけれど、歌えるほどの声ではない。

など、私にとってスズメは、どちらかというとマイナスイメージの強い鳥だった。

しかし意外とスズメは良い声でさえずる。

「 あれ? このカフェでは、小鳥を飼っているのかな?」と思うような。


鳥カゴで人に飼われているペットの小鳥を想像していると、その声の主はなんとスズメ。

「なんだ~キミが鳴いてたのですか!」と見直してしまう。

近くで見ると、スズメはだいぶ丸々としている。
私の頭の中にあるスズメ像より、特におなか周りがたっぷりとしているようだ。

フランス人と日本人に体格の差があるように、フランスのスズメと日本のスズメにも、平均的な体型に違いがあるのだろうか。

それとも私がたまたま目にした個体が、太り気味だっただけなのだろうか。






スズメ別のスズメ写真。
パレロワイヤルの噴水のオブジェの影で水浴び中。
近寄っても、逃げない。


 

パリのスズメ チュイルリー 公園内の池のそばに居たスズメ。

そーっと近づいて撮影。

やっぱり、ちょっと丸っこい気がする。

 

▲パリひとり旅日記 トップに戻る






おすすめの記事



▲このページの上部に戻る


パリ観光 メイン コンテンツ



サイト運営者のイベントや商品など

★一年ぶりに実施 >詳細はコチラ
perfect2017
★内田ユミの西洋美術史講座:初心者歓迎です
《4月30日までの申込みで追加特典あり》




▶︎「7枚の絵画」毎朝7時・7日間限定の 絵画メルマガ(登録無料)




kaigajunrei
▶︎西洋美術史講座|ネット配信版
「西洋美術史パーフェクトプログラム」の全収録映像を毎週配信・「今日の絵画」を毎朝配信(他多数)


プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側


メルマガ▶︎パリ旅行準備中の人のための無料メルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausa 美術サロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報