HOME > パリひとり旅日記 トップ > セーヌ川散歩



セーヌ川散歩

今、パリにいるんだなぁ〜と実感するのは、どんな時だろうか。
人によって違うだろうが、私の場合は、セーヌ川を見た時。市内を移動していれば、自然と目に入る機会が多いのだが、天気の良い日などは、意識的にセーヌ川を通過できるようなルートを選択する。

セーヌ川の両岸には、パリの見どころである建造物がたくさんあるが、セーヌ河岸そのもの(シェリー橋からイエナ橋の区間)もユネスコ世界遺産に登録されている。

両岸に集中する歴史的建造物を一気に見ることができる「クルージング」に参加するのもおすすめなのだが、のんびり楽しむつもりで岸を歩くのも、個人的にとてもおすすめ!


*関連する記事:パリの見どころ「セーヌ川クルージング」





セーヌ川のほとりで寛ぐ人

セーヌ川 ある9月の日曜日の午後。
川の両岸は、おしゃべりしながら歩いている人、ただ座ってぼーっとしている人、何か食べている人、などで賑わっている。

 

橋の上橋を渡って、向こう側へ渡ってみる。

この日は日曜日。橋の上では、芸をする人。
それを見ている親子連れ。

 
橋の階段階段に座っているのは、ほとんど皆カップルで、ほとんど皆、何か食べている。サンドイッチ、クレープ、アイスなど。
 

等間隔 京都の 知人から「鴨川・等間隔の法則」という話を聞いたことがある。

カップルが等間隔で場所をとるのは、セーヌ川でも同じらしい。

 

古本市(ブキニストBouquinistes)

ブキニストセーヌ川に浮かぶシテ島をはさんだ両岸には、古本市(ブキニスト)が出ている。


昔からあるパリ名物のひとつ。

遡れば16世紀後半、パリで最も古い橋「ポン・ヌフ」の両側で露天商が古本を売ったのが始まり。

上の屋根になっている部分は開閉式。

 

 

ブキニスト

当然ながら、フランス語の書物が多い。

よく分からないながらも、丹念に見ていると、中には知っていタイトルの小説が混じっていることも。



 

 

ブキニスト

形態としてはブキニストと似ているのだが、売っている商品はお土産ものというお店も多数。

エッフェル塔の置物やパリの風景を書いた絵、ステッカーなど。

 


▲パリ一人旅日記 トップに戻る





おすすめの記事



おすすめの市内観光 



  スポンサード リンク



▲このページの上部に戻る
VELTRA

パリ観光 メイン コンテンツ



サイト運営者のイベントや商品など


★一年ぶりに実施>詳細はコチラ
perfect2017
★内田ユミの西洋美術史講座:初心者歓迎です
《4月30日までの申込みで追加特典あり》




▶︎「7枚の絵画」毎朝7時・7日間限定の 絵画メルマガ(登録無料)




kaigajunrei
▶︎西洋美術史講座|ネット配信版
「西洋美術史パーフェクトプログラム」の全収録映像を毎週配信・「今日の絵画」を毎朝配信(他多数)


プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側


メルマガ
▶︎パリ旅行準備中の人のためのメルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausa 美術サロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報


  スポンサード リンク





サイト内検索