HOME > パリひとり旅日記 トップ > パリの眺望スポット



  スポンサード リンク



高いところから見てみよう(パリの眺望スポット)

歩道にも、車道にも、わけの分からないゴミがたくさん落ちているし、清掃車が流した水の跡もよく見かける。メトロの出口付近には、使い終わった切符がたくさん落ちている。木の植え込みには、土が隠れるくらいの吸殻。犬たちの落し物は、以前よりは減ったらしいが、それでもよく見かける。

パリという都市に、あまりにも大きな夢と憧れを抱いて渡航すると、激しく幻滅することになりかねないくらいに、街はゴミゴミとして 汚れている。 パリは、「清潔さ」という意味においては、到底きれいとは言えない。

では どういう意味なら、きれいと言えるか。
それは、造形である。約150年前、19世紀後半の ナポレオン3世とセーヌ県知事オスマンによる都市大改造により、パリは機能的で美しい近代都市に生まれ変わった。

造形の美しさは、特に高いところから見下ろす時、強く実感する。
小さなゴミが目に入らない分、造りそのものに意識を集中できる。建物は、色・形が揃い、通り沿いにぴったり整列するように並んでいる。建物と建物の間に植えられた木々は、緑色のラインとなり、白い街の中で、優雅なアクセントになっている。区画は規則正しく、そして滑らかな形に上手に組み合わされている。

街を歩くときは、上から見下ろす時のような感慨を得る代わりに、街並が持つ心地よいリズムを感じることが出来る。一度でも高い位置からの景観を見ておくと、歩きながら漠然と感じられる美しさの理由を、直感的に理解出来るようになる。


エッフェル塔からの眺め Tour Eiffel 

エッフェル塔からの眺め 一番のおすすめは、エッフェル塔の展望台からの眺め。
市内にいくつかある眺望スポットの中でも、最も高い位置からパリを見渡すことができる。
圧倒的な高さからの眺めは、飛行機で離陸している最中のようだと思う。
 
エッフェル塔からの眺め

マッチ箱で出来た家が整列しているみたい。

「パリってこんなにきれいな街だったのか〜!」と感激する。
エッフェル塔の展望台は、いつも激しく混雑しているけれど、長い列に並んででも登る価値はあると思う。高所恐怖症でない方には、一押しのおすすめスポット。

*関連する記事:エッフェル塔に登ってみよう

 

 <おすすめ オプショナルツアー>
☆優先的に入場でき、第1・2展望台と頂上部分まで自由見学できるチケット。スムーズに登れます!
エッフェル塔入場チケット<午前/午後>|オプショナルツアー予約専門サイトAlan1.net icon

 

凱旋門からの眺め Arc de triomphe de l'Etoile

凱旋門からの眺めエッフェル塔の展望台に続いて おすすめなのが、エトワール凱旋門からの眺め。

凱旋門から放射状に伸びる12本の大通りは、パリ大改造時に整備され、現在のパリの原型となった。
凱旋門の上に登ると、ぐるりとパリを見渡すことが出来る。
 
凱旋門からの眺め高さでは、エッフェル塔の展望台には及ばないけれど、パリの形状を体感するには適した場所。


*関連記事:凱旋門に登ってみよう
 
 

ノートルダム大聖堂の塔からの眺め Cathédrale Notre-Dame de Paris

ノートルダム大聖堂 ノートルダム大聖堂(Cathédrale Notre-Dame de Paris)はローマ・カトリック教会の大聖堂。ゴシック建築を代表する建物である。シテ島にある「パリのセーヌ河岸」という名称で、周辺の文化遺産とともに世界遺産に登録されている。

ノートルダムとはフランス語で「私たちの貴婦人」、つまり聖母マリアを指している。現在でもパリ大司教座聖堂として使用されている。信仰の場であるとともに、世界中から観光客が訪れる所でもある。

大聖堂の塔は、 眺望スポットとしても外せない。 400段近い、狭い螺旋階段を登って行く。 内部は狭くて急なため、常に入場を制限しているので、塔の入り口には長い列が出来ていることが多い。写真で向かって左側にまわると、棟へ登る入口がある。
(*聖堂内には無料で入れるが、塔に登るのは有料。)

 
ノートルダム大聖堂からの眺め ノートルダム大聖堂は、セーヌ川に浮かぶシテ島にある。
棟に登ると、ほぼ真下にセーヌの流れを見ることが出来る。その点で、ここは 他の眺望スポットと一線を画している、と言えると思う。
セーヌを近くで眺める時、多くの人が、今自分がパリに居るということを より強く感じられるからだ。
 
ガルグイユ もうひとつの見どころは、これ「ガルグイユ」(英語ではガーゴイル)。

中世以降の西洋の建築に見られる怪物の彫刻で、装飾的な見た目に反して、雨水の排出口という機能的な役割を持っている。

ノートルダム大聖堂には、姿の異なるガルグイユが何体もいて、こんな風に じっとパリを見つめている。

考え事をしている風情がなんともいい感じ。
 

サクレクール寺院の塔からの眺め Basilique du Sacré-Cœur

サクレクール寺院モンマルトルにそびえる白亜の大聖堂「サクレクール寺院」。

あまり知られていないようだが、ここもノートルダム大聖堂のように、建物側面のある階段から登ることができる。

(*聖堂内には無料で入れるが、塔に登るのは有料。)

 
サクレクール寺院からの眺め観光客でにぎわう広場を見下ろすことができる。
聖堂の高さとしては、それほどでもないものの、モンマルトル自体が丘なので、パリを見渡す眺めは素晴らしい。

*関連する記事:パリの見どころ「モンマルトル」

 

 

サクレクール寺院からの眺め塔の一部を間近に見ながら、見下ろす景色。

地上の様子も、どうにか分かる程度の距離で、観光客が行き交う様子も見える。

 

 

サクレクール寺院からの眺め ノートルダム大聖堂やエッフェル塔のような混雑もなく、静かにパリを見下ろせる場所。


モンマルトルが、下町情緒溢れる地域であることから、ノスタルジックな気分も味わえる。

エッフェル塔などとは少し違った意味で、おすすめの眺望スポット。

 

▲パリひとり旅日記 トップに戻る






関連する記事



▲このページの上部に戻る
VELTRA

パリ観光 メイン コンテンツ



サイト運営者のイベントや商品など


★一年ぶりに実施>詳細はコチラ
perfect2017
★内田ユミの西洋美術史講座:初心者歓迎です




▶︎「7枚の絵画」毎朝7時・7日間限定の 絵画メルマガ(登録無料)




kaigajunrei
▶︎西洋美術史講座|ネット配信版
「西洋美術史パーフェクトプログラム」の全収録映像を毎週配信・「今日の絵画」を毎朝配信(他)



プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側



メルマガ
▶︎パリ旅行準備中の人のためのメルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausa 美術サロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報


  スポンサード リンク





サイト内検索