HOME > パリの見どころ トップ > セーヌ川クルージング 



  スポンサード リンク



セーヌ川クルージング

パリの観光で、年代・性別問わず、ぜひおすすめしたいのが「セーヌ川クルージング」です。
「船に乗る」ことで、歩き回る見学が多くなりがちなパリの観光に、大きく変化をつけられます。

バトーパリジャン 座ったままで一気に見どころを制覇できるのも魅力です。
パリの中心を横切るセーヌ川の両岸には、パリの見どころが集中しています。ノートルダム大聖堂や、エッフェル塔など、地上とは違った角度で眺めると、印象も新たになります。

セーヌ川に架かるたくさんの橋も見もの。アレクサンドル3世橋や、ポンヌフ、芸術橋など有名な橋もたくさんあります。橋の側面を間近で見ることが出来るのは、船に乗っているときだけです。

気候が良ければ、オープンデッキで緩やかな風を受けましょう。最高に贅沢な時間を過ごせます。

クルージングには、食事つきのもの、食事のつかない短時間のもの、遊覧船ではなく交通手段の一つである水上バス、などいくつか種類があります。

食事つきに関して、経験者に話を聞くと「食べるのと見るのと、どっち付かずになってしまう」、「食事は美味しいけど、ものすごく美味しいというほどでもない」などの意見があります(美味しいかどうかは、各社で違いがあるかと思いますが…)。それでも一度は、ディナークルーズを経験してみたいと、私は思っています。

私が乗ったことがあるのは、ポンヌフからスタートして1時間で周遊するもの(ヴデット・デュ・ポンヌフ/Vedettes du Pont Neuf)。所要時間1時間というのは短い方ですが、それでも充分過ぎるほど楽しめて、深く印象に残っています。


セーヌ川クルーズ・各社情報まとめ

一般的に有名なもので、公式HPに日本語のページがあるものを中心にピックアップしました。
個人で行く人は、サイト内の情報を確認してください。

チェックバトー・ムッシュ/Bateaux Mouches http://www.bateaux-mouches-japon.com/
セーヌ川クルーズと言ったら、バトー・ムッシュが一番有名かも。ディナークルーズ、ランチクルーズあり。船は2階建て。2階はオープンエアになっていて、見晴らしは特に良好。乗り場はアルマ橋のたもとから。
上記サイト内のおすすめページ「パリ橋ものがたり」http://www.bateaux-mouches-japon.com/topics/topics.html セーヌに架かる橋の解説ページ。面白いので出発前に一読を!
*下記写真(1)

チェックバトー・パリジャン/Bateaux Parisiens http://www.bateauxparisiens.com/
バトー・ムッシュと同じコースを運行。船は1階建てでガラス張り。こちらも、ディナークルーズ、ランチクルーズあり。乗り場はイエナ橋のたもとから。
*下記写真(2)

チェックヴデット・デュ・ポンヌフ/Vedettes du Pont Neuf http://www.vedettesdupontneuf.com/(英・仏語のみ)
船は小さめ。他の大型船に比べると、より水面近くを走る。クルージング好きの方には楽しいと思うのだが、景色を見るには位置が低いとの意見もあり。発着はポンヌフのたもとから。1時間でさくっと戻って来られるので、気軽に乗れる。
ネットで割引券を印刷して持って行くと、2ユーロ引いてもらえる。さらに予約すると5ユーロ引き。
http://www.vedettesdupontneuf.com/billet_en.php
*下記写真(3)

チェックバトービュス/Batobus http://www.batobus.com/
*写真3 セーヌ川を走る連絡船。遊覧船ではないが、セーヌ河岸の主要な見どころを押さえているので、観光にも便利。8つの発着所があり、1日パスがあれば何度でも乗り降り自由。2日パス、5日パス、1年パスもあり。 夏期は20分間隔で21:30まで運行、冬期は25分間隔で17:00まで運行。
*下記写真(4)



船を写真で見てみよう

船を見かけると、なぜか撮影したくなる私…。

セーヌ沿いを歩いていて、船に遭遇したら、橋の上から手を振ってみてください。
ほぼ例外なく、みんな楽しそうに手を振りかえしてくれますよ!

バトームッシュ バトームッシュ乗り場
(1)バトー・ムッシュ。400〜600人乗船可能の大型船。 乗り場はアルマ橋のたもとから。

ヴデットデュポンヌフ ヴデットデュポンヌフ

(3)ヴデット・デュ・ポンヌフ。私が乗ったのはこれ!
上のバトームッシュと比べるとかなり小さめ。

乗り場はポンヌフのたもとから。


バトーパリジャン バトービュス
(2) シャッタースピードが遅くて分かりにくい写真ですが
多分、バトー・パリジャンのディナークルーズ。

(4) バトービュス。遊覧船というより交通機関。
でも観光にも使えます。


ツアーの利用について

クルージングだけのもだけでなく、食事とセットになったものや、ナイトショーとセットになっとものなど多彩なプランがあります。ディナークルーズを利用する場合は、帰りが遅くなるので、ホテルまでの帰り方を考えておく必要があります。安全に帰れる地区に宿泊しているなら問題ないのですが、そうでない場合は、終了後に送ってくれるツアーを利用する方が安心です。

ディナークルーズのツアーはたくさんあるので、検討してみてください。


セーヌ川ディナークルーズ|フランス 観光・オプショナルツアー予約専門サイトAlan1.net icon
セーヌ川ランチクルーズ|フランス 観光・オプショナルツアー予約専門サイトAlan1.net icon
セーヌ川 遊覧クルーズ|フランス 観光・オプショナルツアー予約専門サイトAlan1.net icon

「Alan1.net」は海外オプショナルツアーを予約できる現地ツアー専門サイト。ナイトツアー、ディナー、ランチとセットになったもの、遊覧と市内観光がセットになったものなど複数のパターンがあります。

食事を自分で手配しなければならない自由行動の日にディナークルーズを申し込む、あるいは、午後から移動なので午前の遊覧に申し込む、など日程に応じて選びましょう。



ヴデット・デュ・ポンヌフに乗ってみた

「ヴデット・デュ・ポンヌフ」に乗船したときの写真をご紹介します。
食事無し・1時間ほどで戻って来ます。
料金も安めですし、気軽に乗れるので、 おすすめです。

ポンヌフ出航は、ポンヌフのたもとから。
観光の途中で行きやすいところにあります。
セーヌ川8月下旬、19:00出発のクルーズでした。
まだまだ日は高いけれど、光にはかすかに夕方の気配が混じっています。
セーヌ川岸沿いに停泊している船は住まいです。
セーヌ河川上で生活する人々がいるのです。観光客向けの宿泊プランも見たことあります。
パリプラージュ 「パリ・プラージュ」は、セーヌの岸に作られた人工の砂浜。 パリの人々が夏を楽しむ場所です。
オルセー美術館船から見た「オルセー美術館」です。
大きい建物なので、道路沿いに立ってしまうと、全景が見えにくいですが、船から見るとよく分かります。

ノートルダム大聖堂船から見た「ノートルダム大聖堂」です。正面の姿とは違った印象です。

ノートルダム大聖堂の場合、建物を側面から支える梁(飛梁)が特徴で、この技術のおかげでゴシック様式が発展したと言われています。船から見ると、梁の様子がよく分かります。

芸術橋芸術橋(ポンデザール)。
この橋は歩行者専用の橋です。
アレクサンドル3世橋アレクサンドル3世橋。
最も豪華な橋として有名です。
アレクサンドル3世橋アレクサンドル3世橋のアップ。
橋の側面の装飾がよく見えるのも、船に乗ったときだけです。

エッフェル塔船から見たエッフェル塔。
この位置から見上げるエッフェル塔もステキでした。


真夏でしたが、夕方の風に1時間も吹かれていると 寒くなりました。オープンデッキの場合は、夏でも羽織れるものが必要です。

ディナークルーズの人は、キレイな服装で行きましょう。


▲パリの見どころ トップにもどる





おすすめの記事

ひとり旅日記「セーヌ川散歩」
ひとり旅日記「映画(リバイバル)ポンヌフの恋人を見て」

旅行準備「パリのエリア別おすすめホテル」

高いところから見てみよう「パリの眺望スポット」
姉妹サイト「パリのメトロ乗り方ガイド」




 スポンサード リンク



▲このページの上部に戻る
VELTRA

パリ観光 メイン コンテンツ



サイト運営者のイベントや商品など


印象派セミナー
★早割対応中【2月28日まで】



▶︎「7枚の絵画」毎朝7時・7日間限定の 絵画メルマガ(登録無料)




kaigajunrei
▶︎西洋美術史講座|ネット配信版
「西洋美術史パーフェクトプログラム」の全収録映像を毎週配信・「今日の絵画」を毎朝配信(他多数)


プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側


メルマガ
▶︎パリ旅行準備中の人のためのメルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausaまんがサロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報


   スポンサードリンク





サイト内検索