パリ旅行 トップ > ヴェルサイユ宮殿を訪ねて トップ > トイレ事情



  スポンサード リンク



トイレ事情について考える


PR : オプショナルツアーを利用するなら・・
ヴェルサイユ宮殿 半日観光ツアー|フランス 観光・オプショナルツアー予約専門サイトAlan1.net icon
パリ発のツアーで、午前・午後、ガイド有無など、複数のパターンがあります。価格も良心的です。



海外旅行におけるトイレ事情は、とても大事な情報だと思う。
だから、あまりキレイな話ではないのだが、感じたことを書いておこうと思う。

 
 * * * * *


ヴェルサイユ宮殿は、フランス絶対主義における権力と財力の象徴である。華やかで、きらびやかなイメージが先行する。


ヴェルサイユ宮殿の庭しかし、当時の生活は現代人の感覚からすると清潔とはいえないものだったという話は、どこかで耳にしたことがあるという人も多いだろう。

入浴は習慣的な行動ではなかったし、トイレは宮殿に住む人の数に対して極端に少なかった。

「ヴェルサイユ宮殿にはトイレが無かった」という解説もたまに見かけるが、どうやら全く無かったわけではないようだ。しかし圧倒的に数が不足していたので、庭かあるいは宮殿内のひとけのない回廊などで済ませるのが普通だった。

王や王妃には、いわゆるオマルのようなものがあって、中身は従者が庭に捨てに行った。噴水のまわりなどは、格好の捨て場所だったそうである。それを考えると、この美しい庭園にも、また違った趣が出てくる。


それでも、緑の多いヴェルサイユは、パリに比べるとまだ良かったという。



革命前のパリ。
人口は増え続けていた。ヴェルサイユのように、自然の浄化に頼ることはできない。上下水道は整わず、洗濯、入浴なども含めて、頼みの綱はセーヌ川のみ。
ちなみに、入浴は滅多にしない、という庶民も多かったそうだ。


トイレは配管から流す(落とす)システムだが、もちろん水洗ではなく、しょっちゅう詰まる。トイレの悪臭は凄まじかったらしく、便座に長く腰掛けていると、あがってくる臭気が体内に悪影響を及ぼし、病気になると思われていた。家の前の道路に普通に流していた、という解説もよく目にする。


街全体に漂うあれやこれやの臭気で、ヴェルサイユから移動してくると、臭いでパリに入ったことが分かるほどだったという。



ベルサイユ宮殿の庭もちろん現在は、パリもヴェルサイユもそんな状況ではない。
ないのだが、しかし・・!

ヴェルサイユ宮殿のトイレの少なさには、伝統というか、昔の名残のようなものを感じる。

例えば日本では、歴史的観光施設でもテーマパークでも、トイレを探すことはとても簡単である。

少し歩けば次のトイレが現れるし、多くの人が集まるところであれば、個室の数もそれなりに多い。トイレがなくて困ったという話は、昨今あまり聞かない。


ヴェルサイユ宮殿内は、ガイドブックなどにも注意書きが載っているが、本当にトイレが少ない。あらかじめ少ないと聞いていたので、トイレがあったら とりあえず入っておくことにしようと思っていたのだが、やっと見つけたトイレには 常に長い列が出来ていて、見た瞬間にスルーしたくなる。


人が多くいるのに数が少ないのだから、混雑は当然である。トイレという施設そのものが少ないうえ、規模も小さい。個室が2つとか。一般家庭じゃないんだから、と突っ込みたくなる。


一応これでも増設したらしいのだが、どうせ増やすなら、いっそのこと日本の高速道路のサービスエリアで見かけるくらいの、個室が何十個もずら〜っと並んでいるトイレを宮殿内にも庭園にも、何カ所か作っちゃえばいいのに!と思う。

世界に名だたる観光地で、毎日多くの人が訪れるのに、もうこれ以上トイレを増やす気はないのだろうか。



何か事情があるのかもしれない、とは思う。
簡単には事が運ばない、色々な要素が絡み合った、トイレ増設を阻む複雑な要因が。

または、混んではいるけど どうにかなってるので、トイレなんてこれ以上は必要無し!という感覚なのかもしれない。


結局のところ、ヴェルサイユ宮殿において現在もトイレが少ない理由について、真相は分からない。
だが、この傾向がヴェルサイユに限らず、パリの施設でも同様であることを思うと、やはり根本に、トイレなんてたくさん設置するものではない、という考えがあるような気がしてならない。



▲ヴェルサイユ宮殿を訪ねて トップに戻る





おすすめの記事


  スポンサードリンク



▲このページの上部に戻る


パリ観光 メイン コンテンツ



サイト運営者のイベントや商品など



印象派セミナー
★パリの美術館巡りを充実させたい 皆さまへオススメ受講受付中



▶︎「7枚の絵画」毎朝7時・7日間限定の 絵画メルマガ(登録無料)




kaigajunrei
▶︎西洋美術史講座|ネット配信版
「西洋美術史パーフェクトプログラム」の全収録映像を毎週配信・「今日の絵画」を毎朝配信(他多数)


プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側


メルマガ▶︎パリ旅行準備中の人のための無料メルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausaまんがサロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報





サイト内検索