パリ旅行 トップ > ヴェルサイユ宮殿を訪ねて トップ > プチトリアノン〜宮殿



  スポンサード リンク



プチトリアノンから宮殿に戻る


PR : オプショナルツアーを利用するなら・・
ヴェルサイユ宮殿 半日観光ツアー|フランス 観光・オプショナルツアー予約専門サイトAlan1.net icon
パリ発のツアーで、午前・午後、ガイド有無など、複数のパターンがあります。価格も良心的です。



プチトリアノンで「愛の殿堂」や「音楽のサロン」の見学を終えて、時計を見ると3時半をまわっていた。

3時半。まだまだ日は高く、見学を続けることが可能な時間帯である。
予定では、この後「王妃の農村」まで足を運ぶつもりでいた。マリーアントワネットが作らせた疑似農園である。

手元の地図を見ると、愛の殿堂や音楽のサロンのある地点から、王妃の農村は少し離れているようだ。

歩けないほどの距離ではなかったのだが、この時は本当に疲れていた。

それでも、王妃の農村へ行くだけなら、行けないことはなかったはずである。
「せっかくヴェルサイユまで来たのだから、もう少し頑張ってみようか? 」とも思った。

だが、ここで全ての体力と気力を使い果たすわけにはいかない。家に帰るまでが遠足なのだ!



プチトリアノン部屋に戻るまでには、長い道のりがある。

音楽のサロン地点から、プチトランの乗り場まで歩いて戻り、そこから宮殿までプチトランで戻る。
お土産売り場にも立ち寄りたい。


そして宮殿から、ヴェルサイユ・リヴ・ドロワ駅まで20分歩く。ヴェルサイユ・リヴ・ドロワ駅からパリまでは列車で30分。さらにパリからメトロを乗り継いで滞在する部屋まで帰るのだ。
電車では座れるかどうかも分からない。

不慣れな土地で一人で移動することを考えると、万が一、不測の事態に陥ったときに、正常な判断が出来るくらいの余力は残しておかなければならない。


そう考えて、この日の見学はここで終わりにすることにした。


プチトリアノンの建物の中も見ていない。グラントリアノンにも行っていない。

王妃の農村も、出来ることなら、見たかった。見たいものがたくさん残っている。
どっちみち、残り時間で見たいもの全てを見ることは不可能だ。


プチトリアノンまた、来よう。

いつになるか分からないけど、またきっと、ヴェルサイユに来よう。
今日見られなかったところは、今度来るときの楽しみに残したと思うことにしよう。

写真もたくさん撮った。
フル充電してきたデジカメは、電池マークが残り1コの点滅状態になっていた。

もう充分楽しんだ。
私は、プチトリアノンを後にした。





▲ヴェルサイユ宮殿を訪ねて トップに戻る





おすすめの記事


▲このページの上部に戻る


パリ観光 メイン コンテンツ



サイト運営者の商品や無料メルマガ


7kaiga
▶︎毎朝7時・7日間配信の 無料メルマガ


kaigajunrei
▶︎西洋美術史ネット配信プログラム
360日にわたって西洋美術史講座の全収録映像を週1回のペースで配信|30日間お試し1,700円


プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側


メルマガ▶︎パリ旅行準備中の人のための無料メルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausaまんがサロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報



サイト内検索