パリ旅行 トップ > ヴェルサイユ宮殿を訪ねて トップ > プチ・トリアノン



  スポンサード リンク



プチ・トリアノン Petit Trianon (マリー・アントワネットの離宮)


PR : オプショナルツアーを利用するなら・・
ヴェルサイユ宮殿 半日観光ツアー|フランス 観光・オプショナルツアー予約専門サイトAlan1.net icon
パリ発のツアーで、午前・午後、ガイド有無など、複数のパターンがあります。価格も良心的です。



「プチ・トリアノン」は、別名「マリー・アントワネットの離宮」とも呼ばれる。そのせいか、マリー・アントワネットが造ったと思われがちだが、もともとは、ルイ15世の 愛妾 ポンパドゥール夫人の発案で造られた離宮である。 ルイ16世の即位してから 妻のマリー・アントワネットに贈られた後、アントワネットが自分の好みに改装を重ね、好んでここに滞在した。


建物は、グラン・アパルトマン(メインの宮殿)や、グラン・トリアノンと比べると、小さめ(と言っても、決して狭いわけではないけれど)。

 

宮殿内の「王妃の居殿(公開出産をしたあの部屋)」と、プチ・トリアノン内の愛らしい内装の部屋を比較すると、明らかに傾向の違いが感じられる。マリー・アントワネットは、こんな雰囲気が好きだったんだな、と感じることができ、それだけでも興味深い。


個人入り口 門の向こうに見える建物が、「プチ・トリアノン」、別名「マリーアントワネットの離宮」です。
横に、建物入口があります。


個人入り口 2階。控えの間。ダイニングへ続く待合室です。白を基調に、植物を象った美しい装飾が施されています。

ここに、私たちにも馴染みのある肖像画がかかっています。下に拡大してみます。



肖像画この作品を描いたのは、「ビジェ・ルブラン」。マリーアントワネットと同年代の女性画家です。

現在 私たちが目にする、アントワネットの肖像画は、ほとんどが ルブランの作品です。



個人入り口 館内はフラッシュが使用できず、暗い写真になってしまいましたが、寝室です。
カーテンも、ベッドカバーも、お揃いの白地に小さな花模様です。


宮殿のベッドベッド写真左は、メインの宮殿にあった王妃の寝室のベッドです。
羽飾りのついた黄金のベッドと、愛らしいプチ・トリアノンのベッドを 比べると、ここでホッと一息つきたかったアリー・アントワネットの気持ちも想像できるような気がします。



個人入り口 みんなで集まって、音楽やゲームを楽しむ部屋。プチ・トリアノン全体の中で、ここが中心となる場所です。
大きな暖炉を中心に、楽器が配置されています。カーテンや家具の織物には、フランス王家の紋章である白ユリ、ギンバイカ(銀梅花・古代には愛と栄光の象徴とされた)などがあしらわれています。


個人入り口 建物内の一画には、映像でヴェルサイユや歴史について学ぶコーナーもありました。


個人入り口 厨房だった場所です。
大きな窯や、調理器具、食器などの展示もありました。


個人入り口 建物の中から入口方向を見た図。
小さな敷地とは言っても、建物からの門までは、だいぶ距離があります。

ちょっとした貴族のお屋敷より、広いです。



個人入り口 出口。ここを出て、愛の神殿の方に向かいます。さらにその先まで進むと、王妃の農村(アモー)に辿り着きます。


個人入り口 門の前に、移動のためのプチ・トラン(ミニトレイン)の乗り降り場があります。
グラン・トリアノンへの移動、また宮殿への帰りに利用します。
歩いても行けないことはないですが、おすすめはしません!

 

プチ・トランでの移動について




管理人の おすすめの ☆ 現地ツアー
【20名限定】ヴェルサイユ宮殿の裏側を巡るVIP ツアー(英語ガイド) icon
プライベートガイドの案内で、一般には公開されていない部屋を見学できる 20名限定のツアーです 。

(ルイ16世の図書室、ロイヤルダイニングホール、オペラハウス、娯楽室など) 個人では入れないところを案内してもらえるので、非常に利用価値が高く、特にリピーターの方にはおすすめです!【 終日/フレンチの昼食付き】

その他の現地ツアー 一覧(人気順) → ヴェルサイユ宮殿観光ツアー icon




▲ヴェルサイユ宮殿を訪ねて トップに戻る






おすすめの記事




▲このページの上部に戻る
VELTRA

パリ観光 メイン コンテンツ



サイト運営者のイベントや商品など


★一年ぶりに実施>詳細はコチラ
perfect2017
★内田ユミの西洋美術史講座:初心者歓迎です
《4月30日までの申込みで追加特典あり》




▶︎「7枚の絵画」毎朝7時・7日間限定の 絵画メルマガ(登録無料)




kaigajunrei
▶︎西洋美術史講座|ネット配信版
「西洋美術史パーフェクトプログラム」の全収録映像を毎週配信・「今日の絵画」を毎朝配信(他多数)


プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側


メルマガ
▶︎パリ旅行準備中の人のためのメルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausa 美術サロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報


  スポンサード リンク





サイト内検索