パリ旅行 トップ > ヴェルサイユ宮殿を訪ねて トップ > グラン・トリアノン 



  スポンサード リンク



グラン・トリアノン


時間に余裕があれば、宮殿(グラン・アパルトマン)だけでなく、ぜひ離宮の見学もすることをおすすめする。

宮殿から庭に出たら、宮殿の北側にある プチ・トラン(移動用の列車)の乗り場へ向かおう。 プチ・トランを使わずに、離宮地帯まで歩いて行くことも可能ではあるが、相当な距離がある。乗車賃(6.9ユーロ)を払い、順番待ちの人の列に並んで待つことになるとしても、プチ・トランを利用した方が良いと思う。
*関連する記事:プチ・トランで庭園内を移動する


★グラン・トリアノンとは?

グラン・トリアノンは、ルイ14世が愛人マントノン夫人と過ごすために作った離宮である。宮廷の公務を離れ、リラックスするための別邸であった。

革命後には、ナポレオン1世が住居として使用している。 現在の調度品や内装などは、ルイ14世時代のものではなく、ナポレオン時代のものである。

現在は、迎賓館としての役割を担っており、国賓を招いての晩餐会などが催される。

豪華な調度品を備えた部屋や、バラ色の大理石の美しい回廊、花で埋まった中庭など、規模は宮殿(グラン・アパルトマン)と比べると小さいものの、見どころはたくさんある。しかも、グラン・アパルトマンほど観光客で混雑していないので、ゆっくりと見学でき、静かな時間を過ごせる。





grandtrianon

グラン・トリアノン 入口




grandtrianon

「Salon de Glaces」鏡の間 ここにも鏡装飾の部屋が!
大きなフランス式窓と鏡が特徴の明るい部屋。
室内の装飾デザインを手がけたのは、マリー・アントワネット。
ナポレオン時代には閣議の際に使用された。




grandtrianon

「Chambre de l'Impératrice」皇后の部屋


ナポレオンの妻「マリー・ルイーズ」の寝室。
ルイ14世時代には、王の寝室だった。




grandtrianon

「Salon de la Chapelle」チャペルの間




grandtrianon

「Antichambre des Seigneurs」控えの間




grandtrianon

「Salon Rond」円形サロン




grandtrianon

「Salon de famille de l'Empereur」皇帝一家の間





grandtrianon


「Salon de Musique」音楽の間
音楽の間?どう見てもビリヤード台なんだけど……
と思ったら、後に「ビリヤードの間」になったのだという。





grandtrianon

「Salon de famille du roi Louis-Philippe」ルイ・フィリップ王一家の間




grandtrianon

「Salon de Malachites」マラカイトの間
 


grandtrianon

この緑の石がマラカイト(和名は「孔雀石」)。
こんな大きなマラカイト、初めて見た!





grandtrianon

「Galerie des Cotelle」




grandtrianon


ルイ14世の発案で作られたという回廊。マンサール(ルイ14世の主席建築家)の設計による、バラ色の大理石で出来た列柱が美しい。通称「大理石のトリアノン」とも言われる。

床の模様にも目を奪われる。特徴的なこの回廊は、ガイドブックでもよく写真を見かける。
宮殿(グラン・アパルトマン)は、いつも大混雑しているが、グラン・トリアノンまで来ると、それほどの

混雑はない。

人の流れが止むのをしばらく待って、観光客の入らない写真を撮影!




grandtrianon

庭に降りて、回廊の方を見て撮った写真。




grandtrianon


グラン・トリアノン前のプチ・トラン乗り場から見た様子。
こうして見るとかなり大きい。グラン・トリアノンというだけあって。




▲ヴェルサイユ宮殿を訪ねて トップに戻る






おすすめの記事



▲このページの上部に戻る
VELTRA

パリ観光 メイン コンテンツ



サイト運営者のイベントや商品など

★一年ぶりに実施 >詳細はコチラ
perfect2017
★内田ユミの西洋美術史講座:初心者歓迎です
《4月30日までの申込みで追加特典あり》




▶︎「7枚の絵画」毎朝7時・7日間限定の 絵画メルマガ(登録無料)




kaigajunrei
▶︎西洋美術史講座|ネット配信版
「西洋美術史パーフェクトプログラム」の全収録映像を毎週配信・「今日の絵画」を毎朝配信(他多数)


プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側


メルマガ▶︎パリ旅行準備中の人のための無料メルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausa 美術サロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報



  スポンサード リンク





サイト内検索