パリ旅行 トップ > ヴェルサイユ宮殿を訪ねて トップ > 音楽のサロン



  スポンサード リンク



音楽のサロン(プチトリアノン)


PR : オプショナルツアーを利用するなら・・
ヴェルサイユ宮殿 半日観光ツアー|フランス 観光・オプショナルツアー予約専門サイトAlan1.net icon
パリ発のツアーで、午前・午後、ガイド有無など、複数のパターンがあります。価格も良心的です。



庭園の中にある池を見下ろす位置に建っているのが、「Belvedere/ベルヴェデール亭」である。
別名「Salon de Musique/音楽のサロン」と呼ばれている。


べルヴェデール亭池の向こうに不思議な形をした建物が見える。角張った形をしている。
あまり大きくはなさそうだ。


プチトリアノンの池その建物を目指し、池の淵に沿って緩い丘を登っていく。

振り返ると、様々な種類の木々が繁っている。なかなか辿り着けなくて、ここだけでも、相当な広さを感じる。


べルヴェデール亭入口を守るスフィンクス。大きさといい、2頭対になっているところといい、なんとなく日本の神社にいる狛犬を連想した。
でも雰囲気は洋風。洋風狛犬。


べルヴェデール亭人工的に作られた池を見下ろす小高い丘。

その丘に建つ八角形のあずまやは、夏の間の休息に使われ、音楽をテーマにしたインテリアで飾られていた。

中をのぞいてみると、優雅で可愛らしい感じ。



べルヴェデール亭音楽のサロンも、愛の殿堂と同じく、ミックが設計している。

「Le belvédère ou
Salon de Musique」
Richard Mique



▲ヴェルサイユ宮殿を訪ねて トップに戻る





おすすめの記事


▲このページの上部に戻る
VELTRA

パリ観光 メイン コンテンツ



西洋美術史講座/イベント


7mai-kaiga
▶︎「7枚の絵画」2017 X'mas 限定版
クリスマスプレゼント企画:無料メルマガ配信
12.15(金)〜21日(木)


絵画巡礼
▶︎絵画巡礼:オンライン西洋美術史講座
この絵の意味が分かったら?美術館がもっと楽しめるのではないかと思っているあなたへ





プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側


メルマガ▶︎パリ旅行準備中の人のための無料メルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausa 美術サロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報


  スポンサード リンク





サイト内検索