パリ旅行 トップ > ヴェルサイユ宮殿を訪ねて トップ > 戦争の間のレリーフ



  スポンサード リンク



戦争の間のレリーフ


PR : オプショナルツアーを利用するなら・・
ヴェルサイユ宮殿 半日観光ツアー|フランス 観光・オプショナルツアー予約専門サイトAlan1.net icon
パリ発のツアーで、午前・午後、ガイド有無など、複数のパターンがあります。価格も良心的です。



順路の通りに進んでいくと、鏡の回廊の手前にあるのが「戦争の間」である。
そして鏡の回廊を挟んで向こう側には「平和の間」がある。

「戦争の間」「鏡の回廊」「平和の間」は一体をなし、ルイ14世の偉業を称える装飾で埋め尽くされている。



戦争の間のレリーフ写真は、「戦争の間」の壁である。
暖炉の上の部分は、楕円形をした化粧漆喰のレリーフで飾られている。


これは、オランダ戦争のライン河越えの時のルイ14世の姿を、ローマ皇帝の姿で描いたものだ。

このレリーフ、「ベルばら」ファンの方の中には、見覚えがある方もいらっしゃるだろう。

漫画「ベルサイユのばら」の終盤、それまで肖像画など決して描かせなかったオスカルが、まるで死期を感じ取ったかのように、自らの肖像画を画家に依頼するシーンがある。
画家が描いたのは、幼い頃のオスカルだった。
遠い昔、オーストリアから嫁いできたばかりのマリーアントワネットの護衛についていた頃のオスカル。
画家のセリフ「サファイヤの瞳をした、まばゆいばかりに美しかったあの日の少年近衛兵は、今ここにいらっしゃるオスカル様、あなただったのですね!」
……という展開。

ベルばらのストーリーの中で、出来上がったその肖像画のオスカルのポーズが、このレリーフとほぼ同じなのである。手元に漫画を持っていらっしゃる方は、見比べて見ていただきたい。文庫本バージョンなら、4巻の終わりから4分の1くらいのところである。

右手の位置が違うし(オスカルは剣を振り上げている)、甲冑のデザインもオスカルの方が格段に豪華だし、レリーフにあるような背景は漫画にはないのだけれど、見れば「あ!オスカル様だ!」と思うくらいには似た構図をしている。

ただ顔がね……大きく違うけど。まーあれは漫画だもんね……。
っていうか、これ、ルイ14世だから。
すっかりオスカルを見ているような気分になってしまったが、これはオスカルではない。


そんなことを考えながら、混雑の中、しばらく立ち止まってこのレリーフを見上げていたら、通りかかった日本人観光客が、「あ!これこれー!オスカルの肖像画!」と言っていた。

だからー、オスカルじゃないってばー。


「戦争の間」、ベルばらファンには見逃せないスポットのひとつである。


戦争の間のレリーフ

少し斜めの方向から見ると、レリーフの立体感が良く分かる。
今にも、壁から飛び出してきそうである。


戦争の間のレリーフ

オスカル様……ではなくて、ルイ14世。


戦争の間のレリーフ

レリーフの下の暖炉は、浅浮き彫りで塞がれている。
国王の歴史を記述する女神クリオ




▲ヴェルサイユ宮殿を訪ねて トップに戻る





おすすめの記事


▲このページの上部に戻る
VELTRA

パリ観光 メイン コンテンツ



サイト運営者のイベントや商品など


▶︎「7枚の絵画」毎朝7時・7日間限定の 絵画メルマガ(登録無料)




kaigajunrei
▶︎オンラインの西洋美術史講座「絵画巡礼」
「西洋美術史パーフェクトプログラム」の全収録映像を毎週配信・「今日の絵画」を毎朝配信(他)


プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側


メルマガ▶︎パリ旅行準備中の人のための無料メルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausa 美術サロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報


  スポンサード リンク





サイト内検索


Amazon「ベルサイユのバラ」を探す