パリ旅行 トップ > ヴェルサイユ宮殿を訪ねて トップ > パリに帰ろう



  スポンサード リンク



パリに帰ろう

プチトラン乗り場で次に来る列車を待ち、再びガタゴトと揺られて、宮殿に着いたときは4時を過ぎていた。
万歩計の歩数は20.000歩を軽く超えていた。でも感覚的には、 20,000歩は意外と少ないような気もした。

お土産売り場で、ポストカードやマリーアントワネットグッズ(文具など)をいくつか買って、宮殿を出た。



正面の門宮殿を出て振り返る。青空はまだ充分明るいけれど、日の光はわずかに弱まって、夕暮れが近くまで来ていることを知らせている。

朝と同じ場所だが、様子は違う。観光バスがいくつも並び、人が大勢歩いている。

さよなら、ヴェルサイユ宮殿。
また、必ず来ます!




広場のマルシェ朝、通った時にはガランとしていた広場。
大きな市場が立っていたようだ。
夕暮れ時で、そろそろ店じまいの支度が始まっていた。



広場のマルシェ思わず撮影してしまったのだが、女性用の下着が2ユーロで積まれていた。どれも派手派手だった。

例えば、次の写真にある「モノプリ」のようなお店では、服も下着もシックな色・デザインのものが多かったように思う。下着といえども、1枚2ユーロでは買えないだろう。
市場では、商品の傾向が違うようだ。




モノプリスーパー「MONOPRIX/ モノプリ」。
馴染みのある店をヴェルサイユでも見かけて嬉しくなった。
パリでは、だいぶ モノプリのお世話になった。

メトロで1〜2駅分くらい歩ければ、一件見つかるだろうというくらい、あちこちに存在するスーパーである。





ヴェルサイユ・リヴ・ドロワ駅ヴェルサイユ・リヴ・ドロワ駅に到着。
朝とは違って、のんびりと街の風景を楽しみながら歩いた。距離や道が分かっているせいか、朝ほど遠さを感じなかった。

さぁ、電車に乗ってパリに帰ろう。

楽しかった一日に感謝!!



▲ヴェルサイユ宮殿を訪ねて トップに戻る





おすすめの記事


▲このページの上部に戻る


パリ観光 メイン コンテンツ



サイト運営者のイベントや商品など



印象派セミナー
★早割対応中【2月28日まで】



▶︎「7枚の絵画」毎朝7時・7日間限定の 絵画メルマガ(登録無料)




kaigajunrei
▶︎西洋美術史講座|ネット配信版
「西洋美術史パーフェクトプログラム」の全収録映像を毎週配信・「今日の絵画」を毎朝配信(他多数)


プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側


メルマガ▶︎パリ旅行準備中の人のための無料メルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausaまんがサロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報




サイト内検索