HOME > ヴェルサイユ宮殿を訪ねて トップ > 数々の部屋その1



  スポンサード リンク



宮殿内の数々の部屋(その1)


PR : オプショナルツアーを利用するなら・・
ヴェルサイユ宮殿 半日観光ツアー|フランス 観光・オプショナルツアー予約専門サイトAlan1.net icon
パリ発のツアーで、午前・午後、ガイド有無など、複数のパターンがあります。価格も良心的です。



鏡の回廊、王の居殿、王妃の居殿、戴冠の間、あたりまでを見学したら、お昼になった。
ここまでで、体力と集中力をだいぶ使ってしまった。

豪華な部屋を次々に見学し続けたせいか、気合いを入れて頑張って見学していたつもりなのだが、記憶が飛んでいる部分も多い。
撮った写真を見て、様子を思い出す部屋もあれば、こんな部屋あったっけ?という部屋もある。


そんな状態ではあるけれど、思い出せる部屋を中心に、写真を掲載しておこう。




戴冠の間

「戴冠の間」

ダヴィッド作の巨大絵画「ナポレオン一世の戴冠式」がある部屋。この絵は、ルーヴル美術館にある作品とバージョン違いである。
*関連する記事: 絵のはなし「ナポレオン一世の戴冠式」

王妃の居殿を抜けるとここに来る。真ん中にあるのはオベリスク。




ヴィーナスの間

「ヴィーナスの間」

正殿での夜会で軽食をとる部屋と使われたという。軽食とは言っても、豪華だったことだろう。

中央の全身像は「ローマ皇帝姿のルイ14世像」。

アポロンの間

「アポロンの間」

別名「玉座の間」。高さ2.6mの銀で出来た玉座が置かれ、そこにルイ14世が座って接見を行ったという。

当時はこの部屋がもっとも豪華とされていたようである。現在はその玉座もなく、豪華は豪華だけど、一番豪華か?というとそれほどでもない…かな。

ルイ14世

リゴー作「ルイ14世の肖像画」

教科書などにも載っているおなじみの絵。
アポロンの間にかかっている。

「アポロン」は太陽の神様である。
太陽王・ルイ14世にとっては、自身の象徴でもあった。

回廊回廊も、とても雰囲気のあるステキな空間である。

床のモザイクと日光に浮かび上がる窓枠の影が呼応しているよう。

窓から見た風景窓から見る庭園の様子。
庭は、美しく整えられているのが遠目にもよく分かる。

あぁ早く庭に出てみたい!
でも、宮殿内もちゃんと見たい!
…というジレンマに陥る。

礼拝堂

「王室礼拝堂」

白とゴールドの色彩がもたらす神々しさと、まるで天界に通じているかのような開放的な吹抜けの天井は、ここが何か特別な場所であったことを物語っていると思う。

宮殿に造られる礼拝堂は、伝統として二層式に造られるという。階上は王族や宮廷要人のための席、一階はそれ以外の信者のためのものだそうだ。

一般の見学者は、通路の外から見るだけだったのだが、ガイドさんに連れられたある団体は、中に入って説明を聞いていた。ちょっと羨ましかった。


▲ヴェルサイユ宮殿を訪ねて トップに戻る





おすすめの記事


  スポンサード リンク



▲このページの上部に戻る
VELTRA

パリ観光 メイン コンテンツ



西洋美術史講座/イベント


>怖い絵展がもっと怖くなる!セミナー
恐怖セミナー
「美と恐怖のヒミツ」10月29日(日)渋谷



絵画巡礼
▶︎オンラインの西洋美術史講座「絵画巡礼」
「絵画の見方」を知りたいあなたへ! ご自宅で好きなときに 受講できる西洋美術史のオンライン講座



▶︎「7枚の絵画」毎朝7時・7日間限定の 絵画メルマガ(登録無料)



プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側


メルマガ▶︎パリ旅行準備中の人のための無料メルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausa 美術サロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報


   スポンサードリンク





サイト内検索