パリ旅行トップ > パリ食べもの日記 トップ  > サンドイッチ 



  スポンサード リンク



サンドイッチ

パリでサンドイッチといえば、日本における「おにぎり」のように、日常的によく食べられている食品です。
バゲットを使ったものが主流です。

サンドイッチスタンド カフェで注文出来ますし、写真のように、店先でテイクアウトもできます。

サンドイッチは手軽なものですが、どこで買っても美味しいです。私は、初めてパリに行ってバゲットサンドを食べた時には、感動さえ覚えました!

気候が乾燥しているので、パンがしんなりせずに美味しいのだ、と聞いたことがあります。そして、パン自体が美味しいうえに、バターもチーズもハムも美味しいので、総合的にレベルが上がるのだと思います。

 

サンドイッチサンドイッチの中身でオーソドックスなのは「jambon fromage/ジャンボン・フロマージュ」。ハムとチーズです。これを「サンドイッチ・パリジャン」と呼ぶこともあります。

他に定番は「poulet/プレ」(チキン)や「thon/トン」(ツナ)。どちらも、トマトやレタス等が一緒に挟んであることが多いです。

バゲットの長さは、通常20cmくらいあります。かなり大きく、パンも硬いので、食べごたえ充分です。
ちなみにこの写真は、ツナサンドです。コーヒーとセットで5.52ユーロでした。
 
 
サンドイッチチキンチキンのサンドイッチは、蒸し鶏みたいな感じ。
美味しいですよ。
 

サンドイッチ

これは、パンがバゲットではないタイプ。正式名称が分かりませんが、ソフトなパンです。

トマト、卵、ハム、チーズが入って、4.65ユーロ。
近所のパン屋さんで買ってきて、部屋で食べました。

 

ポール

日本でもお馴染みの、このパン屋さん。
パリではもう、そこらじゅうでお店を見かけます。空港から、ターミナル駅の売店から、メトロの構内、街の中まで。


 

カフェのサンドイッチメニュー

あるカフェのメニューのサンドイッチの部分です。

このメニューは、英語併記(赤字部分)になっているので、中身が分かりやすいと思います。

サンドイッチメニュー

メニューにはフランス語しかないことも多いですが、その場合は、定番の「Jambon Fromage」、別名「Parisien/パリジャンサンド」を選ぶのが無難だと思います。


感覚的にですが、シャンゼリゼやオペラ、サン・ミッシェルなど、世界からの観光客が多く訪れるエリアのカフェでは、英語併記メニューが多いような気がします。
主に周辺住人が利用するようなカフェでは、フランス語のみだと思った方が良いでしょう。


*関連する記事:パリひとり旅日記「あの人もこの人も食べている」


 <おすすめのオプショナルツアー>

本場パリで楽しむフランス料理|フランス 観光・オプショナルツアー予約専門サイトAlan1.net icon
ミシュラン星付きから個性派レストランまで。予算に合わせて選択。日本語メニューもあり安心です。



▲パリ食べ物日記 トップに戻る




おすすめの記事



▲このページの上部に戻る


パリ観光 メイン コンテンツ



サイト運営者のイベントや商品など



印象派セミナー
★早割対応中【2月28日まで】



▶︎「7枚の絵画」毎朝7時・7日間限定の 絵画メルマガ(登録無料)




kaigajunrei
▶︎西洋美術史講座|ネット配信版
「西洋美術史パーフェクトプログラム」の全収録映像を毎週配信・「今日の絵画」を毎朝配信(他多数)


プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側


メルマガ▶︎パリ旅行準備中の人のための無料メルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausaまんがサロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報



サイト内検索