HOME > パリひとり旅日記 トップ > あの人もこの人も食べている



  スポンサード リンク



あの人もこの人も食べている

街パリの人たちはよく、ものを食べながら歩いている。


観光スポット的なところで、アイスクリームやクレープを食べる感覚はなんとなく理解できる。だが、そういった特定の場所に限らず、一般道や地下鉄のホームなどでも何かを食べている人を頻繁に見かける。
男女問わず。老いも若きも。


食べているものは、パンか果物が多いようだ。


パン派の人たちが食べているのは、たいていサンドイッチである。パリのサンドイッチは、基本的にバゲットが使われている。たくさん具の挟まった、大きくて硬いパンをかじりながら歩くのは、さぞ難しいだろうと思うのだが、皆、別段困難そうな様子も見せずにバゲットに噛み付きながら、すたすたと早足で歩いている。


サンドイッチは、街なかの至る所で買うことができる。
私も昼時にサンドイッチを買うことが度々あったが、常に公園などに行きベンチを探して、落ち着いてから食べるようにしていた。

ゆっくりと美味しいパンを味わって食べたいからなのだが、慎重に食べたいという理由もあった。硬くてパリパリのバゲットを不用意に思いっきりかじると、上あごの前歯の後ろのところをパンで切ってしまうのである。
バケットのサンドイッチをかじりながら歩けたら、私も一人前かもしれない。



果物派の人たちがよく食べているのは、バナナかリンゴである。

ある時、メトロでの移動中、座席に座っていると、何かの匂いが漂ってきた。何の香料だろう?と思いながら何気なく周りを見たら、通路を挟んで反対側の向かいの席で、大変美しくてカッコいいお姉さまが、バナナを食べていた。そのルックスでメトロでバナナですか……と、目が釘付けになった。

食べ終わったら、皮はどうするんでしょうか? その素敵なバッグに入れちゃうの? それとも床にポイ? と気になって、バナナを食べる美女をさりげなく見守っていた。

美しいうえに、スタイルもとても良さそうである。立ち上がったら、身長は180cm近くありそうだ。長い脚を斜めにして、窮屈そうに狭いシートに身を沈めている。

食べ終わるのとほぼ同時に着いた駅で彼女は降りると、ホームのゴミ箱にバナナの皮を捨てた。
なんだか ほっとした。

立ち上がった彼女は、予想通りのスタイルだった。ウエストは両手でつかめそうに細かった。バナナの皮を捨てると、ストレートの金髪をなびかせ、メトロの乗り換え口に颯爽と消えていった。

ステキだった。モデルみたいだった…というより、きっとモデルに違いない。
時期的にパリコレのモデルだった可能性もある。

日本でも食べながら歩く人がいないわけではないが、それは高校生など、若い人に多いと思う。そして、彼らも実際にものを口にいれている間は、コンビ二の前やホームの地面などに座っているような気がする。

日本では子供の頃に「食べながら歩くのはお行儀が悪い」と教わるが、そういう感覚はこちらの人たちにはないのかもしれない。

モデルさんもバナナを食べながら歩く街、それがパリである。


おまけ日記


サンドイッチある日のお昼時。
日本のヤマザキパンのお店をみつけたので、サンドイッチを購入。「Yamazaki」の下に「TOKYO-PARIS」と書いてあります。

 
サンドイッチ 日本で定番の薄切りパンの三角サンドもありましたが、パリモードにスイッチ入ってるので、バゲットのサンドイッチを選択。 中身はパテ。すり身です。
 
公園天気も良かったので、公園で。
気持ちのよいお天気。

歩きながらこれを食べると口の中が切れるし、
何より落ち着かない。
食べた気がしない…。
スイッチ入ってても、パリジェンヌにはなれぬ。
 

▲パリひとり旅日記 トップに戻る






おすすめの記事

旅行準備をしよう「CDG空港からパリ市内までのアクセス」

旅行準備をしよう「エリア別パリのおすすめホテル」

食べ物日記「タルティーヌ」
フランス語旅行会話 場面別 例文

外部サイト:フランス語学習 umi-ex の初級脱出計画






▲このページの上部に戻る
VELTRA

パリ観光 メイン コンテンツ



サイト運営者のイベントや商品など


▶︎「7枚の絵画」毎朝7時・7日間限定の 絵画メルマガ(登録無料)




kaigajunrei
▶︎オンラインの西洋美術史講座「絵画巡礼」
「西洋美術史パーフェクトプログラム」の全収録映像を毎週配信・「今日の絵画」を毎朝配信(他)


プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側


メルマガ▶︎パリ旅行準備中の人のための無料メルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausa 美術サロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報


  スポンサード リンク





サイト内検索