パリ旅行トップ > パリ食べもの日記 トップ > マカロン 



  スポンサード リンク



パリのマカロン Macaron

パリに行ったら、ぜひ試して欲しいおすすめのお菓子が「マカロン」です。

メレンゲ(泡立てた卵白)に砂糖、アーモンドパウダーを加えた生地を焼いたお菓子で、丸く焼いた2枚の生地でクリームを挟むスタイルが主流となっています。

以前の私は、「マカロンて、見た目は可愛いけど、味が特に美味しいわけではない」と思っていました。
しかし、パリでマカロンを食べてから認識が変わりました。マカロンは美味しいです!

私が食べ慣れていなかったことが一番大きな理由だと思いますが、「フランスで食べた方がより美味しく感じる」と現地の方から聞いたことがあります。日本での製法に問題があるという意味ではなく、パリの乾燥した気候とお菓子の特性(外側のサクサク感)があっているようです。


ショーケースのマカロン

街にある、ごく普通のパン屋さんやお菓子屋さんでもマカロンは売っています。

味別にショーケースに盛られていて、バラで1個から買うことができます。
初めての人は、チョコレートやバニラなど、想像しやすい味から試すのがおすすめです。

 

ラデュレのマカロン老舗 LADUREE(ラデュレ)のショーケースです。
カラフルなマカロンたちが整列しています。どんな味なのか想像もつかないような色のマカロンもたくさんありました。
2枚の生地でジャムやクリームを挟む現在のスタイルは、そもそもラデュレが始めたのだとか。

ラデュレには、マカロンを求める日本人観光客も大勢訪れます。
「LADUREE」 公式サイト(音が出ます) http://www.laduree.fr/
 
ラデュレのマカロンラデュレで買ったマカロン4個。
茶色はコーヒー、黄色はシトロン、ベージュはバニラ。
黒は……聞いたのですが、忘れました! 中にキャラメルのような、はちみつのような、茶色いヌガーのようなクリームが入っていて、お店のお兄さんのおすすめフレーバーでした。

ぱくぱく4個一気に食べてしまいました。

 


滞在先アパルトマンの近くにあるパン屋さんで、大きいマカロンを買いました。例えるなら、小さめのどら焼きくらいのサイズです。

日本でこの大きさのマカロンは、見かけないと思います。このくらいの大きさ・厚さがあると、食感や味がよく分かります。
これを食べたら、「あぁマカロンて、本来こういうものなのか!」とよく分かりました。

 

大きいマカロン包みを開けてみます。
ちなみに、これはコーヒー味です。
ほろほろとした生地と、程よく甘いなめらかなコーヒークリーム。 いくらでも食べられそうです。
こんなに大きいのを食べたのに、まだまだいける!と思ってしまいました。

写真ではハンバーガーみたいに見えますね。
1個2.5ユーロでした。


 
マカロンプレゼント用にあらかじめ包装されたマカロンも、よく見かけます。

色がキレイなお菓子なので、プレゼントに良いですね。

 

マカロン量り売りモンマルトルのサクレクール寺院のそばで、収穫祭を開催していた時の写真です。
マカロンの量り売りのお店を見かけました。


高級パティスリーで見かけるような鮮やかな発色ではなく、素朴な色あいで、サイズも大きいものばかり。
 

マカロン買うカフェオレ味とバニラ味を購入。
悩んでも、結局いつも同じようなフレーバーを選んでしまいます。

近くのカフェで食べました。
コーヒーとの相性はとても良いです。

ちなみに、パリのカフェでは、持ち込んだものを食べていても大丈夫(何か注文していれば)。

 

▲パリ食べ物日記 トップに戻る




おすすめの記事

パリ食べ物日記「エクレア」

パリの美術館「ルーヴル美術館のおすすめ作品」

パリひとり旅日記「東京タワーとエッフェル塔」

姉妹サイト「パリの航空券取り方ガイド」直行便スケジュール

姉妹サイト:パリのメトロ乗り方ガイド






▲このページの上部に戻る


パリ観光 メイン コンテンツ



サイト運営者のイベントや商品など



印象派セミナー
★パリの美術館巡りを充実させたい 皆さまへオススメ受講受付中



▶︎「7枚の絵画」毎朝7時・7日間限定の 絵画メルマガ(登録無料)




kaigajunrei
▶︎西洋美術史講座|ネット配信版
「西洋美術史パーフェクトプログラム」の全収録映像を毎週配信・「今日の絵画」を毎朝配信(他多数)


プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側


メルマガ▶︎パリ旅行準備中の人のための無料メルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausaまんがサロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報


  スポンサード リンク





サイト内検索