HOME > パリひとり旅日記 トップ  > 東京タワーとエッフェル塔



  スポンサード リンク



東京タワーとエッフェル塔


東京タワーとエッフェル塔は、よく比較される。

完成は、エッフェル塔が1900年、東京タワーが1958年である。エッフェル塔を模したとも言われる東京タワーは、エッフェル塔よりも、約9m高く作られた。

東京タワー 東京タワー
■ 東京タワー/高さ 約333m ■ エッフェル塔/高さ 約324m



東京タワーを近くで見るとき、私が最も興味を惹かれるのは色だ。まるでペンキ塗り立てみたいに、ものすごく発色が良い。「東京タワーの色は、赤と白」という認識を持っていたのだけれど、よく見るとこの赤色は、オレンジ色に近い。お習字の先生が使っている朱墨の色に似ていると思う。

はっきりとして主張の強い色をした東京タワーは、周囲の風景には、どちらかといえば 馴染んでいないような気がする。

それもそのはず。
この色使いは、「ある一定の高さを超える建造物には赤白の塗装を施す」という航空法の規定に基づいている。赤に見えるオレンジ色も「インターナショナル・オレンジ」といって、航空法で定められた安全確保のための色である。つまり東京タワーは、危険を回避する目的で「景観に馴染まないように」という前提で彩色されていたというわけだ。


一方のエッフェル塔は、鋼鉄の色そのもののようにも見える。しかし実は、注意深く選定された色が塗ってある。街路樹の多いパリの街に馴染むように、との配慮から「木立の色」それも、葉の落ちた秋の木々をイメージした色が選ばれたという。その木立の色も、一色のべた塗りではなく、高さに応じてグラデーションがかかっているというから、芸が細かい。

自然界に存在する木や土などの色と近いため、形はともかく色に限って言えば、たしかにエッフェル塔は自然の風景に溶け込んでいると思う。


東京タワー エッフェル塔



景観の中で目立つように色付けされた東京タワーと、景観に溶け込むように色付けされたエッフェル塔。姿は似ているが、存在のあり方は大きく違っている。

もし、ふたつのタワーの色が逆だったらどうだろう。茶色い東京タワーと赤白のエッフェル塔。不慣れなせいもあるだろうが、どちらもかなり違和感がある。

東京タワーの突き抜けたような明るさは、あわないようでも、やはり色の溢れる東京にあっているのだろう。そしてシックなエッフェル塔は、自然に調和しながらも強烈な存在感を持って、今日もパリに君臨しているのである。


東京タワー エッフェル塔
■東京タワーと増上寺 ■エッフェル塔とシャイヨー宮



パリのオプショナルツアーなら…現地ツアー専門サイト(日本のサイトです) 
エッフェル塔入場付きパリ市内観光|フランス 観光・オプショナルツアー予約専門サイトAlan1.net icon
数パターンから選べます。



▲パリひとり旅日記 トップに戻る






おすすめの記事

見どころ「エッフェル塔 展望台に登ってみよう」

見どころ「凱旋門に登ってみよう」

ひとり旅日記「高いところから見てみよう(パリの眺望スポット)」

パリ旅行の準備をしよう「フランス語 旅行会話集の選び方」
姉妹サイト「パリのメトロ乗り方ガイド」





▲このページの上部に戻る
VELTRA

パリ観光 メイン コンテンツ



サイト運営者のイベントや商品など


★一年ぶりに実施 >詳細はコチラ
perfect2017
★内田ユミの西洋美術史講座:初心者歓迎です




▶︎「7枚の絵画」毎朝7時・7日間限定の 絵画メルマガ(登録無料)




kaigajunrei
▶︎西洋美術史講座|ネット配信版
「西洋美術史パーフェクトプログラム」の全収録映像を毎週配信・「今日の絵画」を毎朝配信(他)


プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側


メルマガ▶︎パリ旅行準備中の人のための無料メルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausa 美術サロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報