パリ旅行トップ > パリ食べもの日記 トップ  > ファラフェル 



  スポンサード リンク



ファラフェル Fallafel

「ファラフェル」とは、イスラエルなど中東から伝わった食べ物で、ひよこ豆を潰して丸めたコロッケのことです。
このひよこ豆のコロッケを挟んだサンドイッチのことも、同じく「ファラフェル」と言います。

パリでは、マレ地区にお店が集中しています。マレ地区は、近年日本人観光客に人気のあるエリアです。

ピタパンなどに挟んで食べるところは、ギリシャ風サンドイッチ・ケバブと似ていますが、メインがお肉ではなく豆のコロッケなので、こちらの方がヘルシーです。

コロッケの他に、揚げたナスやトマトやキャベツなどの野菜もたくさん挟んで、うえから特製ソースをたっぷりかけてくれます。

コロッケはとても軽い食感で、香辛料の独特の風味があります。
カレーっぽいけどカレーではない香辛料。たぶんカレーを作るときに使う何かだと思います。

価格は5ユーロ前後と、リーズナブルです。



マレ地区のファラフェルお店は、マレ地区の中でも「ロジェ通り」にかたまっています。
お店の人たちも観光客慣れしているので、緊張せずに、気軽に立ち寄れると思います。一人旅の人にもおすすめです。


左写真は、ガイドブックにもよく載っているお店です。店名は「ファラフェルのエース」です。

「L‘AS DU FALLAFEL」周辺のグーグルマップ
(営業は12:00〜、土曜日がお休みです。)

*注意:変更の可能性もあり


ファラフェル野菜お店の調理台に並ぶ新鮮野菜。
ファラフェルの良いところは、緑の野菜をたっぷり食べられるところ。
コロッケ自体も豆ですから、ファーストフードとしては、かなりヘルシーです。


ファラフェル上にある丸いものが、ひよこ豆のコロッケ。
食べ進めると、コロッケの下から野菜が出てきます。

ここにかかっているのはゴマ風味のソース。
お好みで辛いソースをかけてもらえます。


小さいフォークをもらえるので、押さえながら上手く食べましょう。 店内でも食べることが出来ます。


ファラフェルコロッケを割ってみたところ。
緑色っぽいです。
手前に見えるのは、揚げたかぼちゃです。
とても美味しかったです!



サンミッシェルのファラフェル店「ファラフェル」といえば、マレ地区ロジェ通り、が有名ですが、パリの他の地区でもお店を見かけます。

 

左写真は、サンミッシェル駅付近で見つけたお店です。このあたりも、外国のお店が多く集まるエリアです

 



サンミッシェルのファラフェルこのお店では、パンにコロッケを挟んだ状態のものを渡され、野菜は自分で好みのものをトッピングする、半・セルフサービス式でした。

 

欲張って挟み過ぎ、サンドイッチのように片手で食べることはできません。コロッケは、完全に野菜に隠れています。

揚げ物+野菜を挟んだパンなので、軽食としては、かなり満足感が得られます。




 <おすすめのオプショナルツアー>

本場パリで楽しむフランス料理|フランス 観光・オプショナルツアー予約専門サイトAlan1.net icon
ミシュラン星付きから個性派レストランまで。予算に合わせて選択。日本語メニューもあり安心です。






▲パリ食べ物日記 トップに戻る


おすすめの記事



▲このページの上部に戻る


パリ観光 メイン コンテンツ



サイト運営者の商品や無料メルマガ


7kaiga
▶︎毎朝7時・7日間配信の 無料メルマガ


kaigajunrei
▶︎西洋美術史ネット配信プログラム
360日にわたって西洋美術史講座の全収録映像を週1回のペースで配信|30日間お試し1,700円


プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側


メルマガ▶︎パリ旅行準備中の人のための無料メルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausaまんがサロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報



サイト内検索