パリ旅行トップ > パリ食べもの日記 トップ   > パリのクレープ



  スポンサード リンク



パリのクレープ

フランスで愛されている軽食メニューのひとつです。
パリにもクレープの専門店(クレープリー)がありますし、専門店以外のカフェやフードコートでも、たいていメニューにクレープは含まれています。
さらに、持ち帰り専用のクレープスタンドが、街のいたるところに存在しています。

お持ち帰りクレープは、手頃な価格で簡単に小腹を満たすことができるので、ちょっとしたおやつに適しています。その場で焼いてくれるので、あたたかいのも嬉しいです。

クレープの中身は、甘い系統(sucré/砂糖味)のものと、調理系(salé/塩味)のものがあります。

パリの皆さんの真似をして、歩きながら食べてみましょう!
寒い時期でしたら、日本のものに例えると、コンビニで肉まん・あんまんを買って食べてるような感覚です。

*関連する記事:クレープ屋さんでフランス語(あるクレープ店のメニューです)




 <おすすめ オプショナルツアー>
本場パリで楽しむフランス料理|フランス 観光・オプショナルツアー予約専門サイトAlan1.net icon
ミシュラン星付きから個性派レストランまで。予算に合わせて選択。日本語メニューもあり安心です。



あるカフェで食べたクレープ

クレープ専門店ではなく、普通のカフェで注文したクレープです。
卵、チーズ、ハムのクレープ。ごく一般的なメニューです。大きいので、これだけでお腹いっぱいです。

 

クレープちらっと端っこをめくってみます。
たっぷりのチーズがとろけていて、美味しい!

 
<カフェのメニュー クレープの欄>
クレープメニュー


このお店のクレープのメニューです。
左側「Sucréss」が甘い系統のクレープ。チョコレートやジャムやハチミツ等。

右側の「Salées」が調理系(塩味)。ハム、チーズ、チキン、スモークサーモンなど。

*単語はこのページは参考にしてください:レオンのランチメニュー攻略 / クレープ屋さんでフランス語

このサイト内の他の記事でも繰り返し書いていますが、メニューは下に行くほど凝ったものになっていくので、項目の中で最初に載ってるものを選ぶのが、最も無難な選択です。

ちなみに、上のメニューでは、甘系は「砂糖がけ」で、超理系は「ハムのクレープ」が一番上に来ています。
無難過ぎ……?



テイクアウトのクレープ

クレープリー繁華街のクレープスタンドは、行列になっていることもあります。

 
クレープを焼くところ 丸い鉄板の上、薄く伸ばされた生地が焼けていきます。焼き上がるまで2分くらい、じっと待ちます。

写真手前にある茶色いボトルは、「nutella/ヌテラ」。ヘーゼルナッツ風味のチョコレートペーストです。
 
クレープ屋さん別のお店です。
このお店では、生地があらかじめ焼いてあって、さっと温めなおす方式でした。
 
クレープ屋さん店頭テイクアウト専門のお店でも、甘い系、しょっぱい系があります。ヌテラはどこのお店に行っても、必ず超ビッグサイズボトルが並んでいます。フランス人はこれが大好きなようです。
 
ヌテラ日本でも売っていますが、こんなに大きいのはないと思います。
単なるチョコレートペーストではなく、ヘーゼルナッツの風味が良くて、たしかにすごく美味しいのです。

パリに行ったら、ぜひヌテラのクレープ、試してみてください!
 
クレープ焼きあがったクレープは、紙に包んでくれます。
パリの皆さんのように、食べ歩き!

あつあつで美味しい!



*関連する記事: クレープ屋さんでフランス語
 

▲パリ食べ物日記 トップに戻る






おすすめの記事

ひとり旅日記「高いところから見てみよう〜パリの眺望スポット」

ヴェルサイユ宮殿の見どころ・まわり方

食べ物日記「パリでギリシア料理を食べる」

旅行の準備をしよう「おみやげ通販を賢く使おう」

姉妹サイト「パリのメトロ乗り方ガイド」メトロ乗り換えの方法






▲このページの上部に戻る


パリ観光 メイン コンテンツ



サイト運営者のイベントや商品など



印象派セミナー
★早割対応中【2月28日まで】



▶︎「7枚の絵画」毎朝7時・7日間限定の 絵画メルマガ(登録無料)




kaigajunrei
▶︎西洋美術史講座|ネット配信版
「西洋美術史パーフェクトプログラム」の全収録映像を毎週配信・「今日の絵画」を毎朝配信(他多数)


プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側


メルマガ▶︎パリ旅行準備中の人のための無料メルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausaまんがサロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報



  スポンサード リンク





サイト内検索