HOME > パリの美術館 トップ > 書簡と直筆博物館



  スポンサードリンク



書簡と直筆博物館(古文書/手紙博物館)Musée des Lettres et Manuscrits


手紙博物館 政治家、音楽家、画家、作家など、歴史上の人物や芸術家の直筆書簡が展示されている博物館です。音楽家のコーナーでは手書きの楽譜もありました。

「え! これ、本当にこの人の直筆なの?」 と驚きの連続です。


薄暗い館内は、決して広くはありません。
館内は撮影禁止だったので、写真は撮れなかったのですが、たくさんの展示物がありました。その大半は手紙の類いなので、展示スペースが小さくて済んでしまうのだと思います。


展示されている手紙などの文章はほとんどがフランス語です(解説も基本的にフランス語)。ケース越しではあるけれど、かなり近くで見られるので、フランス語が堪能な方なら手紙の内容も分かります。読めれば、飽きずに長く居られると思います。

筆跡の特徴もよく分かって興味深いです。モネってこんな字書いてたんだ〜とか。
アンドレ・ブルトンの字は、かなり小さくて、しかもびっしりと、罫線もないのに真っすぐに書かれていて性格まで想像出来るな〜とか。
カミーユ・クローデルの手紙は、花柄のかわいい便箋に書かれていて、いかにも繊細な女性らしさが漂ってるな〜とか。

保管されていた直筆の主の名前を、思いつくままに挙げてみます。

マリーアントワネット、ナポレオ ン・ボナパルト、ルイ15世、ルイ16世、アンリ3世、アンリ4世、アンドレ・ブルトン、ギョ−ム・アポリネール、アインシュタイン、ヴォルテール、ジャン・ジャック・ルソー、バルザック、エミール・ゾラ、モーパッサン、ボードレール、ジョルジュ・サンド、モネ、ゴッホ、マネ、カミーユ・クローデル 、セザンヌ、ルノワール、ロートレック、ゴーギャン、ロダン、アングル、ミレー、クールベ、ベートーベン、モーツァルト、ワーグナー、リスト、ベルリオーズ、ラヴェル、ビゼー、ドビュッシー、サン・サーンス、ショパン、フォーレ。

 

などなど。他にもたくさん!

名前をよく見ると、お分かりいただけると思いますが、所蔵品の書かれた時代は広範囲に渡っています。マリーアントワネットくらいまではともかく、アンリ何世とか シャルル何世とか、相当古そうなものもあって、その点にも驚きました。


館内のショップでは、これらの書簡が印刷されたものを売っています。筆跡や筆圧の雰囲気はもちろん、紙の質感まで再現されているようなもので、何か思い入れのある人物の書簡がある方は、思わず買ってしまうと思います。


直筆サインのポストカード図録も売っていて、とても面白そうだったのですが、かなり厚くて重くて大きくて高価だったので、私は買うのをあきらめてしまいました。

図録の代わりにはならないけど、記念にポストカードを購入。

画家と作家と音楽家のサインだけをそれぞれ一枚に集めてデザインしたものです。




「手紙」というものは本来、書いた本人と受け取った宛名の人物しか見ることができない個人的なもの。だからここは、通常は見ることが出来ない、ある意味 故人のプライバシーを公開している場所とも言えると思います。


歴史上の人物や偉大な芸術家たちも、実際にある時代に生きていた、普通の人間だったことを感じることができる博物館です。



*以下の写真は、2010年(移転前)の外観の様子です。

書簡と直筆博物館

通り沿いの入り口


書簡と直筆博物館

突き当たりが美術館の入口でした。





▲パリの美術館 トップへ  / ▲絵のはなし トップへ


おすすめの記事
ヴェルサイユ宮殿訪問記「パリからヴェルサイユ宮殿までのアクセスまとめ」
パリ食べ物日記「タルティーヌ」
パリ旅行の準備をしよう「ホテルの手配の仕方」
パリの美術館「ルーヴル美術館のおすすめ作品」
姉妹サイト「パリのメトロ乗り方ガイド」乗り換えの方法






▲このページの上部に戻る


パリ観光 メイン コンテンツ



サイト運営者のイベントや商品など



印象派セミナー
★早割対応中【2月28日まで】



▶︎「7枚の絵画」毎朝7時・7日間限定の 絵画メルマガ(登録無料)




kaigajunrei
▶︎西洋美術史講座|ネット配信版
「西洋美術史パーフェクトプログラム」の全収録映像を毎週配信・「今日の絵画」を毎朝配信(他多数)


プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側


メルマガ▶︎パリ旅行準備中の人のための無料メルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausaまんがサロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報


   スポンサードリンク





サイト内検索