HOME > パリひとり旅日記 トップ > アパルトマンでひとり暮らし(便座) 



 ★ アップルワールドなら キッチン付きホテルも検索できる!


アパルトマンでひとり暮らし(便座が冷たくて)


アパルトマンを借りて、初めてパリ滞在した時のこと。

パックツアーでホテルを利用していたそれまでの旅行とは、用意していくべき持ち物が若干違っていた。出発前に、部屋を斡旋してくれた会社から、滞在中にあると便利な物のリストが送られてきた。

キッチンで使う最低限の調理器具や、シーツ等の寝具類などは部屋に準備されているのだが、消耗品は自分で用意しなくてはならない。


何でも日本から持って行けば安心なのだが、荷物には重量制限というものがある。

化粧水やシャンプーなどの直接身体に使うものは、重くても普段から使いなれているものを持っていき、それ以外の 現地で買えそうなものは、なるべく現地調達することにした。

自分なりの基準に照らし合わせて、もらったリストを見ながらひとつひとつ検討する。中には、これってどうなんだろ?と疑問に感じるようなものもいくつか載っていた。


例えば、便座カバー。「温かい便座に慣れた日本人には便座カバーが必要です。便座カバーは日本では安価で簡単に手に入りますが、フランスではあまり売っていません。O型カバーをご持参ください。」などと書いてある。
どうかな?と思ったけど、売ってないんじゃ現地調達もできないし。
たまたま家に未使用のO型カバーがあるのを思い出したので、それを持っていくことにした。



便座パリへ到着し、部屋へ入り、もろもろの手続きを済ませて一段落し、トイレを利用して、そして納得した。

たしかに、 陶器製の便座はびっくりするくらい冷たい。プラスチックの冷たさとは、冷たさの質が違う。芯から冷たい、とでも言ったらいいだろうか。
そういえば去年も滞在先のホテルで、便座が冷たいなぁと思っていたことを思い出した。

外出先ならともかく、毎日使う部屋の便座が ものすごく冷たいのは、身体にもあまり良くないだろう。
さっそく、持って来た白いO型カバーを取り付けた。
あぁ、ちゃんと言うこと聞いて、持って来て良かった〜としみじみ思った。


スーパーやデパートのインテリア売り場を通りかかった時には、バス&トイレタリーコーナーもマメにチェックしていたのだが、結局 便座カバーは見かけなかった。
無いことはないだろうと思うけど、手に入りにくいのは確かかもしれない。
日本なら、100円ショップでも売っているというのに。


日本において、便座にカバーがかかっていない場合、それはすなわち「電気で温かくなっています」というサインだ、と解釈してもいいくらいに、温かい便座が普及している。

マドンナが以前来日したとき、日本に来ると温かい便座に感動するわ、とコメントしていたのを思い出した。

便座まで電気で温める国は、あまり無いのかもしれない。


▲パリひとり旅日記 トップに戻る






おすすめの記事


▲このページの上部に戻る
VELTRA

パリ観光 メイン コンテンツ



西洋美術史講座/イベント


>怖い絵展がもっと怖くなる!セミナー
恐怖セミナー
「美と恐怖のヒミツ」10月29日(日)渋谷



絵画巡礼
▶︎オンラインの西洋美術史講座「絵画巡礼」
「絵画の見方」を知りたいあなたへ! ご自宅で好きなときに 受講できる西洋美術史のオンライン講座



▶︎「7枚の絵画」毎朝7時・7日間限定の 絵画メルマガ(登録無料)



プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側


メルマガ▶︎パリ旅行準備中の人のための無料メルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausa 美術サロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報