HOME > パリひとり旅日記 トップ > 12月31日のパリ日記(後編)



 スポンサード リンク



12月31日のパリ 後編(午後:奇跡のメダル教会)

ある年の12月31日の日記(朝イチからランチ)の続きです。

大晦日の日の午後から夜にかけてを振り返ります。


12月31日:午後「奇跡のメダル教会」へ

ボンマルシェモンマルトル付近のアベス駅からメトロ12号線をつかって、「セーヴル・バビロン駅」へ。目的地は「奇跡のメダル教会」。友人や家族に贈るメダルを買わねば……。

しかし、ちょうど教会のお昼休みの時間帯に着いてしまったので、周辺のお店を見てまわることに。
写真は、高級デパート「ボン・マルシェ」

 

食品館

「ボン・マルシェ」は、通りを挟んで反対側に食品館がある。
高級食材や、ステキなお菓子などが、キレイに陳列されている。
年末でにぎわう食品館。

 

奇跡のメダル教会 ボン・マルシェ食品館の隣にあるのが「奇跡のメダル教会」。

*どんな教会なのかは、下記ページに、私が知り得る限りの情報を書き尽くしているので、ご覧ください。
パリの見どころ「奇跡のメダル教会」

 

奇跡のメダル教会 実は、お昼休みも もう終わってるだろうと思って行ったのだけれど、終わってなかった……。「午後は14:30〜」


「ボン・マルシェ」や「ZARA」(アパレルショップ)で過ごしてから教会へ。

聖堂でお祈りしたあと、売店で数種類のメダルを買う。

日本人シスターの方が、優しく話しかけてくださった。

 

12月31日夕方:一旦アパルトマンへ戻る

モノプリ奇跡のメダル教会を出て、アパルトマンの最寄り駅まで戻る。
駅前のスーパー「モノプリ」で、滞在中に部屋で食べるパンやカップスープ、ヨーグルト等を購入。

 




 

 

モノプリ陳列棚

スーパーに行くと、毎回感心するのが、乳製品の豊富さ。
種類も数も半端ではない。
ヨーグルト&チーズ天国。


 

 

チーズ売り場

特にチーズは、乳製品棚にもあんなにあったのに、別途、量り売りの専門店も設けられている。

フランス人、チーズ、ホントに好きなんだね……。

 

アパートへ戻る買物を済ませ、アパルトマンへ一旦戻る。

夕方、4:00頃。

夜になったら、また出かけるので、しばし休憩。
クッキー&紅茶で、軽くおやつ。

 

12月31日:夜(コンコルド広場〜シャンゼリゼ大通り)

コンコルド広場午後5:45。コンコルド広場へ。
すでに外は真っ暗で、 移動観覧車がライトアップされている。
白く浮かびあがってキレイ!

 

移動観覧車観覧車に乗ろうと並ぶ人々。
とても混雑していた。私も乗りたかったけれど、この混雑の中で「一人観覧車」は、さすがに寂しいのでやめておいた。
今度誰かと一緒に来たときに!

 

コンコルド広場 コンコルド広場を横断して、シャンゼリゼ大通りへ向かう。
広場から少し離れると、観覧車とオベリスクが一緒にカメラにおさまった。

 
シャンゼリゼ大通りシャンゼリゼ大通り。
街路樹のイルミネーションの中、歩く人々。
普段より人がたくさん出ている。
 

シャンゼリゼ大通り至る所にお店が出ていて、ホットドッグや、ケバブサンドや、あたたかい飲み物(ショコラや、ホットワインなど)を売っていた。
コンコルド広場でも同様だった。
適当に、食べたり飲んだりしながら、歩く。

 
シャンゼリゼ大通り よく旅行パンフレット等で見る、 凱旋門を遠くに臨むこの構図、実際に見て感激!

街路樹についている青いランプは、雫が流れ落ちるように、上から下へ光が移動する。とても幻想的。

 
シャンゼリゼ大通り

コンコルド広場を一周して、その後シャンゼリゼを歩くと、けっこうな距離になる。朝から歩き回っているので、そろそろお疲れモード。加えて、寒いのと、トイレに行きたいのとで三重苦。

旅行はまだ続くし、体調管理を優先し、深夜のカウントダウンはあきらめて、部屋へ戻ることにする。

 

 

 

夜のメトロ夜8:00頃。メトロで帰る。

通勤帰りのような人もいれば、観光客もいて、少し混んでいる感じだったけど、まぁ普通の状態だった。

 

深夜に近づくほど、混雑が激しくなるらしい。

 

そのあとは、部屋で、今日買ったものを整理したり、使ったお金の計算をしたり、シャワーを浴びて、明日の用意をしたりして、いつものように過ごす。
夜中までテレビを点けていたら、エッフェル塔前の広場やシャンゼリゼ大通りから、カウントダウンの様子を中継していた。ほんの数時間前に私がいたときよりも、さらに人が多くなっていた。現地レポーターの背後に、日本人観光客らしき姿もちらほら見られた。

12月31日は、シャンゼリゼやトロカデロ広場から、歩いてすぐ出られるような場所のホテルに泊まっていると便利だと思った。

 

日付が変わる頃には、外で若いコたちが大騒ぎをしている声が聞こえてきた。

爆竹のような音や、楽しそうに騒ぐ声を聞きながら、眠りについた。

既に年は明けていた。

◎つづき→ 1月1日のひとり旅日記

▲パリひとり旅日記 トップに戻る







おすすめの記事

パリひとり旅日記「1月1日のパリ」

パリひとり旅日記「12月31日のパリ:朝イチ〜ランチ」

パリの見どころ「奇跡のメダル教会」

パリからヴェルサイユ宮殿への行き方まとめ
姉妹サイト「パリのメトロ乗り方ガイド」乗り換えの方法





▲このページの上部に戻る


パリ観光 メイン コンテンツ



サイト運営者のイベントや商品など


▶︎「7枚の絵画」毎朝7時・7日間限定の 絵画メルマガ(登録無料)




kaigajunrei
▶︎オンラインの西洋美術史講座「絵画巡礼」
「西洋美術史パーフェクトプログラム」の全収録映像を毎週配信・「今日の絵画」を毎朝配信(他)



プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側



メルマガ
▶︎パリ旅行準備中の人のためのメルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausa 美術サロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報


  スポンサード リンク





サイト内検索






地球の歩き方ストア|旅の便利グッズ