HOME > パリひとり旅日記 トップ > 1月1日のパリ日記(前編)



 スポンサード リンク



1月1日のパリ・前編(朝〜昼 ノートルダム大聖堂)

「パリのお正月はどんな感じですか?」とのご質問にお応えして、年末年始にかけて滞在した時の、1月1日の私の一日を振り返ります。
在住の方には、また違った事情があると思います。しかし、旅行者である私にとっては、 普通の日とあまり変わらなかったような気がします。

*関連する記事: 12月31日の日記はこちらです。

1月1日の朝 サン・ミッシェル広場付近

サンミッシェル付近ゆっくりめに起きて外出。
昨日と同じ、どんよりした曇り空。

とりあえず、サン・ミッシェルを目指す。
あの辺は、観光客向けのお店が多いし、1月1日でも開いてるだろうと予測。

普通にカフェもオープンしていた。

 
 

サン・ミッシェルのカフェ

とりあえず、何か軽くお腹に入れよう。

ファーストフード店へ。


 

 

クロワッサンとコーヒー

クロワッサンとエスプレッソ。
ボーっとしていた脳が、甘いパンと苦いコーヒーで、目覚めて来た。

 
サン・ミッシェル大通り サン・ミッシェル大通り沿い。
ファーストフードやスタバなどチェーン店も、普通のカフェも、飲食店は朝から開いていた。

アパレル系のショップは、いつも通り11:00頃から開くところもあれば、お休みのところもあり。全体としては、お休みの方が多かったと思う。
 

通り

大通りから1本、横道に入る。
この辺りは多国籍エリアで、各国料理のお店が並ぶ。時間が早めなので、まだレストランはしまっている。(このあとオープンする。)

おみやげ屋さんは、一部開いていたので、エッフェル塔のキーフォルダーや、パリ柄の文房具や、細かいおみやげを買いながら、ぶらぶら歩き。   
 

1月1日:午前(ノートルダム大聖堂)

朝のセーヌ川セーヌ川を超えて、ノートルダム大聖堂へ向かう。

一応、お正月だし。
お参りに行かねば。

初詣的な。

 

ノートルダム大聖堂

人影まばらな大聖堂前。
聖堂の前には、いつもはない大きな木が。

相当大きなこの木には、クリスマスの装飾が施されていた。

 

ノートルダム大聖堂内部ノートルダム大聖堂内部。

中には入れるが、1月1日は、大聖堂の塔には登れない。

 

ノートルダム大聖堂ロウソクは、1〜2ユーロでその場で購入できるようになっている。どこの教会でもだいたい同じ。

ロウソクに灯りを点して、祈りを捧げる。


私は、キリスト教徒ではないのだけれど、ノートルダム大聖堂内でしばらく過ごす。

 

ギロスでケバブサンド

ギロス

大聖堂を出てみると、そろそろお昼。
せっかくサン・ミッシェル付近に居るので、パリのB級グルメの代表「ケバブサンド」を食べることに。
再び川をわたって、多国籍エリアに戻る。

 

ケバブサンド 中央で下がっている円筒形の物体が、お肉の固まり。

これを薄く削いで、ソースをかけ、パンに挟んで食べる。

レタスやトマト、たっぷりのフライドポテトがついてくる。

パンは、何種類かあるけれど、ピタパンがおすすめ。


*関連する記事:パリ食べ物日記「ケバブサンド」

 
フライドポテト

フライドポテトは、あらゆる料理に付け合わせでついてくる。

ここでも、揚げたてポテトが大量に用意され、雪崩のようになっている。

ちなみに、お肉の固まりは、芯までお肉ではないことを、この前、見てしまった。芯はある程度の太さがあるプラスチック製のような筒で、そこにお肉を巻いていく感じだった。


 

 

ケバブサンドお肉にも味がしっかりついているけど、さらにマヨネーズをつけると美味しい。

テイクアウトもできるのだが、ものすごく食べにくいので、店内で食べることを強くおすすめする。

量も多いし、歩きながら食べるのは、困難極まりない。

座ってフォークを使って食べよう。

かなりボリュームがあるので、少食の人は食べきれないかも。

 

ギロス周辺には、何店か同じようなお店が並んでいる。

店内はこんな感じ。

 

お正月早々、ケバブ……。ジャンクフードで新年を迎えてしまった。



長くなってきたので、続きは次のページで。
パリひとり旅日記「1月1日のパリ後編:午後から夜」

 

▲パリ一人旅日記 トップに戻る







おすすめの記事



▲このページの上部に戻る


パリ観光 メイン コンテンツ



サイト運営者のイベントや商品など


★一年ぶりに実施>詳細はコチラ
perfect2017
★内田ユミの西洋美術史講座:初心者歓迎です
《4月30日までの申込みで追加特典あり》




▶︎「7枚の絵画」毎朝7時・7日間限定の 絵画メルマガ(登録無料)




kaigajunrei
▶︎西洋美術史講座|ネット配信版
「西洋美術史パーフェクトプログラム」の全収録映像を毎週配信・「今日の絵画」を毎朝配信(他多数)


プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側


メルマガ
▶︎パリ旅行準備中の人のためのメルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausa 美術サロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報



  スポンサード リンク





サイト内検索







地球の歩き方ストア|旅の便利グッズ