HOME > パリひとり旅日記 トップ > 日本のマンガ人気は?



  スポンサード リンク



日本のマンガ人気は? (フランス語版「ドラゴンボール」) 


マンガの棚日本の「マンガ」が海外でも高い評価を受けているということは、広く知られている。 とりわけ、フランスでは人気が高いと言われている。

弟から、パリに行ったらフランス語版の「ドラゴンボール」をどれか一冊買ってきて欲しいとリクエストされた。読めないけど見てみたい、とのこと。そこで、ドラゴンボールを探しに行った。

左の写真は、ある書店の棚。 日本のマンガは「Manga」という独立したジャンルとして扱われている。

マンガコーナーには、見たことのある作品がたくさん並んでいた。 中でも、ドラゴンボールは特に人気があるそうだ。

 


ドラゴンボール ドラゴンボール

左がパリで買ったドラゴンボールの第一巻。6.5ユーロ。
右はうちの実家にあったドラゴンボールの第一巻。だいぶ年代ものである。




ドラゴンボール ドラゴンボール

マンガと言えど、縦書きが基本である日本の書籍は、右から左へと行が進む。
これに対し、横文字の場合は左から右へ字を追う。 その結果、本を開く方向は日本のマンガ本とは逆になる。




マンガストリートバスティーユにあるマンガストリート。



マンガストリート日本のマンガ関連のグッズやキャラクター商品などを扱うお店が並んでいる。
日本語が印刷されたものがたくさん並んでいて、なんだか不思議。


マンガストリート時々、お店の店員さん等で、妙に嬉しそうに日本語で話しかけてくる人に遭遇することがある。
そういう人はきっと、日本びいきでもしかしたらマンガファンなのではないか? と思っている。


▲パリひとり旅日記 トップに戻る






おすすめの記事



▲このページの上部に戻る
VELTRA

パリ観光 メイン コンテンツ



サイト運営者のイベントや商品など


▶︎「7枚の絵画」毎朝7時・7日間限定の 絵画メルマガ(登録無料)




kaigajunrei
▶︎オンラインの西洋美術史講座「絵画巡礼」
「西洋美術史パーフェクトプログラム」の全収録映像を毎週配信・「今日の絵画」を毎朝配信(他)


プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側


メルマガ▶︎パリ旅行準備中の人のための無料メルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausa 美術サロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報