パリ旅行トップ > パリ食べもの日記 トップ   > コクリコのクロックムッシュ



  スポンサード リンク


モンマルトルの人気カフェ「Boulangerie Coquelicot(コクリコ)」


コクリコ外観「Coquelico(コクリコ)」は、モンマルトル・アベス駅から徒歩1〜2分のところにあるパン屋さんです。カフェ(ビストロ)も併設のお店です。1978年創業。

コクリコとは、フランス語で「ひなげし(ポピー)」を意味します。


 

 
コクリコ店内 販売されているパン。
美味しくて、お財布に優しい価格です。

 
コクリコ店内 店内には、パンの他、かわいいキッチン雑貨やお菓子などもあります。どこか素朴であたたかい感じのディスプレイです。

 
フーケ店内2

1階パン屋さんの奥側、お店外のテラス席の他、2階もカフェスペースになっています。
左写真のこの時は、平日のお昼少し前。お客さんは、私の他に二組ほどでした。

ところどころに、ポピーのモチーフがあしらわれ、ぬいぐるみやナチュラルな素材の雑貨などが並ぶ田舎風の店内装飾。ほっと気持ちがやわらぐ雰囲気です。

 
店内から見た通りの様子店内の窓際の席から見た通りの様子。



 

 <PR>

海外旅行に必須=キャッシュパスポート (海外で使えるチャージ式カード)
出発までの時間があまりなくても大丈夫。プリペイドタイプのトラベルカードだから、無審査・年齢制限なし。 銀行口座も不要で最短1週間程度で発行!



コクリコの「クロックムッシュ」

クロックムッシュ赤いチェックのかわいいお皿から、はみだしそうな大きなクロックムッシュ。シンプルなグリーンサラダ付き。
価格は、驚きの5ユーロ!!
Le Fouquet's(シャンゼリゼにある老舗カフェ)のクロックムッシュ・1回分で、5回食べられる価格です!

◎参考記事:『Le Fouquet's』のクロックムッシュ
 
クロックムッシュ 庶民的なエリアとされるモンマルトルにある「コクリコ」。
でも、安いから美味しくないとか、そんなことはありません!このお店のパンは、基本的にどれも美味しい!パンが美味しいので、当然のことながら、クロックムッシュも美味しいのです。
フーケの、ある意味、意表をつくような凝ったクロックムッシュではなく、本当にごく普通に作られたクロックムッシュで、だからこその安心感がありました。
 
マスタード類

クロックムッシュと一緒に頼んだのは、カフェオレ。大きなボールに注がれて出て来ます。身も心も温まります。

サクレクール寺院に行く人などに、おすすめのお店です。

 
コーヒー 「Boulangelie Couquelico」
24 Rue des Abbesses, 75018 Paris
12号線アベス駅から徒歩1〜2分
パン屋さん 7:30〜20:00
ビストロ 8:00〜17:30(週末は〜18:30)
(▼詳細はサイトで確認)
http://www.coquelicot-montmartre.com/
 

  ▲パリ食べ物日記 トップに戻る






おすすめの記事



▲このページの上部に戻る


パリ観光 メイン コンテンツ



サイト運営者のイベントや商品など



印象派セミナー
★パリの美術館巡りを充実させたい 皆さまへオススメ受講受付中



▶︎「7枚の絵画」毎朝7時・7日間限定の 絵画メルマガ(登録無料)




kaigajunrei
▶︎西洋美術史講座|ネット配信版
「西洋美術史パーフェクトプログラム」の全収録映像を毎週配信・「今日の絵画」を毎朝配信(他多数)


プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側


メルマガ▶︎パリ旅行準備中の人のための無料メルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausaまんがサロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報



サイト内検索