パリ旅行トップ > パリ食べもの日記 トップ    > クロックムッシュとクロックマダム



  スポンサード リンク



クロック・ムッシュとクロック・マダム(CroqueMonsieur/ CroqueMadame) 

パンにハムとチーズを挟んで上にとろけるチーズをのせて焼いたのが、「クロックムッシュ」、そのうえに目玉焼きが乗ったのが「クロックマダム」です。


フォークとナイフでいただきます。

グリーンサラダが添えられてでてくることが多いですが、サラダ無しでパンだけが出てくることもあります。

一応フランスでは軽食扱いなのですが、かなりお腹いっぱいになります。

どちらかというと、クロックムッシュの方が、カフェでの遭遇率は高めのような気がします。クロックマダムの方はメニューに載ってないお店もあります。メニューに載っていなくても、頼めば作ってくれるかもしれません。

焼きたてあつあつなので、単なるサンドイッチと違って、手軽で、且つあたたかいものを食べたいときおすすめです。



クロックムッシュ

「クロック・ムッシュ」

8.8ユーロ。エスプレッソ3ユーロ。
チュイルリー公園内のカフェにて。
チーズ たーっぷり!
ハムも何枚も挟んであります。




クロックマダム

「クロック・マダム」

目玉焼きが乗ってると、なぜかそれだけで嬉しくなります。

メトロ12号線コンヴァンション出口付近のカフェにて。




クロックマダム

「クロック・マダム」

パンもチーズもハムも、それぞれが美味しいので、結果的にこのシンプルなメニューも、とても美味しいです。

モンマルトルのおみやげやさんの並ぶ通りのカフェで。7.5ユーロ。



 <おすすめ オプショナルツアー>

本場パリで楽しむフランス料理|フランス 観光・オプショナルツアー予約専門サイトAlan1.net icon
ミシュラン星付きから個性派レストランまで。予算に合わせて選択。日本語メニューもあり安心です。


▲パリ食べ物日記トップへ戻る  






おすすめの記事



▲このページの上部に戻る


パリ観光 メイン コンテンツ






VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA




西洋美術史の提供サービス


★ヴェルサイユ宮殿 訪問予定のあなたへ
絶対王政セミナー
>絶対王政時代の美術(9月2日・日)セミナー


★パリの美術館巡りをもっと楽しく!







▷パリ旅行準備中の人のためのメルマガ

メルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausa 美術サロン「マルグリット」









エクスペディアのホテル




フランスパリ観光情報






サイト内検索