パリ旅行 トップ > 食べもの日記 トップ   > パリのコーヒーについて

 

  スポンサード リンク



パリのコーヒーについて


コーヒーパリでコーヒーと言えば、エスプレッソ(Café express)です。
「Un café s'il vous plait./アン カフェ シルヴプレ」と注文すると、小さなカップに入った濃いコーヒーが出てきます。

「カフェ」と言ったら通常は、エスプレッソを指すと昔教わったのですが、ただ単に「アン カフェ」と注文すると「カフェって、ブラックか? カフェオレか? カプチーノか?」なんて確認されることがよくあるので、私は「アン カフェ エクスプレス シルヴプレ」と始めから限定して伝えます。これなら やりとりが一回で済みます。街の一般的なお店で、3ユーロ前後です。

とても甘いデザートの後などには、濃いエスプレッソがちょうど良いのですが、歩き疲れてゆっくり寛ぎたいような時には、エスプレッソはちょっと苦いし、量が少なめだと感じます。

私たちが普段日本で飲んでいるようなコーヒ―(エスプレッソより薄くて量が多いもの)が飲みたい場合、アメリカン・コーヒーを注文するとイメージに近いものが出てくると思います。
「Café allongé/カフェ アロンジェ」( allongé は、伸びた、引き伸ばされたの意)や、「Café américain/カフェ アメリケン」で通じます。

「Café double/カフェ ドゥブル」、「Café grand/カフェ グラン」という言い方もあります。ただこの場合、はっきり確認したわけではないのですが、アメリカンコーヒーではなく、エスプレッソが2倍の量で出てきているような気がします。


どこかのファーストフード店で「Café double/カフェ・ドゥブル」と注文したとき、私の発音が悪くて、店員さんに「ん? 何? Café long?/カフェ・ロング?」と聞き返されたことがあります。「ロング」で通じるなら、その方が私としても発音しやすいので、以後はもっぱら「あん かふぇ ろーん、すぃるゔぷれ〜」と言うようになりました。


エスプレッソには、砂糖はついてきますが、ミルクはついてきません。ミルク入りのコーヒーが飲みたかったら「Un café au lait /アン カフェオレ シルヴプレ」と注文しましょう。または「café crème/カフェクレム 」でも同じものが出てきます。カフェオレにすると、一気にカップのサイズが大きくなり、お値段も5~6ユーロくらいになります。たくさん飲んで、あたたまりたい時にはいいですね。


そんなにたくさんは要らないけど、でも単なるエスプレッソではなく、ミルクの入ったコーヒーが飲みたい時、そういう場合は「Café noisette/カフェ ノワゼット」がおすすめです。小さなミルクピッチャーが添えられてきます。値段もエスプレッソと 0.5〜1ユーロ程度しか変わりません。


 <おすすめのオプショナルツアー>

本場パリで楽しむフランス料理|フランス 観光・オプショナルツアー予約専門サイトAlan1.net icon
ミシュラン星付きから個性派レストランまで。予算に合わせて選択。日本語メニューもあり安心です。






カフェエクスプレスレオン・ド・ブリュッセル(チェーンレストラン)にて。
エスプレッソ 2.7ユーロ

こんな風に、ちょっとしたクッキーやチョコレートがひとつ、おまけについてくることも多いです。


エスプレッソメトロ12号線・トリニテ駅前のカフェにて。
エスプレッソ 2.5ユーロ



カフェノワゼット同じくメトロ・トリニテ駅前のカフェにて。
カフェノワゼット 2.5ユーロ

コーヒーは上の写真と同じで、ミルクがついてきました。

この時は食事をした後だったので、セット価格だったようです。カフェノワゼット単品で注文したら、エスプレッソよりも幾らか高くなると思います。



カフェノワゼットメトロ12号線 コンヴァンション駅前のカフェにて。
カフェノワゼット 2.6ユーロ



カフェオレサンラザール駅前のカフェにて。
カフェオレ 4.1ユーロ

たっぷりミルクの優しさに
心も体もあたたまる・・。








▲パリ食べ物日記 トップに戻る


おすすめの記事



▲このページの上部に戻る


パリ観光 メイン コンテンツ



サイト運営者の商品や無料メルマガ


7kaiga
▶︎毎朝7時・7日間配信の 無料メルマガ


kaigajunrei
▶︎西洋美術史ネット配信プログラム
360日にわたって西洋美術史講座の全収録映像を週1回のペースで配信|30日間お試し1,700円


プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側


メルマガ▶︎パリ旅行準備中の人のための無料メルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausaまんがサロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報



サイト内検索