HOME > パリの美術館 トップ > ケ・ブランリー美術館



  スポンサードリンク



ケ・ブランリー美術館 Musée du Quai Branly

2006年オープンの比較的新しい美術館です。セーヌ川沿いのブランリー河岸に建てられています。

名称の「ケ・ブランリー」は、ケが「Quai/河岸」、「Branly」は地名です。

外から見た建物は、巨大な船のよう。展示室内は洞窟の中に入ったような造りになっていて、建物自体も魅力的です。

この美術館に所蔵されているのは、アフリカ、アジア、オセアニア、アメリカなどの美術品です。
美術品といっても、油絵など絵画作品があるわけではなく、装粧品や儀式に使ったお守り、衣装などが中心です。我々人類の祖先たちが育んだ文化のかけらは、多くの人の目に興味深く写ると思います。

まるで、宮崎アニメの主人公たちが着ているような衣装や、エキゾチックな柄の絨毯、こわいお面や面白いお面など、見ていて飽きることがありません。

パリに存在する多くの美術館とは明らかに傾向が異なります。西洋絵画の鑑賞の合間に、この美術館の見学を挟むと、良いアクセントになると思います。子供にもおすすめです。




ケ・ブランリー美術館 ケ・ブランリー美術館

最寄り駅はRER C線の「Pont de l'Alma」です。
セーヌ川沿いに4〜5分歩くと、エッフェル塔を背にした美術館が見えてきます。



ケ・ブランリー美術館 ケ・ブランリー美術館

美術館入り口。外観からは、現代アート中心の美術館のような印象を受けるかもしれません。
中に入ってみると、古ーいものがたくさんあって、印象が変わります。



ケ・ブランリー美術館 ケ・ブランリー美術館

「BILLETTRIE」は、チケット売り場。この日は、誰も並んでいませんでした。
なぜなら第一日曜日で、入場無料の日だから!

 


ケ・ブランリー美術館 ケ・ブランリー美術館


チケットなしで入場。入口から展示室に行くまでの通路も、いろいろな仕掛けがあって楽しめます。



ケ・ブランリー美術館 ケ・ブランリー美術館

展示室は全体的に薄暗く、洞窟のなかを進んでいくようなイメージです。
うす暗い感じが居心地の良い!




ケ・ブランリー美術館 ケ・ブランリー美術館

笑ってるような、怒ってるような不思議なお面たち。かなりの大きさでした。




ケ・ブランリー美術館 ケ・ブランリー美術館

これらは一体・・? こわいのに、目が離せなくなるものがいっぱい!




ケ・ブランリー美術館 ケ・ブランリー美術館

ナウシカを思い出しませんか?
他にもたくさんあったので、テキスタイル(衣装とか布もの)が好きな人も、相当楽しめると思います。




ケ・ブランリー美術館 ケ・ブランリー美術館

人形や、トーテムポールや、その他不思議なものが並びます。




ケ・ブランリー美術館 ケ・ブランリー美術館

一番印象に残ってるのは、このコーナー。ボリビアのお祭りの衣装だそうです。




ケ・ブランリー美術館
ケ・ブランリー美術館


もー。なんなんだ・・。スゴいとしか言えない。



ケ・ブランリー美術館
ケ・ブランリー美術館

夢に出てきそうです。



ケ・ブランリー美術館 ケ・ブランリー美術館


見学のあとは、併設のカフェ (Café branly)でランチにしました。
ポテトとサーモンのタルティーヌ。美味しかったです。雰囲気も良かった!




▲パリの美術館 トップへ  / ▲絵のはなし トップへ


おすすめの記事
パリ食べ物日記「タルティーヌ」
パリの見どころ「エッフェル塔 展望台に登ってみよう」
パリ旅行の準備をしよう「フランス語 旅行会話集の選び方」
パリひとり旅日記「美術館巡りに向く靴・向かない靴」
姉妹サイト「パリのメトロ乗り方ガイド」メトロの切符を買う





▲このページの上部に戻る


パリ観光 メイン コンテンツ



西洋美術史講座/イベント


7mai-kaiga
▶︎「7枚の絵画」2017 X'mas 限定版
クリスマスプレゼント企画:無料メルマガ配信
12.15(金)〜21日(木)


絵画巡礼
▶︎絵画巡礼:オンライン西洋美術史講座
この絵の意味が分かったら?美術館がもっと楽しめるのではないかと思っているあなたへ





プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側


メルマガ▶︎パリ旅行準備中の人のための無料メルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausa 美術サロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報


   スポンサードリンク





サイト内検索