HOME > パリひとり旅日記 トップ > 街で見かけたフランス語



  スポンサードリンク



街で見かけたフランス語

街で見かけた看板や案内などで、フランス語のVocabulaire/ボキャブレール を地道に増やそうと試みるページです。





お肉屋さん「BOUCHERIE CHARCUTERIE」
お肉屋さん

■ charcuterie/ハム・ソーセージなどの豚肉製品

お惣菜などもいろいろ計り売りしてました。




チーズ屋さん「LA FROMAGERIE」チーズ屋さん
お店しまってますけど・・。

■ fromage/チーズ
■ fromager/チーズ商人(チーズ製造者や販売者)
■ fromagerie/チーズ製造所、販売所、製造・販売会社

チーズ専門のお店を見かけると、おぉ〜ここはフランスだ〜と感じます。




美容室「COIFFURE」美容室

斜めに写っていてよく見えませんが、「VISAGISTE」の表記もあります。
■ visagisme/美顔術
■ visagiste/美顔術師

スキンケアとかアンチエイジングとかメイクアップとか、そういうことみたいです。




ランドリー「LAVERIE」コインランドリー

■ laver /洗う
■ LIBRE SERVICE/セルフサービス

蛍光灯が発する無機質な光の下で、イスに腰掛けた若者が雑誌をめくっています。コインランドリーの雰囲気は、パリも東京も変わらないようです。




ふとん屋さん「FUTONS」ふとん屋さん

■ LITERIE JAPONAISE/日本の寝具

日本贔屓の皆さんは、敷き布団と掛け布団をセットで購入し、床(畳も敷いて)で寝てみたくなるそうです。敷きと掛けがあるので複数形・・らしい。そう言えば、畳屋さんもよく見かけました。




切符売り場「BILLETTERIE」切符売り場・券売場

■ billet/切符

ここはポンピドーセンター内の切符売り場。
いつもは混雑していますが、この時は夕方だったためか、もう誰も並んでいません。



個人

「individuels avec billets sur reservation」
入場券をお持ちの個人のお客様

ヴェルサイユ宮殿の個人客用入り口の看板です。

■ individuel/個人の、個人的な、(団体に属さない)個人

フランスに個人で旅行に行こう〜という方は、覚えておくと時々 役に立つ単語です。反対語は 「groupe」です。






ジベルニー 「individuel」が出てくる案内板をもうひとつ。

ジヴェルニーのバス停を出たところです。ここは、団体のお客さんも個人のお客さんも同じ入り口から入るようです。

■ maison/家
■ et/〜と
■ jardin/庭
■ accès/入り口、通路
■ direct/直行の、まっすぐな



▲パリひとり旅日記 トップへ


おすすめの記事

パリ旅行準備「フランス語 旅行会話集の選び方」

パリ旅行準備「フランス語 旅行会話 例文 (場面別)」

パリ食べ物日記「パリのデザートメニュー」
パリひとり旅日記「テルトル広場で似顔絵を」

姉妹サイト:パリのメトロ乗り方ガイド






▲このページの上部に戻る


パリ観光 メイン コンテンツ



西洋美術史講座/イベント


>怖い絵展がもっと怖くなる!セミナー
恐怖セミナー
「美と恐怖のヒミツ」10月29日(日)渋谷



絵画巡礼
▶︎オンラインの西洋美術史講座「絵画巡礼」
「絵画の見方」を知りたいあなたへ! ご自宅で好きなときに 受講できる西洋美術史のオンライン講座



▶︎「7枚の絵画」毎朝7時・7日間限定の 絵画メルマガ(登録無料)



プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側


メルマガ▶︎パリ旅行準備中の人のための無料メルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausa 美術サロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報


   スポンサードリンク





サイト内検索