パリ旅行トップ > パリ食べもの日記 トップ  > パリでラーメンを食べる 



  スポンサード リンク



パリでラーメンを食べる(サッポロラーメン)


サッポロラーメンオペラ座の周辺には、日本人向けのお店が集中しています。

ある日曜日の昼下がり。日曜日は開いてるお店が限られます。キリスト教徒の人々が経営するお店はお休みですが、日本人向けのところであれば、たいてい開いています。

何かしょう油味のものが食べたいな〜と思ったら、この界隈に来てみます。目についたのはラーメンやさん。ガラス越しにお店の中をのぞくと、お客さんで賑わっているようです。

 

お店に入ってみると、お昼時だったせいもあってか、店内は満席に近い混雑ぶりでした。お店のスタッフは、中国系の若い女性が数人と少し年上の日本人女性でした。お客さんは、日本人が半分くらい、あとの半分は地元の人らしきフランス人でした。2階にも席があり、店内の小さな螺旋階段を使って行き来します。



ラーメンランチメニューの、ラーメンと半チャーハンのセットを注文しました。他にはカレーや餃子などがありました。

日本語で書かれたメニューを見ると安心します。見た瞬間にメニューの全てを解読できるというのは、ストレスがなく、改めて嬉しいことに思えました。

周りの席からは、時々日本語での会話が聞こえてきます。慣れないカフェなどで、パリの皆さんに囲まれての緊張した食事が続いた後では、なんだか安全地帯にいるような気分にさえなります。

お味はラーメンもチャーハンも、おいしかったです。
私は実は、普段滅多にラーメンを食べません。せいぜい1年に1〜2回。ゼロという年も珍しくはないです。決してラーメンが嫌いというわけではないのですが、優先順位的にあまり上位にこないのです。ですから、ラーメンフリークの方々のように麺やスープについての詳しい感想は持てません。それでも、日常的に馴染みのあるメニューは、やはりホッとしますし、おいしいと思いました。


炒飯 海外旅行中は日本食は出来るだけ食べない、という方も多くいらっしゃるようです。せっかく海外に来ているのだから普段食べられないものを食べたいし、どっちみち、海外で食べる日本食はおいしくないだろうから……というのが主な理由のようです。

でも、もし滞在が4〜5日を超えるようであれば、一度くらい馴染みのある料理を食べてみるのも良いと思います。いったん味覚がリセットされて、その後の現地のお料理をまた改めて楽しめるような気がします。

パリの場合は、日本食のお店も多く、おいしいお店もたくさんあります。

考えてみると、この年に私がラーメンを食べたのはこれが2回目でした。この時は少し疲れ気味だったのですが、温かいラーメン&チャーハンは心と体に染み入って、なんだか元気が出ました。


サッポロラーメンサッポロラーメン
最寄り駅 メトロ1号線 Tuileries
住所 276, rue St-Honoré 1er

お店周辺のグーグルマップ
電話 01 40 15 98 66
営業時間 11:45 〜 22:30
休み 無休
 
*ちなみにお隣りは、うなぎやさん(野田岩)です。






 <おすすめのオプショナルツアー>

本場パリで楽しむフランス料理|フランス 観光・オプショナルツアー予約専門サイトAlan1.net icon
ミシュラン星付きから個性派レストランまで。予算に合わせて選択。日本語メニューもあり安心です。



▲パリ食べ物日記 トップに戻る




おすすめの記事



▲このページの上部に戻る


パリ観光 メイン コンテンツ



サイト運営者の商品や無料メルマガ


7kaiga
▶︎毎朝7時・7日間配信の 無料メルマガ


kaigajunrei
▶︎西洋美術史ネット配信プログラム
360日にわたって西洋美術史講座の全収録映像を週1回のペースで配信|30日間お試し1,700円


プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側


メルマガ▶︎パリ旅行準備中の人のための無料メルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausaまんがサロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報





サイト内検索