パリ旅行トップ > パリ食べもの日記 トップ   > クスクス



  スポンサードリンク



クスクス(couscous)

「クスクス」。一度聞いたら忘れられない名前ですね。

もともとは北アフリカで発祥したものですが、現在ではパリでも非常にポピュラーな料理で、パリに行ったら食べたい料理として「クスクス」を挙げる方も多いと思います。



「クスクス」は粗い小麦粉に水分を含ませて小さな粒状にして乾燥させたもの。
形状としてはお米のようですが、食品の分類としてはパスタです。

この小麦粉の粒が「クスクス」なのですが、「クスクス」という単語は、野菜やお肉のスープと一緒に食べる料理名としても使われます。

私の印象としては、クスクス料理はカレーライスに似ていると思います。

ある日の夕食にいただいた、野菜のクスクスをご紹介します。

別のページでご紹介したギリシャ料理のお店が並ぶ、サン・ミッシェル駅界隈にあるクスクスの専門店です。

*関連する記事:パリでギリシャ料理を食べる



 <おすすめ オプショナルツアー>
本場パリで楽しむフランス料理|フランス 観光・オプショナルツアー予約専門サイトAlan1.net icon
ミシュラン星付きから個性派レストランまで。予算に合わせて選択。日本語メニューもあり安心です。



野菜のCouscous(クスクス)を食べてみた!


クスクスクスクス料理専門のお店です。
エキゾチックな雰囲気でした。専門店とはいっても、観光客も多く、気軽に入れる雰囲気です。


クスクスこれが「クスクス」。
お皿にこんもりと盛られて出て来ました!



野菜のクスクス色々な種類の野菜がごろごろ入ったスープ。
この時注文したのは「野菜のクスクス」です。

にんじん、たまねぎ、セロリ、なす、豆類、など。
3日分か?と思うような量でした。
野菜不足を一気に解消です。


クスクス別皿にクスクスを取り分け、そこにスープをかけていただきます。
ね、なんだか カレーみたいでしょ。

スープにも色々な種類があります。お隣のテーブルの方は、大きな骨付きチキンの入ったスープをがっつり食べてました。


ちなみに、この日私が食べた野菜のクスクスのお値段は、8ユーロ。
ペリエが4ユーロ、食後にコーヒーを頼んで、2ユーロ。
合計14ユーロでした。お腹いっぱい!!


▲パリ食べ物日記 トップに戻る






おすすめの記事



▲このページの上部に戻る


パリ観光 メイン コンテンツ



サイト運営者のイベントや商品など



印象派セミナー
★早割対応中【2月28日まで】



▶︎「7枚の絵画」毎朝7時・7日間限定の 絵画メルマガ(登録無料)




kaigajunrei
▶︎西洋美術史講座|ネット配信版
「西洋美術史パーフェクトプログラム」の全収録映像を毎週配信・「今日の絵画」を毎朝配信(他多数)


プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側


メルマガ▶︎パリ旅行準備中の人のための無料メルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausaまんがサロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報



  スポンサード リンク





サイト内検索