HOME > パリの美術館 トップ > ギメ美術館



  スポンサードリンク



ギメ美術館 Musée National des Arts Asiatiques - Guimet


ギメ美術館「ギメ美術館」は、エミール・ギメ(1836年リヨン生まれ)のコレクションを展示した美術館です。エミール・ギメは、実業家で美術品の鑑定・収集家としても知られている人物です。

中央アジア、東南アジアなどオリエントの美術品が豊富にあり、なかでも、カンボジアのクメール美術のコレクションでは、ヨーロッパで最も充実している美術館として名を馳せています。


パリにいるのに、わざわざアジアの美術を見なくても……という思いから、なかなか足が向かなかったのですが、知人から強く勧められ、行ってみることにしました。


日本で暮らしていても、普段から日本の美術品に多く接する人ばかりではないと思います。
ましてアジア全域の美術品となると、一度に鑑賞できる機会はそう滅多にはないでしょう。事前に展示数が多いと聞いてはいましたが、予想を上回るボリュームで、 ヨーロッパ屈指と言われるのも頷けました。



中国、韓国、日本のコーナーは隣接しています。
見ていると「ここは中国っぽいな。」とか「あ、ここからは韓国だ!」と、感覚的に分かります。

般若の面パリで、般若の面や、毘沙門天像や、水戸黄門様が持っていたような印籠を目にするのは、とても不思議な気分でした。日本語での名称や解説も書かれていて楽しめます。
それらの解説を見ながら、私は日本の美術について、知らないことが本当に多いということを改めて自覚してしました。

例えば、能面をこんな風にまとめて見たのは、人生で初めてです。どのお面がなんという名前なのかすら、知りませんでした。
行ってみて本当に良かった! と思った美術館です。





ギメ美術館館内の様子

   踊るシヴァ神



ギメ美術館内   ギメ美術館内



ギメ美術館内   ギメ美術館内



ギメ美術館内   ギメ美術館内



ギメ美術館内   ギメ美術館



ギメ美術館   ギメ美術館



ギメ美術館   毘沙門天



毘沙門天解説



般若の面


やせおんな般若解説般若解説




▲パリの美術館 トップへ  / ▲絵のはなし トップへ


おすすめの記事



  スポンサードリンク



▲このページの上部に戻る


パリ観光 メイン コンテンツ



サイト運営者のイベントや商品など


★一年ぶりに実施>詳細はコチラ
perfect2017
★内田ユミの西洋美術史講座:初心者歓迎です




▶︎「7枚の絵画」毎朝7時・7日間限定の 絵画メルマガ(登録無料)




kaigajunrei
▶︎西洋美術史講座|ネット配信版
「西洋美術史パーフェクトプログラム」の全収録映像を毎週配信・「今日の絵画」を毎朝配信(他)



プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側



メルマガ
▶︎パリ旅行準備中の人のためのメルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausa 美術サロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報


   スポンサードリンク





サイト内検索

PARIS:現在時刻





   スポンサードリンク