HOME > パリひとり旅日記 トップ > パイプオルガン



  スポンサード リンク



パイプオルガン

人それぞれ、気に入った音色というものがあると思う。

私の友人は、雅楽が聞こえてくると心を奪われると言うし、別の友人は、トランペットの音が大好きだと言う。

私の場合は、何と言っても「パイプオルガン」である。

「パイプオルガンの音って、どうしてこんなにも魅力的なんだ!」と思うのだけれど、みんながみんなそう思ってるわけではないらしいということに、最近気がついた。

 

ノートルダム大聖堂 パリに滞在すると、私は頻繁に教会へ足を運ぶ。
キリスト教徒でもないというのに。

運が良ければ、パイプオルガンの生演奏を聞くことが出来る。

静かで美しい音楽が聞こえてくると、まるで心臓を掴まれたみたいに、そこから動けなくなる。

全神経を聴覚に集中してその音色を吸収する。もっと聞きたい、ずっと聞いていたいと思う。魂に直接何かを訴えかけられているような感じ、とでも言ったらよいだろうか。

そんなに好きならCDを買えばいいんだよね、と常々思っていたところ、ノートルダム大聖堂の中で売っているのを見かけた。

 

ノートルダム大聖堂パリのノートルダム大聖堂は、信仰の場であると同時に、観光地化されたスポットでもある。


出口付近にはショップがあって、絵はがきやペンダントやストラップなどのお土産が売っていた。そして、教会音楽のCDも豊富に揃っていて、CDを試聴できるコーナーまであった。


これだ!ここで買って行こう!
日本でも買えると思うけど、たぶん日本にいたら買う気にならないだろう。

さっそく大聖堂の薄暗がりの中で試聴してみたのだけれど、機械が思うように作動しない。


近くにいたお兄さんが、あーでもない、こーでもないと色々試してくれたが、結局CDの交換は出来ず、すでにセットされていた2~3枚のCDを試聴できただけだった。

 

教会音楽買って来たのはこの2枚。

1枚(左側)はなんとか試聴して、「これならいいかな。」と思って買ったもの。パイプオルガンのみ。

もう1枚(右側)は声楽。こちらは試聴できなかったので、いわゆる「ジャケ買い」だが、聞いてみるとまさに私が求めていた音楽だった。私の勘はなかなか冴えていたと思う。
これでいつでも、大聖堂気分を味わえる。

でもこれはやっぱり、ヨーロッパの教会で聞くのがいいのかも・・と思った。
自宅で、例えば納豆ご飯などを食べながら聞いていても、何かが違う気がするのだ。

友達が家に遊びに来た時に、この音楽がかかってたら引くだろうなーと思う。
自分では気に入ってるから、いいのだが……。気を付けよう。

クリスマスの時期であれば、比較的、違和感がないかもしれない。

 

* * * * *


☆YouTube で、CDに収録されてるのと同じ曲がないか見つけたところ、声楽のCDの中の一曲だけが見つかった。
こんな感じ↓です。
http://www.youtube.com/watch?v=d5p_U8J0iRQ




▲パリひとり旅日記 トップに戻る






関連する記事


▲このページの上部に戻る
VELTRA

パリ観光 メイン コンテンツ



西洋美術史講座/イベント


絵画巡礼
▶︎オンラインの西洋美術史講座「絵画巡礼」
絵を見ても意味が分からない方、見方を知ったら もっと楽しめるのではないかと思っている方へ



▶︎「7枚の絵画」毎朝7時・7日間限定の 絵画メルマガ(登録無料)



プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側


メルマガ▶︎パリ旅行準備中の人のための無料メルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausa 美術サロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報





サイト内検索