HOME > パリの見どころ トップ  > ヴォージュ広場 



  スポンサードリンク



ヴォージュ広場 Place des Vosges


ヴォージュ広場1612年、「パリを世界で一番美しい街にしたい」という思いでアンリ4世が造ったという、パリで最も古い広場です。

広場を取り囲む建物の 赤いレンガの美しさが印象的です。

広場の名称も最初は「ロワイヤル広場/王の広場」だったのですが、革命によって1800年に改称。

「ヴォージュ」とは、フランス東部の地方の名です。当時、ヴォージュ県が最も速く税金を納めていたため感謝の意を表して、この名称がつけられました。

アンリ4世はこの「王の広場」を取り囲む建物は全て同じ造りにしようと考えました。
広場を囲む36の邸宅には、多くの貴族や政治家や作家が住むようになりました。

最も著名な人物は、ヴィクトル・ユゴーでしょう。 ユゴーが暮らしていた6番地は 一般公開されています。
美しい庭園は彼らの憩いの場でした。馬術競技なども行われていたそうです。

現在は、アーケードのついたお店が並んでいます。広場を出た周辺も雰囲気のあるエリアです。
アンリ4世のご希望通り、ここには今も上品で優雅な雰囲気が漂っています。

最寄り駅は、メトロ1、5、8号線のバスティーユ駅。または8号線のシュマンヴェール駅。
近年、日本人旅行者の間でも人気の高いマレ地区にあります。散策がてら立ち寄ってみると、ゆったりとした時間を過ごせます。



バスティーユ広場からヴォージュ広場へ

バスチーユ広場「バスティーユ広場」から向かいます。

「バスティーユ広場」はフランス革命が始まった場所(1789年バスチーユ牢獄襲撃)です。

広場中央にあるのは、「7月革命記念柱」。上にあるのは、黄金の自由の守護神です。



ヴォージュ広場入口雰囲気の良いお店が並ぶエリアです。


ヴォージュ広場入口広場の入口、正面より。
古い感じがします。
真ん中の入口をくぐると……。



ヴォージュ広場美しい回廊が広がっています。

カフェで広場を眺めながら、カフェで寛ぐ人々。


ルイ13世 左右対称の庭園の中央には、ルイ13世の騎馬像が立っています。これは、革命時に一度破壊され、その後1818年に再建されたものです。

学校の授業で来ているらしき生徒たち。
彼らの前には先生がいて、何やら説明中でした。


ルイ13世ヴォージュ広場 / Place des Vosges
最寄り駅 メトロ1.5.8号線 Bastille 
または 8号線 Chemin Vert


▲パリの見どころ トップに戻る


おすすめの記事

パリの美術館「ロダン美術館」

パリからのショートトリップ「ジヴェルニー モネの家と庭」

パリ旅行の準備をしよう「パリ行き航空券の手配」

パリひとり旅日記「オペラ座のナンパ師」

姉妹サイト「パリのメトロ乗り方ガイド」防犯上の注意





  スポンサードリンク



▲このページの上部に戻る
VELTRA

パリ観光 メイン コンテンツ



サイト運営者のイベントや商品など


▶︎「7枚の絵画」毎朝7時・7日間限定の 絵画メルマガ(登録無料)




kaigajunrei
▶︎オンラインの西洋美術史講座「絵画巡礼」
「西洋美術史パーフェクトプログラム」の全収録映像を毎週配信・「今日の絵画」を毎朝配信(他)


プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側


メルマガ▶︎パリ旅行準備中の人のための無料メルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausa 美術サロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報


   スポンサードリンク





サイト内検索