パリ旅行 トップ > ルーヴル美術館のまわり方 トップ > 現地でのチケット購入



  スポンサード リンク



現地でのチケット購入 〜自動券売機で買う〜

入口を通り、セキュリティチェックを受けてナポレオンホール内に入れたら、次はチケットを購入します。
「 パリ・ミュージアムパス」など、すでに何らかのチケットを持っている人は必要ありません。

*参考記事 :「パリ・ミュージアム・パスについて」


★オプショナルツアーを利用するなら
ルーブル美術館(美術館・優先入場チケット/パス) icon

【NEW】OPツアー|ヴェルサイユ宮殿&ルーブル美術館観光(日本語ガイド) icon
パリ観光の定番スポット、ヴェルサイユ宮殿観光とルーブル美術館観光のオプショナルツアーがセットになって登場。別々に申し込むよりも断然おトク!日本語ガイドによる案内。初めてのフランス旅行でも安心、理解も一層深まります。



ナポレオンホールには、入場券売り場の窓口が数ヶ所あります。
自動券売機も複数設置されています。人のいる窓口よりも自動券売機の方がすいていることが多いようです(券売機は、日本語で利用できます)。




ナポレオンホールナポレオンホール。
中央にインフォメーションカウンターがあり、館内案内図(無料)が置いてあります。日本語版もあります。


ルーヴル美術館のチケット券売機ナポレオンホールのチケット売り場。
奥に写っている四角いところが、スタッフのいるブースです。この写真は、夕方撮っているので、誰も並んでいませんが、時間帯によって長い列が出来ます。


ナポレオンホールのチケット券売機同じくナポレオンホール内。
スタッフのいるチケット売り場の横に、自動券売機が設置されています。

ルーヴル美術館の券売機画面自動券売機を正面からアップで撮りました。
フランス語、英語の他、スペイン語、イタリア語、ドイツ語、日本語に対応しています。

「ルーヴルの入口は混んでいていて、なかなか入れない」という話をよく耳にすると思いますが、「混んでいる」のはセキュリティチェックであって、チケット売り場では、セキュリティチェックの列ほどは、並ばずに買えることが多いと思います。もちろん、季節や時間帯にもよりますけれど。。


◎「ルーブル美術館」に ひとりで行こう、と計画中のあなたへ・・
「ルーヴル美術館のまわり方」セミナー収録映像をダウンロードしてご覧いただけます。
▶︎詳細・ご案内ページは コチラから 
 



自動券売機利用方法

では、ナポレオンホールの自動券売機で、ルーヴル美術館の入場チケットを買ってみましょう。

ここでは、常設展示のチケット(大人通常料金)を1枚、購入する場合をご紹介します。
細かい部分は随時変更になっていく可能性もありますが、おおまかな流れを掴んでください。
(*撮影 2015年8月)



(1)言語選択(初期画面)

ルーヴル美術館のチケット券売機初期画面。
まずは言語を選びます。

日本の国旗のところを指でタッチすると日本語画面になります。



 (2) 購入項目の選択

ルーヴル美術館のチケット券売機購入するチケット内容を選びます。
「美術館」「マルチメディアガイド」「企画展」から選択。

ごく一般的な、ルーヴルにある所蔵作品を見学したい人(「モナリザ」とか、「ミロのヴィーナス」とか)は、「美術館」を選択します。



(3)チケットの枚数指定

ルーヴル美術館のチケット券売機プラスとマイナスマークで、枚数を指定。
プラスボタンにタッチしていくと、購入枚数を増やせます。



 (4) 確認画面

ルーヴル美術館のチケット券売機選択した項目、枚数、合計価格の確認画面に進みます。

良ければ、右下の「支払い」ボタンをタッチして、次の画面に進みます。
訂正する場合は、左下の「キャンセル」ボタンをタッチして、前の画面に戻ります。



 (5) クレジットカードを挿入

ルーヴル美術館のチケット券売機「INSERT CARD」
クレジットカードを、券売機のカード挿入口に差し込みます。



 (6)カード認識中の画面

ルーヴル美術館のチケット券売機「PLEASE WAIT」



(7)暗証番号入力を促す画面

ルーヴル美術館のチケット券売機「ENTER PIN 12.00 EUR」
「暗証番号を入力:12ユーロ」
PIN(Personal Identification Number)とは、4ケタのクレジットカード暗証番号のこと。



(8)数字キーで暗証番号入力

ルーヴル美術館のチケット券売機券売機の画面右側に数字キーとカード挿入口があります。



(9)数字キーで暗証番号入力中

ルーヴル美術館のチケット券売機数字を入力すると「X」の文字が表示されていきます。



(10)暗証番号入力完了

ルーヴル美術館のチケット券売機「PIN OK」
暗証番号が、確認されました。



(11)カードを取り出す

ルーヴル美術館のチケット券売機「REMOVE CARD」
カードを取り出してください



(12)チケット印刷中

ルーヴル美術館のチケット券売機印刷中
しばらくお待ちください



(13)初期画面へ戻る

ルーヴル美術館のチケット券売機チケットの印刷が済むと、初期画面に戻ります。



(14)チケット取り出し

ルーヴル美術館のチケット券売機券売機の画面下にチケット取り出し口があります。
印刷されたチケットをここから受け取ります。


購入できました!!




▲ルーヴル美術館のまわり方 トップへ戻る






参加受付中の西洋美術史セミナー(2018.06.03 SUN) 

bannar次回:6月3日の西洋美術史パーフェクトプログラムのテーマは、「絵画の謎を解くアトリビュート」です。

「アトリビュート」とは、西洋の絵画における決まりごと(ルール)のひとつ。絵画に描かれている人物を特定するアイテムのことです。

この回では、まず、ギリシア神話の神々や英雄、キリスト教絵画の聖人や天使などを区別するために描かれる「アトリビュート」からスタート。さらに、西洋美術に特有の、見えないものを可視化するための手法も扱います。


受講済みの方にアンケートをお願いすると、全10回シリーズの西洋美術史セミナーの中で「最も印象に残った回」としてよく挙げていただく回でもあります。 絵の中に配された意味を知ることは、おそらくあなたにとっても興味深く、探究心を刺激される体験になるでしょう。

 

★6月3日(日)午後 都内会場にて
このご案内にピン!ときた方は、詳細ページをご覧ください。 >2018年 6月3日 パーフェクトプログラム

どなたでもお申込みいただけます。

>このシリーズの前回(4月8日の回)に参加された方の感想(アメブロ記事)




オンライン講座:絵画巡礼 
kaigajunrei「オンライン講座:絵画巡礼」は、 都内会場で行った西洋美術史講座(パーフェクトプログラム)を 全編録画し、ネット配信用に制作したWEB講座です。

会場実施のセミナーへの参加が難しい方にも、受講していただけます。

セミナーは月1本(全6回と、特典の1本:計7本)、 絵画のメルマガを平日毎朝7時に配信します。
▶︎『絵 画 巡 礼』くわしくはココから






おすすめの記事




メルマガ購読のご案内

プロフ写真このページを見てくださっているあなたに、 メルマガ(Merci-Paris.net 秘密のパリ・メルマガ)の購読をおすすめします。 メルシーパリ.ネットのサイト運営者が発行しているものです。(5日に1回のペースで配信/全18回/ご旅行の3ヶ月前から読み始めるとちょうど良いです。)

「秘密のパリ・メルマガ」では、より実践的な情報活用法や、 自分らしい旅の作り方、不安の解消など、ガイドブックや他の旅行サイトには書かれていないような 内容について語っています。

このようなジャンルに全く関心のない人に、 無理に購読をおすすめしようとは思いません。
しかし、このページを読んでくださっているあなたなら、 きっと楽しんでいただけると思いますし、あなたの旅に、新しい視点をプラスするお手伝いができると思います。 購読は無料、解除も自由です。

こちら▽から登録できます
メルマガ登録フォーム

【Merci-Paris.net】秘密のパリ・メルマガ ご登録フォーム(本文の一部をサンプル公開中)


フリーメールをご利用の場合は、迷惑メールフォルダに入ることがありますので、 ご登録後は、そちらもご確認ください。

★ メルマガ第5回までのタイトル  第1回:ルーヴル美術館には行った方がいいですか?/第2回:一人でパリに行くということ/第3回:スーツケースのレンタルってどうなんですか?/第4回:荷物が減らせないあなたへの究極のアドバイス/第5回:ステキな夜の過ごし方 




▲このページの上部に戻る


パリ観光 メイン コンテンツ






VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA




西洋美術史の提供サービス

パリの美術館巡りをもっと楽しく!



バナー
▷募集中:宗教と建築〜フランス 中世の宗教美術〜 

7月16日(月/祝日)午後 都内会場にて パリ旅行がますます楽しくなる西洋美術史セミナー






▷パリ旅行準備中の人のためのメルマガ

メルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausa 美術サロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル




フランスパリ観光情報



  スポンサード リンク





サイト内検索