HOME > パリ旅行の準備をしよう トップ > メトロ入口サイン



  スポンサードリンク



パリのメトロ入口のサイン

パリ市内は、公共交通機関が発達しています。
特にメトロは便利です。市内の主な観光スポットには、メトロを使えば、ほとんどどこへでも行くことができます。

1〜2ブロック歩けば、どこかのメトロの入口に行き当たります。

パリのメトロが開通したのは1900年です。
当時、パリ万博に向けて、建築家・ギマールがデザインしたアールヌーボー様式のものや、遠くからでも見つけやすい黄色い「M」マークのものなど、入口のデザインやサインには、色々な種類があります。

このページでは、バラエティ豊かなメトロの入口をご紹介します。


アベス駅12号線 アベス駅 ギマール作のアールヌーボー様式
1900年、パリにメトロが誕生した当初から残っている入口です。1世紀以上が経過した今見ても、全く古い感じはしないと思います。 作者は「エクトル・ギマール」、建築家です。
ポルトドーフィヌ駅2号線 ポルト ドーフィヌ駅 こちらも同じくギマール作
12号線アベス駅入口と同じく、エクトル・ギマールの手がけたメトロ入口です。 アベス駅入口と、全体の印象は似ていますが、細かい部分がだいぶ違っています。
パレロワイヤル1、7号線 パレ・ロワイヤル・ミュゼ・デュ・ルーヴル駅
メトロ100周年記念として、2000年にギマール作のアールヌーボー様式の入口から改装されました。タイトルは「夜遊び人たちのキオスク」、作者は「ジャン・ミシェル・オトニエル」です。
アールヌーボーアールヌーボー屋根無し 植物モチーフ 
屋根や囲いは有りませんが、これらもギマールの作品です。柔らかい曲線で植物を表現しています。
黄色いM黄色く光る「M」のサイン
遠く離れた位置からも、よく目立つのが、黄色のサインです。
赤地に白字赤地に白抜き文字のサイン
赤地に白文字サインは、似ているようで微妙に違う、様々なバージョンが存在します。



▲パリ旅行の準備をしよう トップに戻る




おすすめの記事

旅行の準備をしよう 「CDG空港からパリ市内までのアクセス」

旅行の準備をしよう「緊急時の対応」

ひとり旅日記「フライトは12時間」

ひとり旅日記「初めてのパリ 〜タクシーで市内まで〜」

姉妹サイト:パリのメトロ乗り方ガイド






▲このページの上部に戻る


パリ観光 メイン コンテンツ



サイト運営者のイベントや商品など


▶︎「7枚の絵画」毎朝7時・7日間限定の 絵画メルマガ(登録無料)




kaigajunrei
▶︎オンラインの西洋美術史講座「絵画巡礼」
「西洋美術史パーフェクトプログラム」の全収録映像を毎週配信・「今日の絵画」を毎朝配信(他)


プシュケとアモル
▶「プシュケとアモル」 絵画の向こう側


メルマガ▶︎パリ旅行準備中の人のための無料メルマガ


アメブロへのリンク アメブロ【西洋美術の楽しみ方】
Facebookページへのリンク メルシー Facebookページ

twitterへのリンク メルシー Twitterアカウント
Facebookページへのリンク 運営者個人の Facebook


masausa 美術サロン「マルグリット」




エクスペディアのホテル



VELTRA で行く現地ツアー

VELTRA


フランスパリ観光情報



サイト内検索